妊娠超初期 熱 風邪

 

Sponsored Links

 

妊娠すると、高温期が続くことにより熱っぽさやダルさでボーっとしてしまう…。という話はよく聞きますよね。排卵後や着床の際に、風邪をひいたときのような高熱が出てしまうこともあるようです。
 

うっかり薬を飲んだりしないよう、風邪やインフルエンザなど病気の熱なのか、妊娠の超初期症状としての熱なのか、違いを知りたいですよね。
 

そこで、妊娠と高熱についてまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠の超初期症状って何?

妊娠していることがわかるのは、一般には生理予定日を過ぎてからですね。「もしかして…!?」と検査薬を試したりして気づく人が多いようです。
 

ですが、排卵後に受精し、着床すればその時点で妊娠が成立していますので、生理予定日前から妊娠したことによる症状がすでにあらわれている場合も多いんです。
 

この時期にあらわれる症状を、超初期症状と言いますが、この超初期症状の中には、熱が出るといった症状も含まれます。
 

妊娠の超初期症状で、高熱が出る?

基礎体温では、体温がガクッと下がって低温期に入ると次の生理が来ます。妊娠している場合、妊娠を継続するために黄体ホルモンの分泌が活発になり、高温期が続くため熱が出るんです。
 

妊娠初期のころにこういった熱っぽさやダルさを感じる人は多いですが、中には38度の高熱が出たという人もいるようです。
 

妊娠しているかどうかがハッキリわかるのは、生理予定日前に使える検査薬がないため、生理予定日より後になります。
 

それまでは熱だけでは風邪なのか妊娠によるものなのかがはっきりしません。思い当たることがある場合は、薬を飲むのはやめて水分をとり、横になって安静にしていましょう。
 

翌日も高熱が続いているようなら、病院へ行って診察を受けてくださいね。妊娠の可能性があることもあわせて伝えておきましょう。
 

排卵後や着床時期に熱が出る!?

また、排卵後や着床時期に風邪のような症状や高熱が出たという人もいるようです。普段はそんなことがないのに、いつもと明らかに違う高熱が出て寝込んでしまったという人も。
 

妊娠している場合は、症状が普段と違った様子で出る場合もありますので、いつもと比べてどうかという基準で見てみると、熱からも妊娠と風邪との違いが予測できることがあるかもしれませんね。
 

妊娠していて、風邪やインフルエンザで高熱が出ている可能性も!?

妊娠超初期症状として熱が出るのは、たいていは微熱程度で、38度を超えるケースは珍しいようです。ですので、高熱が出たらまずは風邪やウイルスなど感染症が原因となっている可能性を疑いましょう。
 

妊娠中は免疫力が落ちますので、特に感染力の強いインフルエンザなどはかかりやすくなっています。赤ちゃんへの影響はないとされていますが、抵抗力が落ちている妊娠中は重症化しやすく、また治りにくいので母体には負担となります。
 

あらかじめ感染を避けるため外出時はマスクをしたり、予防接種を受けておくのがおすすめです。
 

妊娠している場合の高熱は要注意!

それほど高くない熱でしたら、妊娠中で風邪をひいても安静にしていれば数日で治ることが多いので、そんなに心配する必要はありません。ですが高熱となると、だるくなって食欲が落ちるなど、かなりの体力を消耗してしまいます。
 

特に怖いのは脱水症状です。脱水は母子ともに危険な状態になってしまう可能性があるので、動けなくても水分はこまめに摂りましょう。
 

焦ってすぐに病院へ行くことで、別の感染症をもらってしまうリスクもあるので、まずは落ち着いて、1日様子を見て翌日も熱が下がらないようなら受診しましょう。
 

まとめ

妊娠すると、黄体ホルモンの影響で高温期が続き、熱っぽさを感じる方は多いです。中には排卵後や着床時期に風邪のような症状が見られたり、高熱を出してしまう方もいるようです。
 

いつもとは明らかに違うといった特徴はあるようですが、高熱だけで妊娠超初期症状か風邪やインフルエンザなどの感染症かを判断するのは、難しいようです。
 

また、妊娠していてさらに風邪やインフルエンザなどにかかってしまって、高熱が出ているケースもありますのでむやみに薬を飲まず、安静にして水分をしっかり摂りましょう。
 

翌日も高熱が続くようなら、病院へ行って診察を受けてくださいね。思い当たることがあれば、妊娠の可能性も伝えましょう。
 

Sponsored Links