妊娠中 食べ物

 

 

妊娠中は、食べ物にも何かと気を使うことが多いですよね。少しでも母体や赤ちゃんにいいものを取りたいと思うのは自然なこと。
 

そこでより良い妊娠中の食生活のために、おすすめの食べ物や、逆におすすめできない食べ物などをまとめてみました。
 

つわりや妊娠後期で気分が悪いときの食べ方についても触れていますので、参考にしてみてくださいね。
 

Sponsored Links

妊娠中の食べ物、どんなものがいい?

妊娠中に食べるものとしておすすめは、やはり和食です。ベストは定食スタイル
 

ご飯とお味噌汁に野菜やタンパク質のおかずを何品かつけると、栄養豊富でバランスも取りやすいですし、少量でも満足感を得やすいです。
 

ご飯をさらに玄米や胚芽米など、ミネラルたっぷりのものに代えるといいですね。野菜やミネラルをたっぷり取ることで、妊婦さんが悩まされがちな便秘対策にもなります。
 

パン食にしても、雑穀の入った茶色いパンはミネラルたっぷりでおすすめです。サラダやスープをつけて、具沢山にしましょう。
 

タンパク質は血や肉を作る材料になるので、野菜だけでなく魚や鶏肉、お豆腐などのタンパク質もまんべんなく献立に入れましょうね。
 

また、せっかく取った栄養素を生かすためにも、味付けは薄くしましょうね。
 

妊娠中の食べ物、特におすすめはこれ!

さまざまな食材をバランスよく取るのがいいのですが、特に納豆に含まれるビタミンKは、健康な骨や血に必要な栄養素です。
 

欠乏すると出血傾向があらわれてきますので、産後、新生児にはビタミンK2シロップが与えられるほどです。
 

そういった理由から、特に妊娠後期から産後しばらくは、納豆を毎日でも食べるのがおすすめです。
 

オクラやしらすを混ぜたり、薬味をたっぷり入れると栄養バランスもよく、飽きずに食べられますよ。
 

妊娠中は注意が必要な食べ物

注意事項としては、タンパク質だからといって卵や牛乳、チーズなどの乳製品を取りすぎないこと。
 

ヨーグルトも便秘予防として毎日たくさん食べたいという方もいるでしょうが、こちらもアレルギー予防の観点からも、取りすぎには注意が必要です。
 

1日1個程度なら食べすぎにはなりませんが、特定の食品に偏ることのないよう、まんべんなくいろんな食材から栄養を取るのが理想です。
 

また、さまざまな食材から栄養を取るのがいいのですが、だからといって魚介のおすしや生肉、生ハム、ナチュラルチーズなどの生ものは、水銀の過剰摂取を避けたり、細菌や寄生虫などによる感染、食中毒のリスクを減らすためにも、なるべく避けるようにしましょう。
 

ただ禁止されているわけではありませんので、まったく食べてはいけないというわけではありません。マグロなら週に2切れくらいにしましょうなどの目安はあります。
 

楽しみのためや家族の団らんなどの場で、ほんの少しの量を食べる分には問題ないとされています。
 

妊娠中にはおすすめできない食べ物があります

塩分や糖分を取りすぎると、妊娠高血圧や妊娠糖尿病を引き起こしてしまうことがあります。
 

また、カップラーメンや外食は時に楽ですが、インスタント食品には塩分やリンが多く含まれていますし、外食は味が濃い目です。
 

リンはカルシウムの吸収を阻害してしまいます。たまに食べる分にはかまいませんが、これらの食事はやはり妊娠中はおすすめしません。
 

つわりの時期や妊娠後期におすすめの食べ方

つわりで食欲が落ちてしまう時期や、妊娠後期に入ってお腹が大きくなってくると、胃が圧迫されて気分が悪くなることが多く、妊娠前のように一度に食事を取るということが難しくなる場合も。
 

一日三食にこだわらず、少量ずつ小分けにして食べると、無理なく栄養を取りやすいですよ。
 

まとめ

妊娠中は、野菜やタンパク質のおかずにご飯といった定食スタイルが、少量で満足感が得やすい上に栄養バランスも整いやすくておすすめです。
 

ご飯やパンの主食を玄米や胚芽米、雑穀などに代えるとさらにミネラルが豊富になりますよ。
 

中でも納豆はビタミンKが含まれていますので、特に妊娠後期から産後にかけては毎日でも取りたい食べ物ですが、それ以外は妊娠中はあまり特定の食品に偏らないよう、いろいろな食材をまんべんなく取るのがおすすめです。
 

魚介などの生ものは、水銀の過剰摂取や食中毒のリスクを減らすためにも避けたほうが無難ですが、禁止されているわけではありませんので、楽しみのために少量取るのは問題ありません。
 

外食やインスタント食品は便利ですが、なるべく避けましょう。味付けも薄味にするのが体には良いです。
 

また、つわりや妊娠後期で胃が圧迫されている時期は、少量ずつ食べると無理なく栄養を取りやすいですよ。
 

Sponsored Links