妊娠初期 風邪薬

 

 

妊娠初期に、気づかず風邪薬を飲んでしまった!妊娠がわかってから気づいて、慌てた経験のある人もいるのでは?
 

妊娠しているかどうかハッキリしない時期に風邪薬を飲んでしまうこと、実は結構あるんです。
 

そこで飲んでも大丈夫なのか、赤ちゃんに影響はないのか、気になる点をまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠初期に風邪薬を飲んでしまう理由?

妊娠が成立すると、赤ちゃんを育てるために身体はどんどん変化します。そういった身体の変化や妊娠初期にみられる症状には、風邪と間違えてしまうようなものが多くあるんです。
 

似ている症状としては、排卵後からの高温期が引き続き継続するため、熱っぽさやダルさを感じるというもの。
 

それからホルモンバランスの変化により、眠気を感じたり頭痛を感じたり、頭がボーっとしたりすることもあります。
 

これらの妊娠初期症状で、うっかり風邪と勘違いして風邪薬を飲んでしまう人もいるようです。
 

妊娠初期に、風邪薬を飲んでしまっても大丈夫?

風邪薬を飲んでしまった場合、一番気になるのが赤ちゃんへの影響ですよね。
 

薬を飲んだことで赤ちゃんに奇形が起こる危険性について、特に考えなくてはならない時期は、妊娠4週から12週ころです。
 

この妊娠初期のころは心臓や中枢神経など重要な器官の形成が始まるので、薬の服用については特に慎重な判断が必要です。
 

ですが奇形が起こってしまうのは、もともと受精卵の方に問題がある場合がほとんどです。一般的な風邪薬が胎児に及ぼす影響はさほどないと言われています。
 

基本的には、妊娠初期にうっかり飲んでしまうくらいの一般的な薬で、赤ちゃんに影響が出るようなものは、ほとんどないと言っていいのです。
 

いまやコンビニでも気軽に薬が買える時代です。うっかり飲んだ薬がいちいち赤ちゃんに異常を起こすほどなら、大問題になってしまいますね。
 

心配な方は飲んだ薬の名前を覚えておいて、病院で医師に相談しましょう。
 

風邪薬などの一般薬と、持病のある人の薬

なあんだ、安心した…と気軽に薬を服用していいわけでは、もちろんありません。
 

薬は必要があって使うものですから、何か気になる症状があれば医師に相談して、必要な場合に限り、処方してもらうようにしましょう。不要なリスクは避けるのが一番です。
 

気をつけなければいけない薬もあります。注意が必要なのは、持病のある人の薬です。
 

抗がん剤やリウマチ、高血圧、てんかんなどの薬の中には、催奇形性といって胎児に奇形を起こす危険性のあるものがあります。
 

これらを服用している人は、できるだけ妊娠前に、妊娠する可能性があることを医師に伝えて薬を処方してもらいましょう。
 

薬に注意が必要なのは、妊娠初期だけ?

妊娠初期、特に妊娠4週から8週にかけては細胞分裂もさかんで、心臓や目、手足や中枢神経など重要な器官がつくられる時期です。
 

このころは、赤ちゃんが薬に対して最も敏感な時期です。妊娠16週以降になると、器官の形成はひととおりすみ、薬の服用による催奇形性を心配する必要はなくなってきます。
 

奇形の心配をする時期は過ぎても、今度は胎児毒性といって、薬を飲むことで赤ちゃんの発育や機能面に影響が出る場合があります。
 

妊娠中は初期に限らず、できるだけ薬の服用は避けた方が無難ですね。気になる症状があれば医師に相談し、必要に応じて処方してもらいましょう。
 

薬とのじょうずな付きあい方

薬は、できれば飲まずにこしたことはありません。ですが、だからといって、つらい症状を何でもかんでも我慢する必要はないんですよ。
 

時期や薬の種類を医師と相談して服用し、ママの体をしっかり治して元気になるのが赤ちゃんにとっていい場合もあります。
 

また、薬を飲まなくてもいいように、普段から体調管理をしっかりしておくのもいいですね。
 

食事と睡眠をしっかりとって、外出時にはマスクをつけたり、うがいや手洗いを徹底するなどしておくと、風邪予防になります。
 

まとめ

 

妊娠初期に、妊娠していることに気づかないで風邪薬を飲んでしまう人は少なくありません。
 

しまった!と過度に不安にならないで。ドラッグストアなどで買えるような風邪薬が、赤ちゃんに影響を及ぼすようなことはほぼありません。
 

心配な人は薬の名前を医師に伝えましょう。ほとんど影響ないとはいえ、薬の服用はできれば避けたほうが無難です。
 

我慢しすぎる必要はありませんが、できれば風邪をひかないように、普段から予防に気をつけるのもいいですね。
 

Sponsored Links