妊娠初期に運動する女性

 

 

妊娠がわかり、生理が止まったりつわりが始まることで体の変化を感じ、喜びや不安な気持ちで過ごしている妊娠初期。
 

ただでさえ不安もある中で、わからないことがあるとどうしたら良いのか悩んでしまうこともありますよね。
 

妊娠初期の疑問で良く耳にするのが、運動してもいいのかどうか、というものです。
 

今回は、妊娠初期の運動についてまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠初期の運動はしてもいいのか?

妊娠前からスポーツを趣味でしている人、仕事でどうしても運動を避けて通れない人など、様々な妊婦さんがいるでしょう。
 

妊娠初期は、まだ胎動やお腹の膨らみが確認できず、赤ちゃんが元気に育っているか実感しにくいこともあり、不安を感じる人が少なくありません。
 

しかし運動は、あまり激しいものでなければ妊娠初期はほぼ大丈夫だといわれています。
 

ただし、健康で妊娠経過が順調な妊婦さんに限りますので、少しでも不調や違和感を覚えた場合は運動するのは避けるようにしてください。
 

妊娠初期特に避けるべき運動

妊娠初期は、子宮の中で胎盤を作ったり、赤ちゃんの臓器や神経が作られたりと、大切な時期です。
 

この時期に、体調がいいからといって激しいスポーツをしてしまうと、赤ちゃんに負荷をかけてしまうこともあるので注意しなければなりません。
 

そんな中で特に避けるべき運動は、ボクシングやプロレスなどの格闘技、マラソン、ゴルフ、バドミントン、バレーボール、バスケットボール、テニス、短距離走、筋力トレーニングなどが挙げられます。
 

球技や人とぶつかり合う競技は、妊娠を継続するにあたって危険がたくさんあります。
 

お腹に力が入ったり、お腹に衝撃がくるスポーツは避けましょう。
 

妊娠初期でもできる運動

妊娠初期でも、無理をしなければ運動をすることができます。
 

スポーツはストレス発散にもなりますから、ストレスが大敵な妊娠中にはいいと思います。
 

妊娠初期には、体に負荷をかけすぎないウォーキングや、ゆっくり泳ぐ水泳などの有酸素運動が適しています。
 

酸素をたくさん取り込んでリラックスしながら体を動かすことは、母子ともにメリットがたくさんあります。
 

体力をつけておくと、お産の時にも産後の回復にも役立ちます。
 

正しい姿勢で歩くことで、カロリーを消費し、体重管理を効率よくしていくこともできます。
 

なにより、出産してからは体力がとても必要ですから、育児のために体を動かして体力をつけておくのはとてもおすすめです。
 

妊娠初期の運動と流産

日本産婦人科学会のHPにも掲載されていますが、妊娠初期の運動は、流産の直接の原因にはならないといわれています。
 

妊娠初期の流産の主な原因は、受精卵の染色体異常であることがほとんどです。
 

妊娠初期の流産は、母体側に原因があることはほぼありません。
 

しかし、ホルモンバランスが大きく変化し、体調も不安定なことが多い妊娠初期は、無理せずに運動も軽いものにとどめておいた方が無難でしょう。
 

妊娠に気が付く前に激しい運動をしてしまっていたら

妊娠していることに気が付かず、上記に挙げていた避けるべき運動をしてしまったという人もいると思います。
 

そういった妊婦さんは、一応運動をした日にちと内容を記憶しておき、健診の時にお医者さんに伝えておくといいでしょう。
 

妊娠の経過によっては、また妊娠中でもできる運動のアドバイスをしてくれることもあります。
 

妊娠中どの時期なら運動してもいいのか

基本的には、妊娠中は初期、中期、後期いずれも激しい運動は避けなければいけません。
 

お腹を打つ危険があったり、集団のスポーツだと途中で抜けられなくなることもあるので、妊娠前と全く同じようにはできないということを頭に入れておいて頂きたいです。
 

ただし、妊娠初期はつわりもあったりと体調が優れないこともありますが、中期になると心も体も落ち着いてくることが多くなります。
 

その時期になれば、マタニティヨガなどを教えてくれる施設もあるので、運動の範囲が広がります。
 

あくまでも、主治医と相談し、許可が出ていたら運動をするようにしましょう。
 

まとめ

妊娠初期に運動する妊婦

妊娠中、特に初期は、体調が不安定なことも多いので軽い運動にとどめておきましょう。
 

ウォーキングなどの、ゆっくりリラックスできるものが好ましいです。
 

必ず無理だけはせずに、お腹の赤ちゃんの成長を一番に考えて、大事に過ごすようにしてくださいね。
 

Sponsored Links