40代の妊娠確率

 
女性も社会で活躍の場を広げている現代では、結婚年齢が遅くなっている晩婚化や初産の年齢が30代になってきていることがたびたび話題となっています。
 

そんな中で、妊活と呼ばれる「妊娠するための体づくりやジンクスを試してみること、不妊治療をして妊娠を目指すこと」に取り組んでいる女性が増えています。
 

特に高齢出産の年齢にあたる40代の多くの女性が子どもを望み様々なことに取り組んでいることがわかっていますが、実際に40代の女性が妊娠する確率はどのくらいなのでしょうか?
 

40代で自然妊娠する確率は?

女性は、年を重ねるごとに自然妊娠できる確率が少なくなっていきます。
 

自然妊娠するためには生活習慣やストレス、持病などが大きく関わってきますので一概には言えませんが、一番妊娠に適しているのはやはり20代で、28歳頃までが特に体の状態がいいという説があります。
 

健康で若い男女が避妊せずに一年間過ごした時、約8割が妊娠に至ることがわかっていますが、40代前半でおよそ3割、40代後半以降だとおよそ5%とごくわずかな確率まで減少してしまうことがわかっています。
 

卵子の質や数の減少なども大きく妊娠確率に影響しているようです。
 

改めて数値に出してみると、やはり40代での妊娠は年々難しくなっていっているのがわかりますね。
 

40代での妊娠・出産のリスク

すべての妊娠出産は個人差もありますから、すべての40代の妊婦さんにトラブルがあるわけではありませんが、やはり35歳以上の高齢出産の年齢になると、トラブルが起きやすいと言われています。
 

先天異常

高齢出産だと、確率が上がってしまうのが赤ちゃんの先天異常です。
 

特にダウン症などの染色体異常は母体の加齢が影響しやすいことがわかっています。
 

40代以上の出産で先天異常の発症率はおよそ2.4%といわれています。
 

20代では0.01%ほどといわれていますから、やはり高齢での出産の方が確率が上がってしまいます。
 

流産

全体の妊娠の約10~15%で流産になってしまうことがわかっていますが、高齢出産の年齢になると20%ほどの確率にあがってしまうことがわかっています。
 

若い人でもおよそ10%が経験してしまうと言われていますが、高齢の方が卵子の老化や先天異常などの原因により、流産するリスクが高くなっているのです。
 

妊娠高血圧症候群

むくみ、蛋白尿、高血圧のいずれか1つの症状が出たときに疑われます。
 

特に高血圧には注意が必要です。
 

もちろん若い妊婦さんでも発症することはありますが、加齢による内臓機能の低下や妊娠による様々な体の変化に、40代だとなかなかついていかず症状が出てしまうことが多くなっています。
 

妊婦健診をきちんと受け、適切な栄養指導や生活習慣のアドバイスを受けることが大切です。
 

いつから始める?不妊治療

産婦人科

不妊治療をスタートする年齢がどんどん高くなり、40代になってから通院を始める人も増えてきています。
 

最近ではメディアで活躍する芸能人なども不妊治療の経験談を話すことがあり、以前より前向きなイメージへと変わってきています。
 

これだけ医療が発展してきているにも関わらず、卵子の老化を食い止める方法はまだわかっていません。
 

不妊治療をするかどうかは本人の判断によりますが、早く子どもが欲しい40代のご夫婦は半年ほど自然妊娠を目指し、授かれなかったら受診する方が多いようです。
 

産婦人科は子どもを産む場所、病気を治す場所というイメージが強かったですが、子どもを授ける手助けをしてくれる場所という前向きなイメージが少しずつついてきているようです。
 

実際に不妊治療をして妊娠した40代の人もいます。
 

早く子どもが欲しいけれど授からない、という人は産婦人科絵を受診し、自分に合ったプランで治療していくのもひとつの方法ではないでしょうか。
 

40代の妊娠確率まとめ

年々初産の年齢が上がってきている日本。
 

高齢出産という言葉を聞くことも増えてきている気がします。
 

加齢とともに妊娠率が低下すること、リスクが増えることを知り、家族計画を立てることが大切です。
 

40代での妊活は、すぐに結果がでないことも少なくありません。
 

心身ともに健康を維持し、体に無理のないように赤ちゃんが来てくれる時を待つようにしたいですね。