妊娠を願う四つ葉のクローバー

年齢が上がるにつれて、自然妊娠の確率が下がったり流産率が上がったりするという話は、聞いたことがあると思います。
 

妊娠を望むなら、年齢のことはどうしても気になりますよね。
 

そこで具体的に、年齢と妊娠の確率との相関関係を見ていきましょう。
 

不妊治療を考えるときにも、きっと役に立つと思います。
 

妊娠には、適齢期がある

妊娠のためには、健康な卵子が必要ですね。
 

けれどその卵子、20代の頃は健康でも30代、40代と年齢を重ねるごとに老化していくのです。
 

卵子は、女子が生まれたときすでに卵巣内にすべての数が存在し、新しく作られることはありません。
 

加齢により卵子はだんだん老化し、数も減り、質も低下していくのです。
 

一般に、妊娠適齢期といわれるのは20代の間です。
 

それ以降ゆるやかに妊娠率が低下していき、35歳以降になるとガクッと下がります。
 

自然妊娠を望むなら、できれば妊娠は20代というのが生物学的な見解です。
 

一方、仕事をしている女性は妊娠、出産を考え始めるのがある程度キャリアを築いてからという場合が多いため、いざ妊娠と考えると30代に入っていることも。
 

妊娠適齢期と、実際に妊娠が可能な状況になる年齢とのギャップが非常に多く生じています。
 

早い方がいいのはわかっているけれど、実際の状況がなかなか折り合わない…そんな悩みを持つ女性が増えています。
 

年齢別、自然妊娠の確率

さて、実際には年齢によってどのように妊娠の確率が変化するのでしょうか。
 

  • 25~29歳 25~30%
  • 30~34歳 25~30%
  • 35~39歳 18%
  • 40~44歳 5%
  • 45~49歳 1%

30代前半では20代後半とあまり変わらなかった数値が、35歳を超えると18%と急激に下がっているのがわかります。
 

37歳からは、さらに自然妊娠の確率低下のスピードはアップして、45歳以降では1%と、ほぼ0に近づいています。
 

ちょうどこのあたりで、卵子の老化スピードが上がり、健康な卵子の数が急激に減っていくのです。
 

また、卵子が老化することで流産の確率も上がってしまいます。
 

せっかく妊娠しても、受精卵が染色体異常を起こして流産にいたってしまうのです。
 

流産や染色体異常の発生の確率も、35歳以降に急激に上昇します。
 

これらのことをふまえた上でとにかく現実的に、やれることから始めてみましょう。
 

自然妊娠にトライしてみる

妊娠を考えはじめたのなら、とにかく早めに自然妊娠にトライしてみましょう。
 

基礎体温をつけたり排卵検査薬を使うと、排卵日の予測がつきやすくなります。
 

妊娠しやすいといわれるタイミングは、排卵日の2日前です。
 

次に妊娠しやすいのは、排卵日前日。次が当日です。
 

排卵日2日前あたりから当日まで、タイミングをはかって何度か夫婦生活を持ってみましょうね。
 

不妊治療に切り替えるタイミングを見極める

前の数字で見たように、自然妊娠の確率は、年齢とともに下がっていきます。
 

特に30代半ば以降は、低下スピードが上がってしまいます。
 

あまり自然妊娠にこだわって時間だけが過ぎてしまうのも、もったいないことですよね。
 

自己流でトライしているけれども、なかなか結果が出ない…というようであれば、不妊治療を考えはじめてもいいでしょう。
 

自然妊娠も不妊治療を経ての妊娠も、どちらも同じ妊娠。
 

産後の育児も考えると、少しでも早い方が身体の負担も少なくなります。
 

あまりこだわらずに、医師の指導や診察を受けてしまった方がいいこともありますよ。
 

まとめ

妊活を応援する女性

一般に妊娠適齢期といわれるのは20代です。
 

30代前半までは自然妊娠の確率は20代とそれほど変わらずゆるやかに低下していくのですが、35歳を過ぎると卵子の老化が進み、妊娠確率はグッと下がってしまいます。
 

流産や染色体異常の発生が増えてくるのもちょうどこのあたりです。
 

妊娠を考え始めたら、まずは自然妊娠にトライしてみましょう。
 

タイミングをはかっていてもなかなか妊娠にいたらない…という方は、治療を考えはじめても。
 

自然も治療も、妊娠は妊娠です。
 

あまりこだわらずに、病院へ行くのも1つの方法です。