初期妊娠の出血について考える女性

妊娠がわかり喜んでいたのもつかの間、出血してしまうと不安でいっぱいになってしまう妊婦さんもいると思います。
 

ただでさえ、妊娠初期は心配や不安でいっぱいな時期ですから、なるべく出血というトラブルは避けたいところです。
 

しかしそんな思いとは裏腹に出血してしまうこともあります。
 

今回はそんな妊娠初期の出血についてまとめてみました。
 

妊娠初期の出血は色や量によっては大丈夫?

女性が妊娠すると、体に様々な変化があらわれます。
 

毎月来ていた生理が止まったり、つわりと呼ばれる吐き気や眠気、熱っぽさなど、個人差はありますが、赤ちゃんをお腹で育てるために体が準備するのです。
 

妊娠中の出血と聞いていいイメージを持つ人はほぼいないでしょう。
 

しかし、妊娠初期の出血であまり心配いらないものもあります。
 

茶色の少量の出血であれば、受精卵が子宮内膜に着床したときのものによる着床出血や、胎盤が出来ていく過程で子宮と胎盤の成長のズレによる出血は、ほぼ心配いりません。
 

妊娠初期の流産につながる出血とは?

初期妊娠の出血

では、どんな出血に注意が必要なのでしょうか。
 

もし妊娠初期に出血があった場合には、色や量、他に症状がないかを自分で見極めます。
 

鮮血やピンクの出血、生理の時くらいの量またはそれ以上の量、腹痛や腰痛、これらの症状は流産の可能性があるのですぐに産婦人科を受診してください。
 

そもそも、妊娠中は出血しないことの方が多いのです。
 

出血しているということは、なにかのサインが出ていると受け取ってください。
 

鮮やかな出血は、子宮内で出血してまだ間もない血液なので、危険なことがあります。
 

量が多かったり、腹痛などがあるときは、お腹の赤ちゃんが苦しがっているサインかもしれません。
 

横になって安静にし、産婦人科で診てもらいましょう。
 

妊娠初期の流産の兆候と症状

何らかの症状が出ることが多い初期流産。主な症状をいくつか挙げてみました。
 

  • 出血
  • 腹痛
  • つわりが急になくなる
  • 腰痛
  • 基礎体温が低下する

妊娠初期には人によって様々な症状があらわれるため、これらの症状が出たからといって必ず流産するわけではありません。
 

しかし流産のしてしまった人に多かった症状ではあるので、これらの症状が出て不安を感じた時には、すぐに受診することをおすすめします。
 

また、妊娠初期に自覚症状がないままお腹の中で赤ちゃんが死亡してしまっている「繋留流産」ということもあります。
 

繋留流産は、妊婦健診のときにわかることが多いため、健診は必ず受けるようにしていただきたいです。
 

妊娠初期の流産率

全体の妊娠の中で流産は約15%の確率で起こると言われています。
 

その中でも、妊娠初期の流産は約9割を占めているのです。
 

赤ちゃんの心音を確認できると、流産率はぐっと減ります。
 

それまでは出血や腹痛、つわりの様子などを注意深く観察し、変わったことがあれば受診してみるといいでしょう。
 

一度初期流産を経験して、もう子どもが産めないのでは?と不安になる人もいますが、そんなことはないので安心してくださいね。
 

妊娠初期の出血の対応は安静が一番!

ときに心配いらない出血の場合もあれば、切迫流産(流産しかけている状態)のときもあります。
 

妊娠初期では、止血剤や張り止めの服用ができないことがほとんどです。
 

出血があったときは、横になって休むのが一番の薬です。
 

お医者さんから指示が出ることもありますが、出血が多い場合や、お腹の赤ちゃんが危険な状態のときには、トイレ以外動くことを禁止されることもあります。
 

横になるのが、一番お腹に負担がかからない体勢です。
 

出血したら、なるべく仕事はもちろん家事も休んでパートナーに協力してもらうようにしましょう。
 

妊娠初期の流産を防ぐには?

初期の自然流産の原因は、受精卵の染色体異常であることがほとんどです。
 

染色体異常による流産を防ぐのは難しく、受精したときには流産することがほぼ決まってしまっています。
 

お母さんの行動が原因で流産というのは妊娠初期ではあまりありませんが、流産のリスクを最小限にして無理はしないようにしましょう。
 

体を冷やさないようにすることや、規則正しい生活、ストレスを溜めない、葉酸を摂るなど、出来るだけのことを行い、お腹のあかちゃんに優しい生活を送るようにしましょう。
 

まとめ

初期妊娠の出血は流産にも注意、ゆっくり休む女性

妊娠初期の出血でも、心配いらないものと緊急性が高いものがあります。
 

出血量や色、他の症状をしっかりと見極め、落ち着いて行動することが大切です。
 

少しでも不安な症状が出たら、産婦人科を受診し、お医者さんに相談してみると不安も和らぐかもしれません。
 

妊娠にストレスは大敵ですから、不安は抱え込まずに解決していくようにしましょうね。