妊娠糖尿病 病気 検査 内容

 

 

幸せいっぱいの妊娠ですが、実はいくつか気を付けなければいけないトラブルがあります。その中のひとつが妊娠糖尿病というものです。
 

これは、妊婦さんなら誰しもがなる可能性があるものなので、知識をあらかじめ頭に入れて予防していきましょう。
 

Sponsored Links

妊娠糖尿病について知ろう

妊娠糖尿病とは、妊娠中に初めて発症・発見される糖代謝異常の一種で、糖尿病の一歩手前の状態になっていることです。
 

よく耳にする「糖尿病」とは異なります。妊娠糖尿病の発症率は、約1割で、今までに糖尿病とは無縁だった人もなる可能性があります。
 

自覚症状はほとんどなく、のどの渇きや頻尿になる場合がありますが、妊娠中によく見られる症状であるため、見分けが付きにくいです。
 

妊娠糖尿病は軽度のものなので産後は血糖値が元に戻ることがほとんどですが、産後に糖尿病を発症しやすくなるので注意が必要になります。
 

妊娠糖尿病の検査で血糖値を調べる

妊娠糖尿病の検査では採血をし、血糖の値を調べるのが一般的な検査方法です。
 

血糖値とは、その名の通り血液の中に含まれる糖分の濃度を調べるものです。この「糖」というのはブドウ糖のことを指しています。
 

ブドウ糖とは、主に炭水化物(お米やパン、麺類)に含まれています。この糖の値が基準値より高いと、妊娠糖尿病の疑いがあります。
 

妊娠糖尿病検査の判断基準となる数値は?

検査は採血をして血糖値を調べるのですが、タイミングとしてはだいたい2回行う病院が多いです。
 

一回目は妊娠初期(4~12週)で、随時血糖検査という食事時間に関係なく血糖値を測る検査です。この時は、100mg/dl以上が高血糖になります。
 

二回目は、妊娠中期(24~28週)で、50gGCTという検査です。病院にもよりますが、食事を抜くよう言われるところもあれば、食後でもいいというところがあるようです。
 

ブドウ糖50gを飲み、1時間後に血糖値を測ります。この検査の基準値は140mg/dl以上が高血糖になります。この検査で基準値を上回ると、もう一度検査をします。
 

50gGCTで基準値を上回った妊婦さんは、75gOGTTという検査を追加で受けることになります。これは空腹で受ける検査なので、必ず食事をしないで病院に来るように指導されます。
 

空腹時にまず血糖値を測り、75gのブドウ糖を飲み1時間後に計測、そして2時間後にも計測という検査です。
 

この検査の基準値は、空腹時100mg/dl以上、1時間後180mg/dl以上、2時間後150mg/dl以上のうちひとつ満たしていたら妊娠糖尿病と診断されます。
 

妊娠糖尿病の検査目的とは

妊娠糖尿病は早期発見が大切です。昔は気付かれないまま出産していることが多かったのですが、今は妊娠糖尿病によって母体にも赤ちゃんにも悪影響があることがわかっています。
 

妊娠糖尿病は自覚症状がほとんどないため、検査をして初めて知る人が非常に多いのです。
 

悪化させず母子ともに健康で出産するためには、必ず検査を受けて血糖値を把握する必要があるのです。
 

妊娠中に血糖値の数値を下げるには

血糖値は、主に塩分や糖分、炭水化物の摂取によって急上昇します。それを避けるためには、野菜や食物繊維を意識的に摂取することが大切です。
 

食事の一番初めは、野菜や食物繊維が含まれた料理を溜めるようにするだけでも、血糖値が改善することがあります。
 

また、適度な運動も血糖値を下げる効果があるといわれています。ウォーキングや水泳など、妊娠中でも無理のない運動を取り入れることで、妊娠糖尿病の予防にもなります。
 

検査後、妊娠糖尿病と診断されたら

妊娠糖尿病と診断されたら、血糖をコントロールするよう食事療法をするようになります。
 

産婦人科医や、時には内科医、栄養士の指導を受けて出産まで血糖値が上がらないようにしていきます。一日の摂取カロリーを計算し、だいたい1800Kcalを超えない食事をとるようにします。
 

一度の食事量が多いと血糖値が上がりやすいので、食事回数を4~7回に分け、よく噛んでたべるようにしていきます。
 

そうすることで、母体と赤ちゃんのリスクを軽減させる治療をしながら経過をみていきます。
 

まとめ

妊娠糖尿病は、母子ともにリスクが大きい病気です。きちんと妊婦健診を毎回受けて、妊娠糖尿病の検査も受けるようにしましょう。
 

後から取り返しのつかないことになったら大変です。妊娠前から食生活に気を付けて、塩分や糖分の摂り過ぎに注意しておくと、妊娠糖尿病の予防にもなりますよ。
 

Sponsored Links