妊娠中 結婚式

 

 

妊娠中結婚式に招待されたという方にとって、まず気になるのは服装や時期のことですよね。今はデザインを選べば、お腹が大きくても素敵に着られるドレスはたくさんあります。
 

また妊娠中に結婚式をすることになったという方もいらっしゃると思いますが、今は妊婦さんが結婚式を挙げるスタイルも増えていますので、ウェディングドレスについても素敵なデザインや、工夫がされているものはたくさんありますよ。
 

できれば負担の少ない時期を選んで、なるべく万全な状態で結婚式に出られるような工夫も必要ですね。
 

そういった工夫や、妊婦さんが結婚式に出る際の服装や靴についてまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。
 

Sponsored Links

妊娠中に結婚式にお呼ばれした場合の、服装や靴は?

妊娠初期の場合はそんなにお腹まわりを気にしなくていいので、妊娠前のフォーマルがあればそれをそのまま着てもよいでしょう。
 

ただし締め付けのきついものは身体に負担がかかって気分が悪くなったりすることもあるので、その場合は避けるのが無難です。
 

靴はペタンコが望ましいですが、結婚式という場を考えると式の間だけヒールを履くというのもいいかと思います。
 

体形にはそんなに変化がない時期なので、バランスを崩して転倒…といった心配はあまり必要ないかと思いますが気になる人はバレエシューズのようなペタンコの靴を選ぶのもいいかもしれませんね。
 

妊娠中期以降のお呼ばれの場合、服装や靴は妊娠前と変えましょう

妊娠中期以降は少しずつお腹が出てきますので、お腹まわりにゆとりがあるタイプじゃないと着られなくなってしまうこともあります。
 

おすすめは胸下に切り替えのあるエンパイア型のワンピースや、キャミソールドレスタイプのワンピースです。
 

お祝いの席らしい華やかさが出つつも、お腹まわりにゆとりがあって、妊婦さんに優しいデザインですよ。サイズは少し大きめを選ぶと、お腹で持ち上がってしまって、丈が短くなりすぎるのを避けられます。
 

また、お腹が大きくなってくるとバランスを崩しやすくなりますので、靴は必ずヒールのないものを選びましょう。
 

式場は場所によって足元がツルツルしたり、逆に絨毯敷きでフワフワしていたりすることも。ペタンコでもパールやビジューのついたデザインを選べば、足元が安全、かつ華やかで素敵ですよ。
 

妊娠中でも結婚式を諦めないで!

妊婦さんが結婚式を挙げるという場合も、今はカップルの4組に1組が妊娠中に結婚式を挙げるといわれていますし、妊婦さんにあわせたスタイルの結婚式はいくらでもありますので、妊娠しているからといって結婚式を諦める必要はないんですね。
 

また産後しばらくの間、数年は赤ちゃんのお世話にかかりっきりになります。仮に結婚式準備がつわりの時期とぶつかって、体調も悪いし正直結婚式どころじゃないわ…と思ったとしても、産後はもっとそれどころではなくなってしまいます。
 

産後の肥立ちが良ければいいですが、そうでない場合もよくあるんです。それプラス自分のことは後回しにして赤ちゃんのお世話をする生活になりますので、多少体調に不安があったとしても、赤ちゃんがお腹の中にいる間の方が結婚式を挙げるにはおすすめですよ。
 

妊娠中に結婚式を挙げるなら、どの時期がおすすめ?

妊娠がわかってから、結婚式までどのくらい日にちがあるかにもよりますし、選んでいられない場合もあるかと思いますが、一番おすすめな時期は比較的体調が安定している妊娠5ヶ月か6ヶ月ごろです。
 

この時期はつわりが落ち着いている場合が多いですし、まだそれほどお腹が出ているわけでもないので身体も動かしやすいですよ。
 

ドレスは着てみると案外重かったりするので、少しでも負担が少ないよう、体調がよくて動きやすい時期の結婚式がおすすめです。
 

妊娠中だと、花嫁はどんなドレスや靴がいい?

妊婦の花嫁さんが着るドレスは、式場の担当者に相談して、早めに大きめのサイズやマタニティOKのデザインを選んで押さえておきましょう。
 

式場に付属しているレンタルショップにサイズが合う好みのドレスがない場合は、ウェディングドレス専門店から貸し出ししてもらうことができる場合もあるのでその場合はプラン内容や料金体系が変わってくるケースもありますので、担当者との相談は必須になります。
 

背を高く見せたい場合、靴もヒールを選びたいところですが、妊娠時期にかかわらず、花嫁の靴は必ずヒールのないタイプを選びましょう。
 

妊婦とはいえ、結婚式は立ったり座ったりという場面も多いもの。できるだけ配慮してもらうとしても、万が一を考えて安全面を第一に考えましょうね。
 

具合が悪くなってしまったり、バランスを崩してしまったりということのないよう、転倒の危険性はなるべく減らすのがおすすめです。
 

まとめ

 
結婚式にお呼ばれされた場合の服装については、妊娠初期であれば締め付けのきついデザインでなければ、妊娠前のものをそのまま着てもいいですね。
 

靴も、ヒールのあるタイプを式の間だけ履くというのもいいでしょう。妊娠中期以降のお呼ばれには、お腹まわりにゆとりのあるエンパイア型かキャミソールドレス型のワンピースに、パールやビジューなどをあしらったバレエシューズなどを合わせるのがおすすめです。
 

妊娠中に結婚式をすることになった方は、式場の担当者に相談して、大きめのサイズやマタニティOKのウェディングドレスを早めに押さえておきましょう。
 

靴は万一に備えて、ヒールのないタイプを選びましょう。妊婦とはいえ、花嫁は立ったり座ったりといった場面も多いもの。なるべく身体に負担の少ないドレスや靴を選ぶことが大切です。
 

おすすめの時期は、比較的体調がよく、お腹もそれほど目立たない妊娠5ヶ月から6ヶ月ころの安定期です。選べるのであれば、この時期がおすすめです。
 

Sponsored Links