妊娠後期 腰痛

 

 

お腹が大きくなり、身体のバランスも変わってくる妊娠後期ともなると、腰痛に悩まされる人も多いのでは?
 

どの姿勢をとっても一向に痛みがおさまらないと、つらいものですね。そこで妊娠後期の腰痛について、楽になるようなケアの方法をまとめてみました。
 

腰痛が起こる原因も知っておくと、日常生活の中で対策がとりやすくなるので、あわせて知っておきましょう。つらい腰痛を何とか軽くして、妊娠生活を快適に過ごしたいものですね。
 

Sponsored Links

妊娠後期の腰痛は、どうして起こる?

妊娠後期はお腹が大きくなり、重たくなります。それを支えるために腰を反らした状態でバランスをとるため、腰痛が起こりやすくなってしまいます。
 

重心のバランスが変わると、背中や腰の筋肉の負担も増えて、こわばってしまいがち。背中や腰の筋肉がこわばりも、腰痛の原因となってしまいます。
 

ほかに、出産に備えて骨盤の関節やじん帯は自然にゆるんでくるのですが、それを支えようとして腰に負担がかかることも。
 

腰痛が起こる原因はさまざまです。でも、しかたないと諦めないで!しっかりケアしたり、日常生活で気をつけることでつらい腰痛をやわらげることはできるんですよ。
 

妊娠後期の腰痛、対策は?

身体が冷えているとこわばって、腰痛が起きやすくなってしまいます。足湯をしたりストレッチをしたりして、身体を温め循環をよくしましょう。
 

腰にたまった疲れを取るのも効果的です。おうちでできる、ヨガの猫のポーズで腰や背中をじっくり伸ばすといいですよ。猫のポーズは四つんばいになって、息を吐きながら背中を丸め、息継ぎしたらまた吐きながら背中を反らすというものです。
 

ヨガは深呼吸しながらやるためリラックスできるし、全身の循環もよくなるのでおすすめです。妊婦さんの場合はマッサージを断られてしまうことも多いので、人にやってもらうのはなかなか難しいところもありますが、自分で少しずつストレッチをしたり、毎日足を曲げ伸ばしするだけでも身体がほぐれますよ。
 

妊娠後期も、日常生活の中で腰痛対策をしましょう

妊娠前と同じように急に動くと腰に負担がかかるので、普段から動作をゆっくりにするのを心がけましょうね。立ち上がるときもしゃがむときも、必ず膝をつきましょう。
 

片足ずつゆっくり。手をつくのもいいですね。横になるときは、硬めで身体が沈みこまないマットレスなどにクッションや抱き枕を足にはさんで寝ると、負担が分散されるので楽になります。
 

また、腰が痛いと動くのもおっくうになりますが、痛みがおさまっているときに散歩などの軽い運動をした方がいい場合もあります。
 

痛いのに無理をする必要はありませんが、横になっているばかりでも身体はつらいもの。様子を見ながら、軽い運動も取り入れてみましょうね。
 

腰痛対策グッズもあります

妊婦さん用の骨盤ベルトやガードルなどがあります。大きなお腹やゆるんだ骨盤を支えるためのサポートをしてくれるものです。
 

つけると楽になりますが、中には使い方にコツがいるものもあるようです。使用するにあたっては、自分にあったものをよく吟味して選びましょう。せっかく買ったのにあまり使わなかった…というのでは、もったいないですよね。
 

横になるときにあると嬉しい抱き枕には、産後も授乳クッションとして使えるものも。どうせなら長く使って、しっかり元も取りたいですよね。
 

安易に薬は使わないこと

腰痛がひどいと、ついつい湿布を貼りたくなることもあるかと思います。飲み薬は飲まないよう気を使っていても、湿布薬なら大丈夫なんじゃない?と考える妊婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
 

しかし湿布薬とはいえ、それに強い消炎作用や鎮痛成分が含まれている場合は、微量でも皮膚から吸収されてしまうこともあるんです。
 

くれぐれも安易に自己判断はしないよう、健診の際に医師にたずねるか、薬剤師のいるドラッグストアで相談するのが安心です。
 

まとめ

妊娠後期ともなると、大きなお腹を支えるために腰や背中に負担がかかりがち。他にも、出産に備えて自然に骨盤やじん帯がゆるんだり、冷えてこわばったりすることが腰痛の原因となる場合もあるようです。
 

足湯やストレッチ、ヨガや軽い運動を取り入れて身体の循環をよくすることや立ち上がるときは膝をつく、寝るときは抱き枕などを使うなど日常生活の動き方、寝方もひと工夫することで腰痛が楽になることも。
 

ガードルや骨盤ベルトを使うのも良いですね。使い方にコツがいるものもありますので、よく吟味して選びましょう。
 

湿布薬を使いたくなる人もいるかと思いますが、外用薬だからと安易に自己判断せずに、医師や薬剤師にきちんと相談しましょうね。
 

Sponsored Links