妊娠 飲酒

 

 

妊娠中にアルコールを飲むのはいけないと聞いたことがある人は多いでしょう。元々お酒が好きな人は、我慢するのが大変かと思います。
 

それでも、赤ちゃんを思って禁酒しなければいけないのが妊娠中なのです。妊娠中の飲酒はどのような悪影響があるのか、ご紹介します。
 

Sponsored Links

妊娠中はいつから飲酒してはいけない?

飲酒によっていつから胎児に影響が出るのかは明確になっていませんが、厚生労働相は「妊娠中であれば、たとえ妊娠に気づく前であっても、いつでも影響を受ける可能性がある」と発表しています。
 

妊娠の可能性があれば、念のためお酒は控えておくといいかもしれません。
 

妊娠初期に気が付かず飲酒してしまったら?

妊娠に気が付かず飲酒してしまっていた!という妊婦さんもいるでしょう。
 

妊娠に気がつく生理予定日?生理予定日2週間後ほどの妊娠2ヶ月前半は、着床して間もないため適量の飲酒であればほぼ赤ちゃんに影響はないと言われています。
 

しかし、飲んだ量が多かった場合、念のため産婦人科を受診する際にお医者さんに相談してみましょう。妊娠初期は、赤ちゃんの臓器や神経を形成する大切な時期です。
 

その時期に飲酒することで、赤ちゃんの成長を妨げてしまう危険があります。妊娠に気が付いたらすぐに禁酒しましょう。
 

妊娠中の飲酒が及ぼす影響とは

妊娠中にお母さんが飲酒すると、赤ちゃんにもアルコールが伝わってしまいます。
 

赤ちゃんがアルコールを体内で分解するまでは大人の約2倍の時間がかかるといわれ、お母さんがほろ酔い程度でも、赤ちゃんはお腹の中で泥酔状態になっていることがあるのです。
 

そういった状態を、胎児性アルコール症候群といいます。これはお母さんが摂取したアルコールの影響を受け、赤ちゃん自身が受ける先天性疾患で、以下のような症状があります。
 

  • 特異顔貌…小頭症、人中形成不全、薄い上唇、短眼瞼裂
  • 成長障害…子宮内胎児発育遅延、出生時の低体重
  • 低身長
  • 中枢神経障害…発育遅延、多動症、精神発達遅滞、行動異常

これらの症状がすべてあらわれるわけではありませんが、精神発達遅滞などの中枢神経障害がみられることが多いようです。
 

妊娠中は飲酒の量を減らせば大丈夫?

妊娠中にここまでなら飲酒しても問題ない、という明確な基準はありません。人によってアルコールへの耐性も違います。
 

毎日飲酒していた妊婦さんにはつらいでしょうが、ここは赤ちゃんのためを思って、すっぱり禁酒してもらいたいです。ほんの少量でも、赤ちゃんにとっていい影響はありません。
 

もしどうしても飲みたければ、今はノンアルコール飲料が増えています。そちらを試してみてはいかがでしょうか。
 

妊娠中の飲酒と流産の関係

どんな健康な妊婦さんでも実は流産のリスクがあります。妊婦さんの6人に1人が流産を経験すると言われています。
 

そんな状況の中で、リスクを高める飲酒をすることで具体的に流産する確率が何割上がるのか、というな統計はありません。
 

しかし、飲酒をすることによって転倒の危険性が上がります転倒により体を強く打つことで流産のリスクは高まります
 

また、特に妊娠初期は赤ちゃんの器官形成への悪影響、発達の遅れをなどの危険性があることから、うまく赤ちゃんが成長できず流産してしまうこともあるのです。
 

妊活中なら週に1回ほどの飲酒に抑えよう

妊娠・出産を目指しているカップルは、男女ともにできれば飲酒は週に1回ほどにしましょう。男性は精子の数や運動率、女性は卵子の老化などに影響が出ることがあると言われています。
 

毎日のように飲酒していたら、妊娠した時に禁酒するのは難しくなります。妊活中のうちに、少しずつ量や機会を減らし、ママになる体の準備を整えていくといいでしょう。
 

女性だけ我慢するのは大変なので、可能であればパートナーと協力して飲酒を控えていけたらいいですね。
 

まとめ

妊娠中の飲酒は、大人が思っているより赤ちゃんに苦しい思いをさせてしまうことがあります。せっかく授かった大切な命ですから、どうか大事にお腹の中で育ててほしいと思います。
 

今はたくさんのノンアルコール飲料も出ています。甘味料が多く含まれるので飲み過ぎは良くないですが、適度に楽しむのはストレス発散にもいいでしょう。
 

どうかアルコールを大量に飲むのは避けて、赤ちゃんの将来を守りましょうね。
 

Sponsored Links