妊婦 運動

 

 

妊婦さんにとって、適切な体重や健康を維持することは大切なことです。特に妊娠初期の頃は、つわりがあったり体調の変化も激しく慎重になるでしょう。
 

中には、運動したいのを我慢している妊婦さんもいるかもしれません。実は、妊婦さんが運動をしてはいけないという決まりはないのです。ルールを守れば、運動は妊婦さんの身体にも良い影響を与えてくれます。
 

ここで、妊婦さんが安全に行うことができる運動についてまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠中の運動は有酸素運動が良い

有酸素運動とは、繰り返し体を動かして、体の中にたくさんの酸素を取り込み、酸素を使ってエネルギー源として体内の脂肪を燃やす運動のことです。
 

主な有酸素運動は、ウォーキング、サイクリング、エアロビクス、ジョギング、水泳などがあります。効果を上げるには20~30分続けて運動する必要があります。
 

妊娠中の基本はこの有酸素運動で、酸素を取り込んでエネルギーに変換する能力が高まることはお母さん、赤ちゃんともにとてもいい影響を与えてくれます。
 

有酸素運動の反対が無酸素運動です。主に筋力トレーニング、重量挙げ、短距離走などです。酸素を必要としないので短時間しか運動できませんが、筋肉を鍛えることができる運動のことです。
 

ダイエットメニューなどでよく知られていますが、妊婦さんには向いてはいない運動です。ただし、筋力トレーニングでも、息を止めず、ふんばることもしない10kg以下のウェイト・トレーニングなどは、筋力の緊張を高めるのに効果的です。
 

お腹が張ったり具合が悪くならないようなら、試してみてもいいでしょう。
 

不安も多い妊娠初期、運動していい?

様々な不安も体調変化も多い妊娠初期。そんな妊娠初期に運動は大丈夫なのでしょうか。実は、適度な運動は血行を良くし、子宮の代謝を促すので流産予防にもなります。
 

また、運動で便秘が解消されたり、気分転換になり妊娠に良い影響を及ぼしたりすることもあります。妊娠初期であっても、つわりなどで体調が悪くなければ適度に運動しましょう。
 

どうしても妊娠初期はつわりなどで引きこもりがちになります。気分転換のためにも体調の良いときは、ぜひ外に出てみてほしいです。自律神経を整えることにもつながり、心身ともに良い効果が期待できます。
 

妊娠中はいつからいつまで運動していい?

基本的に、お医者さんから安静指示がない場合は臨月まで運動して大丈夫だといわれています。特に妊娠中期から後期は、体重管理や出産への体力を蓄えるために運動をすすめられることが多いです。
 

臨月に入りお腹が大きくなってから安静にしていると、お腹に刺激がいかず子宮口も開きにくい、という説もあります。妊娠と運動はどんな時期でも深い繋がりがあるといえます。
 

妊娠中の運動と流産の関係

妊娠初期に約15%の人が経験してしまう流産。流産と運動は、結論からいうとあまり関係がありません。妊娠初期の流産の原因は、受精卵の染色体異常によることが多く、お母さんの行動に左右されることはほぼありません。
 

しかし、妊娠初期に運動するのが不安だという人もいるでしょう。そういう人は、安定期に入ってから運動を始めるのでも遅くはありません。
 

不安を抱えながら無理して運動する必要はありませんので、自分のペースで体調と相談しつつ身体を動かしてみてくださいね。
 

妊娠中の運動不足がもたらす影響

医師の指示による安静以外で、身体を動かす機会があまりなかった妊婦さんもいるでしょう。妊娠中に運動不足になると、体重管理に影響がでます。
 

妊娠中期から後期にかけて、食欲が出て体重が増えやすい時期です。そういった体重増加対策に運動が効果的なので、運動不足だと一気に体重が増えてしまうことがあります。
 

また、便秘解消にも軽い運動は効果的です。妊娠中はお腹に腸が圧迫され、便秘になることが少なくありません。便秘は何日も続くと毒素が体内にたまり、赤ちゃんにもいい影響を与えません。
 

便秘解消のためにも、程よく運動するのはとてもおすすめです。
 

妊娠中に運動できる場所

自分で気軽にできるウォーキングやジョギングもあれば、今はたくさんの妊婦さん専用スイミングやマタニティヨガなどの教室もあります。
 

妊婦さん専用の教室だと、同じ妊婦さん同士の交流があったりして楽しめるという人も多いようです。1人で運動するのが億劫だという人は、こういった運動教室に参加するのもいいのではないでしょうか。
 

まとめ

妊娠中にも運動することによってメリットがたくさんあることがわかります。くれぐれも無理しない程度に、身体を動かしてリラックスすることで安産にもつながります。
 

お腹の赤ちゃんがよりスムーズに出てくるためにも、軽い運動をして体力をつけておきましょう!
 

Sponsored Links