妊娠 花粉症

 

 

妊娠すると花粉症がひどくなったり、逆に症状が軽くなったりと、これまでと体質が変わってしまうことがあります。
 

また妊娠することで、花粉症みたいな症状が出てしまうことも。ひどくなると、くしゃみや鼻水が止まらなくて本当につらいですよね。
 

妊娠中は薬の服用にも注意が必要なため、妊娠前と同じような対策が取れないこともあります。そこで妊娠中の花粉症対策についてまとめました。参考にしてみてくださいね。
 

Sponsored Links

妊娠すると、花粉症みたいな症状が出る!?

妊娠すると、花粉症でも風邪でもないのに鼻水やくしゃみが出るといった、花粉症みたいな症状があらわれることがあります。
 

こういった症状が数週間続く場合は妊娠性鼻炎といって、ホルモンバランスが変化することで鼻の粘膜がうっ血したり、過敏になったりする症状が起きるといわれています。
 

またホルモンの変化が自律神経の乱れに影響して起きるともいわれています。
 

花粉症や、花粉症みたいな症状。赤ちゃんに影響はある?

くしゃみのときにかかる腹圧でお腹が張ったり痛みを感じたりすることがありますが、子宮の収縮が起きているわけではないので赤ちゃんへ直接影響することはないといわれています。
 

妊娠性鼻炎の場合、産後には自然におさまっていきますが、症状が長く続くとそれだけ母体にも負担がかかりますし何とかしたいですよね。
 

妊娠中の花粉症には免疫力アップで対抗する!

こういった花粉症や、花粉症みたいな症状には免疫力をアップさせることが有効です。ストレスや疲れがたまっていると自律神経が乱れて、アレルギー反応が強く出やすくなってしまいます。
 

バランスの良い食事と睡眠をしっかり取って生活習慣を整えること、ストレスをためないことなどが有効です。
 

またヨーグルトや乳酸菌を摂って腸内環境を整えるのも免疫力アップには効果的だといわれていますよ。
 

アレルギー源をシャットアウトして症状を抑える

くしゃみや鼻水はアレルギー源に対しての反応ですので、そもそものアレルギー源をシャットアウトするのも花粉症や花粉症みたいな症状への対策としては有効です。
 

外出の際は必ずマスクをしましょう。家に帰ってきたら服についた花粉やホコリを落として中に入りましょう。室内では拭き掃除をしてホコリや花粉を取り除き、空気清浄機などで空気をキレイにするのがおすすめです。
 

徹底的に原因物質を排除して、なるべく身体が反応を起こさないですむようにしましょう。
 

妊娠中に飲んでもいい花粉症の薬ってある?

妊娠中は基本的に薬の服用は避けた方がいいのですが、あまりに症状がひどい場合は医師に相談して薬を処方してもらうことができます。
 

ただしくれぐれも、薬局で買った薬などを自己判断で飲むようなことはやめましょう。
 

目薬や点媚薬は吸収されたとしても微量なので多くは問題ないと言われていますが、中には妊婦さんが使ってはいけないものもあります。
 

薬であることには変わりありませんので、できるだけ使わない方が無難です。けれどどうしても我慢できない場合は無理をしすぎず、医師に相談して薬を処方してもらいましょうね。
 

まとめ

妊娠すると、花粉症の症状がひどくなったり反対に軽くなったりすることがあります。
 

また、妊娠性鼻炎といってホルモンバランスの変化により鼻の粘膜が過敏になって、くしゃみや鼻水といった花粉症みたいな症状が出ることがあります。
 

できるだけ薬を飲まずに症状をやわらげるには、免疫力をアップさせることと、アレルギー源をできるだけカットするのが有効です。
 

免疫力を上げるためには、規則正しい生活をして、ストレスをためないようにすること。
 

また、外出時にマスクをしたり、室内では拭き掃除や空気清浄機などで花粉やホコリを減らし、症状をできるだけ抑えるようにしましょう。
 

妊娠中は基本的に薬は避けた方が良いのですが、ひどいようなら無理をせず、医師に相談して薬を処方してもらいましょう。
 

薬は自己判断で使うのは避けましょうね。服用はもちろん、目薬や点媚薬も妊婦さんは避けた方がいいものがあります。
 

Sponsored Links