妊娠後期 夫婦 生活

 

 

なかなか周囲には聞きづらい、妊娠中の夫婦生活のこと。特に妊娠後期は、お腹が大きくなっているけれど大丈夫!?と不安や疑問に思う方もいるのでは。
 

そこで妊娠後期の夫婦生活について、赤ちゃんやママの身体に負担やリスクはないのかなど、不安や疑問に感じやすいポイントをいくつかまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠後期っていつのこと?ママや赤ちゃんはどんな状態?

妊娠後期は、妊娠8~10ヶ月のことです。この頃になると、ママのお腹はかなり大きくなって、あお向けで寝るのも苦しくなってきます。
 

大きくなったお腹が内臓を圧迫して、食欲が減ったり胃もたれが起きやすくなります。体内の血液循環量が増えるため、足がむくんだり動悸や息切れが見られることも。
 

赤ちゃんも急速に成長する時期のため、お腹が張りやすくなってしまいます。赤ちゃんは、この頃に心臓や肝臓、胃腸、肺などの内臓機能が充実してきます。ママも赤ちゃんも、成長するために身体が一生懸命頑張っている時期なんですね。
 

この頃は性欲が減少してしまうママも多いようです。けれど、時と場合によってはご主人にお付き合いしなければならないこともあるかもしれませんね。
 

妊娠中の夫婦生活。いつごろなら影響はない?

特に医師に止められていなければ、基本的には妊娠生活を通していつしても大丈夫なようです。できれば健診の際に医師にも確認してみるといいですね。
 

ただ、妊娠初期は流産のリスクがある時期のため、気になる人は避けた方が無難です。また、妊娠9ヶ月に入ると子宮の収縮が起こりやすくなるため、心配な人はこちらも避けた方がいいですね。
 

胎盤が完成して体調も比較的いい妊娠5ヶ月以降から妊娠8ヶ月くらいの間は、夫婦生活も余裕を持って楽しめることが多いようです。
 

ただし時期に関わらず、ハードなことは避けましょう。赤ちゃんを気遣いつつ、ソフトに愛を確かめましょうね。
 

妊娠後期の夫婦生活。みんなはどうしてる?

あまりしたくないと感じて極力避けるようにした人もいれば、逆に気をつけながら、楽しめるよう工夫したりしてご主人と絆を深めている人も。
 

ご主人と相談の上で、お互いが納得する形を見つけるのがいいですね。ただし衛生面には気をつけましょう。妊娠中は免疫力が落ちているので、感染症が心配です。
 

細菌感染は早産の原因となってしまうこともあるようです。手をきれいに洗う、避妊具を使うなど衛生面には注意が必要です。
 

特に避妊具の装着は大切です。妊娠の可能性がないから大丈夫、という問題ではないのですね。
 

妊娠後期の夫婦生活って、大丈夫!?

基本的には、時期に関わらず医師に止められていなければ、妊娠後期とはいえ、していけないということはないようです。
 

切迫流産や前置胎盤、出血などがあるときは医師から制限されるそうですがそれらが特になく、ママの体調に問題がなければ、お互いに気遣いながらの夫婦生活で絆が深まることもあるようです。
 

乳首の刺激によって分泌されるホルモンによって子宮が張ったり、精液に含まれるプロスタグランジンという物質の影響でお腹が張ったり、子宮頸部への刺激によりファーガソン反射が起きてお腹がはってしまうことはあるようですが、張りと流産、早産は別です。
 

子宮の収縮は普通に歩いたりするだけでも起こる生理的なものもあるそうです。張りイコール早産というわけではないので、お腹が張るといけないから…と夫婦生活を我慢する必要はないようです。
 

張るのが嫌な人、どうしても気になってしまう人は避けたほうがいいですね。
 

良好な夫婦関係が、産後にもたらしてくれるもの

無理をしてまでご主人にあわせる必要はもちろんありませんが、妊娠中でも「お互いの」希望をすり合わせる努力は必要かもしれません。
 

妊娠中、特に妊娠後期はお腹が大きくなり、それによってママの負担も増える時期ではありますが、あまり自分と赤ちゃんのことばかり最優先にするのもご主人が疎外感を感じてしまう原因になってしまうかもしれません。
 

ご主人VS自分と赤ちゃん、という図式ではなく自分と赤ちゃんの輪の中にご主人も入れてあげましょう。
 

具体的には体調や気持ちをご主人にきちんと伝えて、お互いどうするのがいいか納得のいく結論を出すことです。この時期にしっかり対話しておくと、産後の大変な育児も、ご主人が自ら関わろうとしてくれるはずです。
 

ご主人を締め出して、後で大変な思いをするよりは、この時期に家族の絆をしっかりさせておくのが得なこともありますよ。
 

まとめ

妊娠後期といえばお腹も大きくなり、何かと体調や気分の変化も大きいときです。そんな妊娠後期ですが、医師から特に止められていなければ、夫婦生活は問題ないことが多いようです。
 

ただし無理をせず、体調を見ながら、ソフトな形で夫婦の絆を深めましょう。感染症も心配ですので、清潔にすること、必ず避妊具を使うことも忘れずに。
 

行為中にお腹が張ることもありますが、生理的なものもありますので過敏になる必要はありません。心配な人は避けた方が無難ですね。
 

ただし一方的に避けるのではなく、ご主人との対話や希望のすりあわせは必要です。この時期に相談してお互いを尊重する関係性を築いておけば、産後の大変な時期も夫婦で協力して乗り越えられるはずです。
 

Sponsored Links