妊娠糖尿病 産後 経過

 

 

ここ近年、妊娠中のトラブルの中でも耳にすることが多くなった妊娠糖尿病
 

基準値が変わったことにより、妊娠糖尿病と診断される妊婦さんが増えてきています。そんな妊娠糖尿病、この病気は妊娠中だけで産後は完治するものなのでしょうか?
 

妊娠糖尿病の産後についてまとめてみました。
 

Sponsored Links

そもそも妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病とは、妊娠中に発見または発症した血糖値が異常になる病気です。よく耳にする糖尿病よりも軽度で、今までに糖尿病と縁がなかった妊婦さんでもなることがあります。
 

発症率は約1割と言われています。妊娠するとインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌され、ブドウ糖が取り込まれにくくなります。
 

血液中のブドウ糖が分解されにくくなり、血糖値が上昇しやすくまってしまうのです。妊娠糖尿病を発症すると、食事療法や服薬して血糖値の上昇をコントロールする治療が必要になります。
 

母体にも赤ちゃんにもリスクをもたらし、最悪の場合赤ちゃんの命を奪うこともある病気なのです。
 

産後も糖尿病は続く?

妊娠糖尿病と診断されても、出産後は体が妊娠前の状態に戻っていくにつれて血糖値の上昇も落ち着いてくることが多いです。
 

日本糖尿病・妊娠学会のホームページに、産後の糖尿病発症率が掲載されています。
 

  • 産後一年以内に糖尿病になる頻度 20.6~38%
  • 産後5~15年以内に糖尿病になる頻度 17~63%
  • 正常妊婦と比べて、将来糖尿病になる確率 7.43倍
  • 40歳頃にメタボリックシンドロームを発症する確率 27.2%

このデータをみると、妊娠糖尿病になった人は、もともと糖尿病になる素質を持っていた人が多いように思います。
 

将来糖尿病になる確率が正常妊婦と比べて約7倍という結果に驚く人も多いのではないでしょうか。産後もできれば食生活が乱れないよう意識していく必要がありそうです。
 

妊娠糖尿病の人は産後も健診に行くべき

上記に記載したように、妊娠糖尿病と診断された人は糖尿病になってしまうこともあります。大抵は糖代謝異常も産後は改善しますが、自覚症状がないまま糖尿病になっていることもあるのです。
 

ですから、産後も定期的に健診を受けて、耐糖機能に異常はないかスクリーニングを受けることをお勧めします。
 

産後はなかなか自分のために病院にかかる時間がないという人が多いと思いますが、気が付かないうちに糖尿病になってしまっていたら大変ですから、時間を見つけて検査してほしいと思います。
 

妊娠糖尿病の人が産後の生活で気を付けること

完全ミルクで育児をしていれば問題ありませんが、母乳育児をしていれば、授乳後に低血糖を起こしてしまうことがあります。
 

授乳量によって異なりますが、母乳は母体の栄養をたくさん消費して作られています。ですから、たくさんの栄養を補っていかないと母体に栄養が回らず足りなくなってしまうのです。
 

産後は妊娠中より血糖コントロールがうまくいかない人が多いようです。赤ちゃんがうまれ、子育ての忙しさから余裕が持てず、自分の体のことまで気にしていられないというのが皆さんあると思います。
 

しかしそれだと体を壊してしまいますから、落ち着いてから、また一ヶ月健診の時にでも医師と相談し、血糖値を測定して今どんな状態なのか調べてもらうといいでしょう。
 

産後勝手に薬を服用するのは厳禁

産後も妊娠中に処方してもらったインスリンが残っているからといって、医師の指示なしに服用するのは絶対にいけません。妊娠中と産後は体の状態が全く異なります。
 

妊娠中には良くても、産後に同じ薬を同じ量服用してしまうと、インスリンが効きすぎて低血糖を起こすことが多いです。
 

もし自分で血糖測定をして高血糖の値が出ても、必ず病院に行き診察を受けて新たに処方してもらうようにしましょう。
 

妊娠糖尿病は次の妊娠でも繰り返す?

妊娠糖尿病が次の妊娠でも発症する確率は、だいたい35%~70%と言われています。二人に一人ほどで次の妊娠時にも妊娠糖尿病になるというのは、かなり高確率であるといえるでしょう。
 

病院によっては、産後6~12週に糖負荷試験を行い、糖代謝が正常になっているか調べるところもあるようです。
 

そして、次の妊娠まで食事や運動など、日頃できる予防をなるべく続けておくことが大切です。
 

まとめ

妊娠糖尿病と診断され、糖尿病と名が付くこの病気にハラハラして妊娠期間を過ごしたいともいるでしょう。
 

そして産後も気にしなければいけないことがあるのは、大変だと思います。産後も妊娠糖尿病が続くかどうかは、実際に出産してみなければわからないというのも不安ですよね。
 

まずは妊娠糖尿病にならないよう、食生活を見直して予防していくことが重要です。今一度、生活スタイルを見直して、健康的な毎日を過ごせるようにしていきましょう。
 

Sponsored Links