妊娠 咳

 

 

妊娠超初期~初期のころに、に悩まされる妊婦さんは多いんです。数日でおさまるなら少し様子見もできますが、長引くと心配になりますよね。
 

また、咳き込んでお腹に力がかかるのも、赤ちゃんに影響はないか気になるもの。そこで妊娠中の咳について、その原因と対処法をまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠すると、咳が出る!?

妊娠の初期症状や超初期症状として、身体にあらわれる症状には様々なものがあります。その1つとして、咳が出ることがあります。
 

症状には個人差がありますので、症状がなかったとしても妊娠にはまったく影響ありませんが生理予定日前だと、妊娠に気づかずに風邪をひいたかな?と勘違いしてしまうことも考えられますし、妊娠に気づいていたとしても、お腹の赤ちゃんに影響はないのか心配になりますよね。
 

それにしても、なぜ妊娠中に咳が出るのでしょう?原因としては、いくつか考えられます。
 

妊娠超初期症状で、咳が出る原因

原因としては、ホルモンのバランスが変わることで免疫力が落ちること、妊娠により体質が変わってしまって、以前なら全く影響なかったアレルゲンに身体が反応するようになってしまうこと、赤ちゃんの分も酸素や栄養を送るために血液循環を確保しようと、ママの身体が水分不足になることで、喉が乾燥、炎症を起こす場合があることなどがあげられます。
 

特に免疫力が落ちると、風邪をひいてしまいます。妊娠初期にみられる妊婦さんの咳は、ホルモンの変化による免疫力の低下が原因の、風邪である場合がほとんどなんです。
 

一般的には2~3日、長くても1週間ほどで発熱や咳、鼻水などの症状もおさまってくることが多いようです。
 

ですが1週間以上たっても風邪が治らない、咳が止まらないといった場合は、アレルギーや咳ぜんそくなど風邪以外の別な原因があることも考えられますので、そういう場合は産婦人科に行って相談してみましょうね。
 

咳が止まらないけど、大丈夫?赤ちゃんに影響はない?

咳が止まらない場合に気になるのは、赤ちゃんへの影響ですね。咳こむと苦しいですし、ママも赤ちゃんも酸欠状態になってしまいます。またお腹に力が入る状況が続くと、切迫流産や早産の恐れも出てきてしまいます。
 

咳が続いて母体が消耗するのも、赤ちゃんにとってはあまりいいこととは言えません。本来なら病院へ行くのが一番かもしれませんが、数日なら様子を見ようかな?と思うことはありませんか?
 

そんなときに、お家でできる咳の対処法をご紹介しますね。
 

妊娠中でも安心!咳の対処法

喉を冷やしたり乾燥させたりすると、咳が出やすくなってしまいます。日ごろからネックウォーマーや湯たんぽなどをして喉を温めたり、身体に負担のない程度にお風呂にゆっくりつかったりして喉や身体を温めましょうね。
 

温かい飲み物にハチミツや黒糖を入れて飲むと、喉の炎症がやわらぎますよ。またストレスや疲労も、身体を冷やして咳の原因となってしまいます。妊娠中は身体をいたわって、なるべく休息をとるようにしてくださいね。
 

あまり長引くようなら注意が必要です

妊娠中に家でもできる対処法をご紹介しましたが、いつまでも症状がおさまらない場合はたかが咳とあなどらず、病院へ行きましょう。目安は2~3日ですね。
 

症状がおさまってきているならそのまま様子見でもいいですが、よくなっていないのにほうっておくと咳によって子宮が収縮し、流産につながってしまうことがあります。
 

また赤ちゃんが酸欠状態になってしまうことで、発育が遅れたり、低体重になってしまったり、早産を引き起こす可能性も出てきます。
 

まとめ

妊娠すると、超初期症状や初期症状として、咳が出ることがよくあります。ホルモンの変化によって、免疫が落ちて風邪を引きやすくなっていたり、以前は影響のなかったアレルゲンに反応して、咳ぜんそくのような症状になってしまうことも。
 

また赤ちゃんに循環させるため、水分不足になり喉が乾燥して、咳が出やすくなるということもあります。たいていは風邪によるものが多いので2~3日でよくなることが多いようですが、1週間たっても症状がおさまらないときは注意が必要です。
 

咳がとまらない状態が続くと、子宮が収縮を起こして流産につながってしまったり、酸欠状態が続くと赤ちゃんの発育が遅れたり早産につながることもあるのでたかが咳とあなどらず、数日様子を見てもよくなる兆候がない場合は、病院へ行きましょうね。
 

Sponsored Links