妊娠初期の出血が生理なのか?と悩む女性

 

 

妊娠初期。
 

何ごともなく無事に過ごしたいけれど…出血が起こってしまうことも、ままあります。
 

少量ですぐ終わるようなら少し様子を見てみるけれど、量が多かったり、これって生理!?と感じる場合、身体では一体何が起こっているのでしょうか。
 

心配のいらないことも多いですが、中には危険なケースも。原因を探り、落ち着いて適切な対処をしましょう。
 

Sponsored Links

妊娠初期の生理みたいな出血って、よくあること?

少しの出血なら、わりあい多くの妊婦さんも経験していることです。
 

身体の機能が原因で起こるものなら、特に対処するようなこともなく、様子を見ているうちに自然におさまっていきます。
 

出血の原因はさまざまです。
 

妊娠初期に出血が起こる原因

妊娠初期の生理みたいな出血の原因の1つとしてあげられるのは、着床出血です。
 

これは受精卵が着床する際、根を張るようにもぐりこんでいくために、子宮壁が傷ついてしまい起こるものです。
 

着床の際の一過性のものなので、出血とはいっても生理機能的なものです。
 

また着床の際に子宮内膜の血管が傷つけられてしまうと、血の塊ができることがあります。
 

絨毛膜下血腫です。
 

小さいものなら塊にはならず出血も身体に吸収されていきますが、大きなものや子宮口に近くにできた場合は、出血がみられることがあります。
 

大きな絨毛膜下血腫ができている妊婦さんのうち、18パーセントが流産になってしまったというデータもあるので、大きな血腫の場合は注意が必要です。
 

絨毛膜下血腫はエコー検査でわかるので、検診をきちんと受けていれば発見できます。
 

エコーでは見えるけれど特に腹痛もない、出血もない場合は次回エコーの際自然に消えていることもあるようです。
 

そのほか、子宮頸部びらんといって子宮頸部がホルモンの影響でふくらみ、内壁が外側にめくれてしまってただれたように見える状態になってしまい、それが出血の原因となってしまうこともあります。
 

この場合も、ホルモンの影響で子宮頸部がびらん状態になってしまったというものなので、出血や痛みがあってもこの場合は特に心配はいりません。
 

あまり続くようなら、医師と相談のもと、膣内を洗浄したり薬を服用することもあるそうですが、特に何もせず様子を見ることが多いようです。
 

さて、ここまでは特に対処することもないような、出血とはいっても心配のいらないケースを見てきました。
 

しかし中には、すぐ病院に行って診察や治療を受けないと母体や胎児に危険が及ぶようなものもあります。
 

妊娠初期の出血が、生理みたいに量が多いとき

量が多い出血というのは、やはり注意が必要です。
 

出血が少量であればあるほど、症状は軽く、おさまりやすいからです。
 

多少量が多くても、医師の診察を受けて大丈夫という場合もありますが、場合によっては切迫流産や流産の可能性も出てきます。
 

切迫流産は、流産の一歩手前の状態です。
 

何もしないでほうっておけば流産となることが多いのです。
 

生理みたいな出血があったときの対処法

病院

生理みたいに量の多い出血があった場合は、すぐに病院に連絡し、なるべく早く診察を受けましょう。
 

切迫流産や流産の場合は、出血とともに強い下腹部痛を感じることもあります。
 

出血だけでなく下腹部痛もある場合は注意が必要です。
 

病院へ行くときは身体に負担をかけないよう、なるべくタクシーを使ったり、家族に車を出してもらったりしましょう。
 

また、もし悲しい結果になってしまっても、けっして自分を責めないでくださいね。
 

妊娠初期の流産は、胎児の染色体異常が原因の場合がほとんどです。
 

お母さんのせいではありません。
 

異常妊娠の場合も、出血がみられることがあります

受精卵が着床して胎盤を作る過程で、何らかの原因によって絨毛組織が異常増殖すると、泡のような組織で子宮が覆われてしまいます。
 

そうすると胎児が育てない状態になってしまいます。これを胞状奇胎といいます。
 

稀なケースですが今は技術も進んで、エコーや血液検査で見つけることができます。
 

子宮外妊娠の場合も出血を認めることがありますが、現在は早期のうちに胎のうが子宮内にあるかどうかをエコーで確認しますので、重症になってから治療、処置するということはほぼありません。
 

妊娠がわかったら定期的に検診を受けていれば、ひどくなる前に対策が打てますね。
 

まとめ

妊娠初期の生理みたいな出血といっても、量の多い少ないや下腹部痛があるかないかなど症状はさまざま、原因もさまざまです。
 

特に治療の必要のないケースも多いですが、出血の量が多いほど症状は重い場合が多いようです。
 

さらに下腹部痛もセットでみられる場合は、妊娠の継続が困難な可能性も考えられます。
 

その場合はすぐに病院に連絡して診察を受けましょう。
 

また妊娠がわかったら、特に何もなくてもきちんと検診を受けましょう。
 

エコーによって血腫の有無や異常妊娠がないかなど、出血や痛みが出る前に確認ができて、対策を打てます。
 

Sponsored Links