妊娠初期 便秘 原因 予防

 

 

妊娠がわかり、喜びと不安が入り混じる妊娠初期。生理が止まり、つわりが始まるなどの体の変化もたくさんでてきます。
 

その中のひとつに、便秘があります。便秘による腹痛があったり、いきむのが怖くなったりと不安になることも多いでしょう。
 

ここで、妊娠初期の便秘の原因や対策についてまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠初期の便秘の原因はホルモンバランスの変化なことも

受精卵が着床し、妊娠が成立することによって、黄体ホルモン(プロゲステロン)というホルモンの分泌量が増えます。
 

黄体ホルモンとは妊娠を継続させるためのホルモンで、黄体ホルモンが便秘の原因になっていることがあります。体の栄養を蓄えようとする作用があるので、腸のぜん動運動を鈍らせてしまいます。
 

また、水分を溜めこもうとするあたら気もするため、便に水分が充分に届かず、固くなってしまいます。こういったホルモンバランスの変化によって、妊娠初期の便秘が起きることがあります。
 

つわりによる食生活の変化も原因の一つ

妊娠初期は約8割の妊婦さんにつわりがあるといわれています。
 

その多くが食べ物の好みの変化や、思うように食べられなくなるといった症状ですが、食欲がわかず食べる量が減ったり食の偏りによって便秘になるのです。
 

中には嘔吐してしまう妊婦さんもいるでしょうから、そういった理由で食の変化が生じると、水分不足や食物繊維不足になり便秘になってしまうのです。
 

妊娠初期のストレスも便秘の原因

妊娠初期は自分が感じているよりも心の状態に変化があるものです。つわりで体のコントロールがきかずイライラしたり、いつも出来ていた家事や仕事がおろそかになってストレスを感じたり…。
 

仕方がないとわかっていても、塞ぎ込んでしまうことも少なくありません。こういったストレスは、自律神経が乱れ、腸の動きを鈍らせてしまいます。
 

そして、便秘になったこともストレスになり悪循環です。心の状態と腸の状態がいつも通じてると感じる人は、ストレス発散法を見つけて、リラックスして過ごすようにしましょう。
 

妊娠初期に便秘になったら

妊娠初期の症状として便秘は決して珍しいものではありません。妊婦さんの多くが経験している症状です。
 

もしも便秘になったら、まずはつわり中でどうしても無理であれば仕方がありませんが、なるべく便通を良くする食べ物をとりましょう。
 

水溶性食物繊維(海藻、根菜、キウイ、パパイヤ、プルーンなど)、不溶性食物繊維(豆類、とうもろこし、大麦など)、乳酸菌(ヨーグルト、チーズ、発酵食品など)、水分をとれたらとるようにすると、便通を促してくれます。
 

また、妊娠中とはいっても軽いウォーキングなどの運動は、医師に止められていない限りはしても大丈夫です。
 

どうしても体調がすぐれないことで運動不足になりがちですから、できれば体を動かして腸にも刺激を与えてあげましょう。
 

どうしても改善されない便秘は医師に相談

自分でなかなか解決できない便秘は、悪化する前に産婦人科の医師に相談してみましょう。妊娠中でも影響の少ない便を軟らかくする薬や、痔になってしまった人は軟膏を処方してくれます。
 

トイレで力んだりすると腹圧がかかってあまりよくないので、3日ほどでない、お腹が張るなどの症状が出ていたら受診していいと思います。妊娠中に便秘薬を服用することに抵抗がある人もいるでしょう。
 

しかし、それだけ便秘は赤ちゃんにとってもお母さんにとっても良くないのです。市販薬を服用するのはなるべく避けて、医師に処方してもらってくださいね。
 

不安の多い妊娠初期はリラックスを心がけて

体に様々な変化が生じて、心もそわそわしてしまう妊婦さんが多い妊娠初期。
 

はじめは戸惑ってしまうこともあるかもしれませんが、ストレスを抱え込むのは便秘はもちろん他の症状も悪化させてしまうことがあります。
 

こういった体の変化を仕方がないと割り切って受け止めることが大切かもしれません。適度な発散法を見つけ、パートナーにも協力してもらいながら心の疲れを解消していくようにしていきましょう。
 

まとめ

便秘は普段でもお腹が張ったりガスが溜まったりと不快なことが多いのに、妊娠初期がと余計に心配になってしまいますよね。
 

妊娠による体の変化から起きている便秘ですから、安定期になると落ち着いてくることが多いです。
 

ひどくなる前に対処し、なるべく快適なマタニティライフを送れるようにしたいですね。
 

Sponsored Links