妊娠糖尿病について考える女性

 

 

妊娠がわかり、パートナーと喜びを分かち合い幸せを噛み締めている妊婦さんが沢山いるでしょう。
 

それと同時に、妊娠すると今までとは違う体や心の変化で、不安を感じる妊婦さんも珍しくありません。
 

妊娠中はできればなりたくないトラブルもあります。
 

その中に、妊娠糖尿病があります。
 

今回は妊娠糖尿病についてまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病とは、妊娠中の糖代謝異常で、妊娠中に初めて発症・発見されたもので「糖尿病」の一歩手前の状態のことです。
 

妊娠前から糖尿病になっている人は、血糖値を常に管理しながら計画妊娠することが重要です。
 

妊娠糖尿病になることで、母体にも赤ちゃんにも様々なリスクが出てきます。
 

妊娠糖尿病になりやすいのは、家族に糖尿病の人がいる人、肥満、35歳以上、巨大児の分娩経験がある、いずれかに当てはまる妊婦さんだと言われています。
 

もちろんこれらに当てはまっていてもならない人もいれば、一つも該当しなくても妊娠糖尿病になる人もいます。
 

妊娠糖尿病の原因

妊娠前は女性ホルモンは卵巣で作られていますが、妊娠後は胎盤から作られるようになります。
 

通常とは違う体内の働きが、血糖値をコントロールするインスリンの働きを少なくしてしまうのです。
 

妊娠すると、当然のことながら母体から赤ちゃんに栄養を分け与えています。
 

そのため、妊娠前とは違い、赤ちゃんの分のブドウ糖も必要になってきます。
 

また、胎盤でタンパク分解要素が作られ、インスリンも分解されてしまうことも原因となっています。
 

妊婦さんの体内では、不足した栄養を補うために代謝異常を引き起こしてしまうのです。
 

妊娠糖尿病の自覚症状は?

実は、妊娠糖尿病の自覚症状はほとんどないことがわかっています。
 

トイレが近くなることや、のどが渇くなどの症状が出ることがありますが、妊娠中もこのような症状が出るので区別が付きにくいです。
 

妊娠糖尿病による母体や赤ちゃんへの影響、症状

妊娠糖尿病は母体や赤ちゃんに悪影響を及ぼします。
 

母体への影響は、妊娠高血圧症候群羊水過多網膜症などがあります。
 

特に妊娠高血圧症候群は妊娠中毒症とも呼ばれ、むくみや高タンパク尿、高血圧などの症状が出ます。
 

いきなり悪化することもあるので、管理入院する必要があることもあります。
 

赤ちゃんへの影響は、巨大児になる、先天異常、電解質異常、心臓肥大などがあり、生まれる前からたくさんのリスクを背負わなければなりません。
 

また、症状が重いと妊娠継続が難しくなり流産してしまうことや、死産してしまうこともあるので、充分注意が必要です。
 

妊娠糖尿病の予防法

妊娠中ウォーキングをする女性

一番の予防法は、食生活に気を付けて過ごすことです。
 

妊婦さんの一日の塩分摂取量は7gが目安になっています。
 

妊娠すると味覚にも変化が生じて濃い味のものを食べたくなることもありますが、基本的には薄味を心がけて食事をとるようにしましょう。
 

ほうれん草や小松菜などの葉物野菜や大豆、海藻は血糖値の急上昇をゆるやかにしてくれる働きがあります。
 

食事の最初にこういった食材を食べることで、血糖値上昇予防になるのでおすすめです。
 

また、適度な運動も予防法のひとつです。
 

ウォーキングなどの軽い運動でも、血糖値の急上昇を抑えてくれます。
 

おすすめは食後に運動することです。
 

食後が一番血糖値が上がるので、上がり過ぎないようにコントロールするには食後の運動が効率がいいのです。
 

もちろんお腹が張っていたり体調がすぐれないときは、無理せず休むようにしましょう。
 

できれば妊娠前からバランスの取れた食事を

妊娠糖尿病の食事をアドバイスする看護師

上記に書いたように、妊娠糖尿病は食事に気を付けなければいけません。
 

もし妊娠糖尿病になってしまったら、医師や栄養士の指導のもと食事療法をします。
 

カロリーコントロールや少量ずつ回数の多い食事をとるなど、大変なことがたくさんあります。
 

なにより、赤ちゃんにつらい思いはさせたくありませんよね。
 

そのためにも、妊娠前から塩分や糖分控え目を意識した食事で体づくりをしておくことが、最大の予防になります。
 

まとめ

知らないうちに妊娠糖尿病になり、赤ちゃんや母体にたくさん危険が降りかかるのは誰しも避けたいですよね。
 

普段からの生活スタイルで予防できることもたくさんあります。
 

楽しいマタニティライフを送り、元気で健康な赤ちゃんを出産するためにも、予防法を頭に入れて過ごすことが大切です。
 

Sponsored Links