妊娠 後期 逆流性食道炎

 

 

妊娠後期に、胃のムカムカやゲップ、吐き気や嘔吐などに悩まされている妊婦さんは多いと思います。
 

これらの症状が一時的なものでなく、続いているようなら、この時期に起こりやすいと言われる逆流性食道炎である可能性が考えられますね。
 

なぜこれらの症状が出てしまうのか、原因と対策法をまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠後期の胃のムカムカ。逆流性食道炎の可能性があります

妊娠後期になってお腹が大きくなってくるころ、吐き気がしたり酸っぱいものがこみあげてくるような不快感を感じる妊婦さんも多いと思います。
 

他にも胃もたれや胃痛、胸焼けなどの症状が見られることも。妊娠初期のつわりと症状が似ていますが、つわりであれば、いわゆる安定期の胎盤が完成するころにおさまることが多いようです。
 

妊娠後期なのにこれらの症状がある場合は、つわりではなく逆流性食道炎である可能性が考えられます。
 

逆流性食道炎って?

胃酸が、未消化の食べ物などとともに逆流して食道に炎症を起こしてしまう病気のことです。症状としては吐き気や胸焼け、喉の奥の痛み、嘔吐、胃痛などがあります。
 

普段は胃酸が逆流しないよう、「下部食道括約筋」と呼ばれる食道と胃のつなぎ目にある筋肉が、しまったりゆるんだりして胃酸が逆流しないようにしていますが妊娠後期は子宮がどんどん大きくなり、胃が圧迫されてこの筋肉がゆるんでしまいます。
 

これにより逆流性食道炎を発症してしまうのです。
 

どうして妊娠後期に起こりやすいの?

妊娠後期は胎児の成長とともに子宮がどんどん大きくなります。それが胃を圧迫するために起こると言われています。
 

また、妊娠中は特にホルモン分泌の変化により、消化機能が低下して胃酸の分泌が増加し、逆流しやすくなってしまいます。これらの理由により、胃が圧迫され、胃酸が逆流し、ムカムカしてしまうのですね。
 

お腹が大きくなるほど圧迫も強くなるので、妊娠後期の妊婦さんほど悩まされる人も多くなるようです。
 

妊娠後期の逆流性食道炎。その対処法を教えて!

妊娠後期に発症した逆流性食道炎は、出産後にはおさまります。だからといって、出産までしかたない…と諦めるのはつらいもの。
 

少しでも身体が楽になるように、対処法をしっかりおさえておきましょう。来たるべき出産に備えて、体力も温存できるといいですね。
 

姿勢と食べ方が大切!

  • 姿勢

妊娠も後期となると、寝るのも立っているのもつらい時期ですね。普段から前かがみの姿勢は避けて、胃の圧迫を防ぎましょう。
 

食べてすぐも胃酸の逆流が起きやすいので、横になるのは厳禁です。ソファやクッションにもたれるながら、座っているようにしましょう。寝るときも、布団や枕などを使って少し上体を起こしておくといいですね。
 

  • 食べ方

高脂肪や刺激の強い食べものなど、消化のよくない食事は避けましょう。それらは消化しきれず胃に滞留し、胃酸とともに上がってきてしまいます。
 

うどんやお豆腐、ゼリーなどは喉ごしもいいのでおすすめです。また、消化がいいものを選んでも、一度にたくさん食べるのは良くありません。何回かにわけて、少量ずつ食べましょう。
 

食事ばかりに気をとられないよう、ヨガやストレッチなど軽い運動をしたり、好きな音楽やDVDを見たり、赤ちゃんのものを手作りしたりすると気分転換にもなるのでおすすめです。
 

あまりつらいようなら薬を飲むのもいいですね。その場合は薬剤師のいるドラッグストアか、健診の際に医師に相談して処方してもらったものを飲みましょう。
 

まとめ

妊娠後期は胎児の成長により子宮がどんどん大きくなります。それにより胃が圧迫されて逆流性食道炎を発症してしまいます。また、妊娠中のホルモン分泌の変化により消化機能が低下して起きることも。
 

産後はおさまりますが、普段から胃を圧迫しないような姿勢をとる、消化のよい食べ物を数回にわけて少量ずつ取るなどすると、症状がひどくなるのを防げます。
 

あまりつらいようなら薬を飲むのもいいですね。その場合は、必ず薬剤師か医師に相談して処方してもらったものを飲むようにしましょう。
 

Sponsored Links