妊娠糖尿病 治療

 

 

新たな命の誕生を心待ちにする妊娠。そんな幸せを感じる妊娠中ですが、母体や赤ちゃんあるいは両方にトラブルが起こることがあります。
 

その中のひとつに妊娠糖尿病があります。妊娠糖尿病の検査や治療法についてまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病は、よく耳にする糖尿病とは少し異なります。妊娠中に初めて発見または発症した糖代謝異常のことを、妊娠糖尿病と呼びます。
 

糖尿病よりも軽度であることが多いです。妊婦さんの約1割が発症すると言われています。今までに全く糖尿病と無関係だった人も妊娠をきっかけに妊娠糖尿病になることがあります。
 

妊娠すると、胎盤からインスリンを抑えるホルモンが分泌され、ブドウ糖が母体に吸収されにくくなり、胎内の赤ちゃんにブドウ糖が送られることで、血糖値が上がりやすくなるのです。
 

妊娠糖尿病の検査

妊娠糖尿病の自覚症状はほとんどなく、自分では気が付かずに妊婦健診の糖負荷検査で自分が妊娠糖尿病だということがわかるケースがほとんどです。ですから、必ず妊婦健診を毎回受けて体の状態を知ることがとても重要になってきます。
 

妊婦健診ではほぼ毎回尿検査があり、尿糖を調べる項目があります。この尿糖でプラスの値が続くと、妊娠糖尿病の検査をすることがあります。
 

また、妊娠初期に血糖検査をし、血糖値が100mg/dl以上だと要注意です。また、妊娠中期に50gGCTという糖負荷検査をし、血糖値が140mg/dl以上なら75gOGTTというさらに詳しい血糖値を調べる糖負荷検査をします。
 

ここでは空腹時の血糖値が100mg/dl以上、一時間後180mg・dl以上、二時間後150mg/dl以上のうちひとつでも基準値を超えていたら妊娠糖尿病と診断されます。
 

妊娠糖尿病の治療法

妊娠糖尿病の診断がくだったら、すぐに食事療法や薬物療法がすすめられます。
 

妊娠糖尿病の場合は、一日に摂取するエネルギーや塩分、糖分、ブドウ糖の量が重要になってきます。
 

医師の指導のもと、食生活を見直して指導通りの生活を送ることで血糖値の急上昇を防ぐようにしていきます。
 

妊娠糖尿病の治療法~食事療法について

上記に記載したように、一日の食事を管理する必要があります。一日で摂取しても良いカルリーはおよそ1800キロカロリーほどです。
 

食事内容も、カロリー制限を気にするあまりおろそかになってはお腹のあかちゃんの成長の妨げになってしまいます。
 

食事のバランスを考え、血糖値の上昇をゆるやかにする働きをするほうれん草や小松菜などの葉物野菜や、大豆製品、海藻類やきのこ類うぃ積極的に取り入れていくといいでしょう。
 

甘いものや塩分が多く含まれているものは、血糖値が急上昇しやすいので、控え目にしましょう。必ず主治医の指導を守り、食生活を徹底することが、母子共に元気な出産をする道しるべになるでしょう。
 

妊娠糖尿病の治療法~薬物療法

食事療法で改善されなかった人や、血糖値が明らかに基準値を超えていた人は、インスリン注射をする薬物療法をします。
 

インスリン注射は一日に4~7回、自分で注射をします。効果が出るまでの時間や薬の持続時間によって、インスリンの種類や量、回数が決められていきます。
 

妊娠中は、外出時にも必ず処方されているインスリンを持ち歩くようにしましょう。
 

インスリン投与で経過を見て、血糖以上が改善されたら食事療法に切り替えたり、治療をやめて経過観察になったりすることもあります。
 

重症化すると出産まで管理入院して治療することも

75gOGTTという糖負荷検査であまりに多く基準値を上回ったり、自分で食事管理や注射が難しい人は、管理入院をすることがあります。
 

入院の基準は病院によって異なりますが、血糖値を下げるように徹底した食事をとり、間食などは一切とらないよう指導されます。
 

もちろん体重や血糖値も随時測定し、改善しているかどうかをこまめに診てもらえます。しかし管理入院となると、自宅で過ごすより大変なので、出来れば避けたいところです。
 

まとめ

妊娠糖尿病になると、治療に臨むのがとても大変です。常に病気のことを気にしながらマタニティライフを過ごすのは、なかなか心休まらないでしょう。
 

楽しい妊婦生活を満喫するためにも、日頃から食生活をただし、妊娠糖尿病にならないように自己管理しておくといいでしょう。
 

母子共に健康な出産を目指して、生活スタイルを見つめなおしてみるのもいいかもしれませんね。
 

Sponsored Links