妊娠糖尿病 食事管理

 

 

妊娠はとても嬉しいことですが、トラブルもあり気を付けなければならないこともあります。その中に「妊娠糖尿病」があります。
 

よく耳にする糖尿病とは少し違います。そこで、妊娠糖尿病の知識や予防法についてまとめてみました。
 

お腹の赤ちゃんのためにも、知識を頭に入れておいてほしいと思います。
 

Sponsored Links

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病とは、妊娠中に発症した糖尿病の一歩手前の状態のことをいいます。あくまでも妊娠中の発見発症なので、妊娠前から糖尿病と診断されていた場合は、妊娠糖尿病とはいいません。
 

もし妊娠糖尿病になると、母親の血圧が上がることにより赤ちゃんの血糖値も急上昇してしまい、危険なのです。
 

妊婦健診の尿検査での糖を検査したり、血液検査をして異常な数値の場合は詳しく検査していきます。
 

家族に糖尿病の人がいたり、35歳以上の妊婦さん、肥満の妊婦さん、巨大児の出産経験がある妊婦さんになりやすいと言われています。これらに当てはまる人が必ず妊娠糖尿病になるわけではありません。
 

妊娠糖尿病の検査と赤ちゃんへの影響

妊娠糖尿病になると、赤ちゃんも高血糖になります。高血糖になってしまうことによって、先天性の奇形や羊水過多症、心臓肥大などの危険が出てきます。
 

深刻な場合は、赤ちゃんの命にかかわることもあるのです。妊婦健診では血糖値を測定することがあります。妊娠初期の段階で、血糖値が100mg/dl以上であれば、注意が必要です。
 

妊娠糖尿病が疑われる場合は、更に検査することがあります。75gOGTTという、空腹時に糖分が入った炭酸水を飲み、その後の血糖値を測定する検査です。
 

空腹時の血糖値が92≧mg/dl、1時間後の血糖値が≧180mg/dl、二時間後の血糖値が≧153mg/dlの場合に、妊娠糖尿病と診断されます。
 

妊娠糖尿病になりやすい食事

妊娠糖尿病は、肥満である人だけでなく、やせている人でもなってしまうことがあります。妊娠中は特に、予防のためにも食生活を正すことが大切になります。
 

妊娠糖尿病になりやすい食材は、加工肉や砂糖といわれています。加工肉は塩分も多く含まれています。妊娠糖尿病は、塩分にも気を付けなければいけません。
 

また、糖分の摂り過ぎは血糖値が急上昇するので危険です。チョコレートやビスケットなどはもちろん、果物の食べ過ぎもNGです。果物も糖分を多く含んでいます。
 

少量なら構いませんが、いずれも摂り過ぎの習慣を付けないように意識しましょう。また、ご飯やパンといった炭水化物にも糖分が含まれています。これらも程良い量を食べるようにしましょう。
 

妊娠糖尿病予防になる食事

妊娠糖尿病にならないようにするには、日ごろの食事の塩分を控えめにすることが大切です。味付けは薄めを心がけ、野菜中心の食生活にしましょう。
 

妊婦さんの一日の塩分摂取量は7g以下が理想と言われています。7gは思っているよりかなり少量でしょう。赤ちゃんのためにも、一日にどれだけの塩分を摂っているのか、測ってみるのもいいかもしれません。
 

血糖値の急上昇を抑えてくれるのが、ほうれん草や小松菜などの葉物野菜や、大豆類、きのこや海藻などがあります。
 

和食はこういった食材をたくさん使って料理できるので、あっさりした和食が妊娠糖尿病予防に向いているでしょう。
 

妊娠糖尿病と診断されたら(食事療法)

妊娠糖尿病と診断されてから、食事療法で血糖値のコントロールをする治療が始まります。
 

大切なのは、高血糖を起こさない食べ方をすることと、妊娠継続するために赤ちゃんの成長に必要な栄養は充分に摂取することです。
 

食事療法はカロリー制限を設けます。一日約1800カロリーになるように計算します。また、一食の食事量が多いと食後高血糖になりやすくなります。
 

なので、一日の食事回数を4~6回にして、少量ずつ食べるようにします。そして、早食いは血糖値が上がりやすくなるのでゆっくりかんで食べるようにします。
 

産婦人科医や、時には内科医に指導してもらい、出産まで、あるいは産後も食事で高血糖にならないよう管理していくのが食事療法なのです。
 

食事と運動で妊娠糖尿病を予防しよう

妊娠糖尿病の食事療法は、食べたいものが食べられなかったり、毎回カロリー計算をしなくてはいけなかったりで、とても大変です。
 

妊娠糖尿病にならないためにも、日頃から暴飲暴食は避けて、規則正しい生活をするようにしましょう。つわりが終わると食欲が増す妊婦さんも多いのですが、塩分や糖分の過剰摂取には気を付けてくださいね。
 

また、ウォーキングや水泳など、軽い運動を習慣づけておくことが妊娠糖尿病の予防にも繋がります。運動は血糖値を下げてくれるので、お腹の張りなど不調がなければ体を動かすのもいいと思います。
 

まとめ

母体にも赤ちゃんにもとても危険な妊娠糖尿病。妊娠中のトラブルの中でも、割と身近で自覚症状がほぼないのが恐ろしいです。
 

できれば妊娠前から食生活に気を付けておくといいでしょう。妊娠中は不安も多いでしょうから、少しでも妊娠糖尿病と闘う妊婦さんが減るよう願っています。
 

Sponsored Links