妊娠初期の腹痛に悩む女性

妊娠の初期症状によくある腹痛…。
 

でもこの痛み、大丈夫?痛みの原因は何?
 

妊娠初期に腹痛があると、心配になりがちですよね。
 

妊娠の初期症状でよくある腹痛は、いろんな原因があって起こるんです。
 

中には注意が必要なタイプの腹痛もあります。
 

原因を把握して、しっかり対処すれば大丈夫!さっそくチェックしてみましょう。
 

腹痛の原因が、着床痛の場合

着床痛とは、受精卵が子宮内膜に着床するときに感じると言われる、チクチクした痛みや鈍痛のことです。
 

着床した受精卵が子宮内膜にもぐりこんで、根をはろうとするときに痛みが生じると考えられていますが、医学的な根拠ははっきりとはしていないようです。
 

痛みを感じる人がいる一方で、まったく感じない人もいます。
 

受精卵が子宮内膜にもぐりこんで根を張ろうとするときに、内膜を傷つけて少し出血してしまうのが着床出血と呼ばれるものです。
 

腹痛が着床痛である場合は、時間がたてば落ち着いてきます。
 

なるべく安静にして、様子を見ましょう。
 

子宮の膨張によるもの

妊娠すると、お腹がチクチクしたり、引っ張られるような痛みを感じることがあります。
 

子宮がムズムズして違和感を感じることも。
 

これは、子宮が大きくなろうとするために起こる症状だと考えられます。
 

大きくなった子宮がまわりの骨や臓器、神経を圧迫することで、恥骨や足のつけ根、股関節がズキズキと痛む人もいます。
 

これらの痛みは、身体が変化しているがゆえの痛み
 

赤ちゃんをお腹で育てるために自分の身体をつくりかえているようなものですから、無茶は厳禁です。
 

なるべく安静に、ゆったりと過ごすようにしてください。
 

少しずつ身体が対応できるようになれば、痛みはなくなっていきます。
 

ホルモンバランスの変化

妊娠初期には、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンや、高温期を持続させるプロゲステロンというホルモン、子宮を大きくしたり母乳を出すために乳腺を発達させる働きのあるエストロゲンというホルモンと、たくさんホルモンが分泌され、これまでと大きくホルモンバランスが変化します。
 

それにより腸のはたらきが弱くなって、便秘や下痢になりやすくなってしまうのです。
 

ホルモンの働きによるものなので、無理に症状をおさえることはできません。
 

普段の生活で、なるべくゆったりと過ごしてストレスを減らし、心や身体の負担を減らすのがいいでしょう。
 

熱すぎないお風呂にゆっくり浸かったり、腹巻きやレッグウォーマーをして、お腹や足を温めたりするのもおすすめです。
 

安易に薬を飲むのはやめましょう。
 

赤ちゃんに影響を及ぼす場合があります。
 

妊娠初期の腹痛は流産や子宮外妊娠の可能性も

流産

妊娠初期の腹痛の場合は、流産の可能性も捨てられません。
 

妊娠12週までは、流産が起こりやすい時期ですので注意が必要です。
 

流産が原因の場合は、下腹部を締めつけられるような痛みが続いたり、痛みがひどくなったり、ズキズキとした強い痛みを感じたりすることが多いようです。
 

出血があったり、つわりがなくなるといったことも。
 

強い痛みが続く、ひどくなるといった場合はすぐに医師の診察を受けるようにしましょう。
 

初期の流産は、胎児の染色体異常が原因だと言われています。
 

お母さん側に原因はありませんが、強い腹痛の場合は流産の可能性も考えられるのです。
 

子宮外妊娠

正常な妊娠とは、子宮内で受精卵が着床することです。
 

これ以外の場所で受精卵が着床し、妊娠が成立してしまった状態を子宮外妊娠と言います。
 

ほとんどの場合が、卵管内で妊娠したものです。
 

痛みが続いてひどくなっても、何もせずほうっておくと、いずれは卵管が破裂して母体が危険な状態になってしまいます。
 

妊娠がわかったら、正常妊娠かどうか確認するためにもすぐに病院へ行って診察を受けましょう。
 

まとめ

妊娠初期の腹痛に悩む女性2

思い当たるものはありましたか?
 

妊娠の初期症状によくある腹痛の原因は1つではありません。
 

痛みの程度や様子を見ながら、一時的なもの、身体の変化に伴うものなのかあるいはそうでないのかを見極めましょう。
 

一時的なものなら、無理せずゆったりと過ごすのが赤ちゃんのためにも一番ですね。