妊娠 二ヶ月 赤ちゃん

 

 

妊娠が発覚し嬉しい気持ちいっぱいの妊娠二カ月。そんな喜び溢れる二カ月では、お腹の赤ちゃんはどんな様子なのでしょうか?
 

また、母体の症状や気を付けた方がいいポイントなどについてまとめました!
 

Sponsored Links

妊娠二カ月のお腹の赤ちゃんの様子は?

妊娠二カ月は、まだまだ豆粒大の赤ちゃんですがとても重要な時期です。1㎜以下だった赤ちゃんも、7週目には2~3㎝ほどに大きくなります。
 

6週頃までは魚のようにエラや尻尾がありますが、それらがなくなって2等身になっていきます。この頃には目、耳、口もできてきます。
 

早い人は5週頃に胎芽が確認できます。妊娠二カ月は器官形成期と呼ばれ、赤ちゃんの各器官が作られていきます。
 

妊娠二カ月の母体症状は?

妊娠二カ月は生理が来ないことや基礎体温が高温を維持し続けることで、妊娠に気が付く人が多いでしょう。
 

お腹の赤ちゃんも、自分の存在にママが気が付くように訴えてくることで、お母さんの体にも変化が生じます。
 

妊娠二カ月の頃に多い症状は、体がだるく熱っぽい、眠気を感じる、便秘になる、胸が張る、吐き気や位の不快感がある、などが挙げられます。これらの症状は個人差もあります。
 

特につわりは個人差が大きく、気持ち悪くて起き上がることができない人もいれば、全く不快感なく日常を送ることができる人もいます。
 

妊娠二カ月で特に摂りたい栄養

妊娠初期である二カ月に摂りたいのは鉄分と葉酸です。妊娠中は血液量が増え、お腹の赤ちゃんに鉄分が送られます。
 

妊娠前より多くの血液が必要になってくるため、たくさんの鉄分が必要になります。
 

鉄分が不足すると、貧血や立ちくらみなどの症状が出たり、赤ちゃんに必要な酸素が十分行き渡らないこともあるので、食事に積極的に取り入れていきましょう。
 

小松菜やほうれん草、ひじきや納豆にも多く含まれています。葉酸は、赤ちゃんの細胞分裂を促す働きがあります。脳や神経系が作られる妊娠初期には必要不可欠です。
 

厚生労働省は一日0.4mgの葉酸の摂取を呼び掛けており、サプリメントでも手軽に摂ることができます。
 

妊娠二カ月で気を付けること

妊娠に気が付いたら、まずたばこの煙を吸わないように注意しましょう。仕事をしていてたばこが身近な職種なら、上司に相談して対策を練った方がいいです。
 

たばこは赤ちゃんに栄養や酸素が十分に行き渡らなくなる可能性があります。また、重いものを持つのもできるだけ避けましょう。
 

仕事で重いものを持つことがあれば、すぐに上司に妊娠報告をし、避けるようにしましょう。
 

つわりが始まる人もいて、食生活が偏りがちになることがあります。なるべく栄養価の高いものを摂るようにして、貧血などを予防しましょう。
 

きちんと栄養を摂ることで抵抗力もつき風邪などの感染症にもかかりにくくなります。
 

妊娠二カ月で出血したら

妊娠二カ月では、まだ胎動やお腹の膨らみがないので、赤ちゃんが元気で大きくなっているか不安な人が多いでしょう。
 

そんな中で出血してしまうと赤ちゃんに何かあったのではないかと心配になります。しかし出血が必ずしも赤ちゃんに危険があるとは限りません。
 

妊娠初期には3割~5割ほどの妊婦さんが出血を経験し、そのほとんどの人が無事出産をしています。出血をしたら、まずは他の症状の有無を確認します。
 

ズキズキとした痛みや我慢できない程の腹痛や腰痛があるか、立ちくらみや貧血の症状はあるかを確認し、これらの症状も伴っているなら早急に受診しましょう。
 

出血の色や量も確認し、鮮血や悪臭がする、何度もナプキンを替えなければいけないほどの量が出ているなどの症状が出ている場合も受診を急ぐ必要があります。
 

おりもの程度の出血でも、念のため安静を心がけるようにしましょう。
 

妊娠二カ月にした方がいいこと

妊娠に気が付き、心も体も大きな変化を遂げる妊娠二カ月。この時期はパートナーと喜びをたくさん共有しましょう。
 

一緒に赤ちゃんを楽しみにすることで、つわりのつらさや変化に伴う悩みも打ち明けやすくなるものです。
 

そして今まで出来ていた家事も、こなすのが難しくなっていくことがあります。そういった時はパートナーを始め家族に甘えましょう。
 

ホルモンバランスの変化によって、情緒不安定になりやすい時期です。不安なことは打ち明けて、ストレスをためないようにしていきましょう。
 

仕事内容にもよりますが、心拍が確認できたら職場に妊娠報告をすると良いでしょう。
 

無理のないように配慮してもらえたり、産休制度を使用する場合はその間の勤務などを早めに上司が考慮できます。
 

出産予定日と、今後仕事をどうしたいかなどを明確に伝えるようにしましょう。
 

まとめ

妊娠二カ月は、赤ちゃんの存在に気が付く大事な時期です。心も体も大きく変化していくので、周りの理解や協力も必要不可欠です。
 

お腹の赤ちゃんを元気に出産するためにも、必要な栄養をしっかり摂って規則正しい生活を送るようにしましょう。
 

Sponsored Links