妊娠 温泉

 

 

妊娠中でも温泉にゆっくり浸かりたい、家族や友だちと温泉に行って思い出を作りたい、という妊婦さんも多いと思います。妊娠中って温泉に行ってもいいのか、迷いますよね。
 

ここでは、妊娠中の温泉入浴についてまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠したら温泉は入れる?

妊婦さんが温泉に入ってもお腹の赤ちゃんに直接影響を与えることはないといわれています。また、温泉にはいることでの切迫早産や流産の発症率に差はないようです。
 

妊娠中に温泉に入ってはいけないというのは根拠のない基準であることがわかり、2014年から環境省によって「妊娠中の入浴」が禁忌項目から削除されました。
 

また、温泉の効能・効果に糖尿病、肩凝りなどたくさん書かれていますが、その効果が医学的に証明されているものは少ないようです。
 

妊娠中はいつから温泉に行ける?

基本的には、この時期は絶対にだめ!というのはありません。しかし、妊娠初期はつわりなどで体調がすぐれないことがあるため、避けておくといいでしょう。
 

温泉は独特の香りや温度で気分が悪くなってしまうことがあります。体調が落ち着き、安定期に入ってからでも充分楽しめますから、妊娠中期から行くといいかもしれません。
 

つわりが全くないという人は、妊娠初期からでも温泉を楽しめます。
 

妊娠後期でも温泉はいい?

妊娠後期の中でも、特に36週を過ぎたらいつどこで産気づくかわからないので温泉はやめ、遠出することも避けましょう。
 

また、お風呂は転倒や血圧上昇を招きやすい場所なので、妊娠後期は温泉には向きません。お腹で足下が見えないので、ちょっとした段差でも転倒の危険性があります。
 

後期のトラブルは母子ともに命の危険に晒される可能性もあるので、妊娠後期はなるべく温泉は避けましょう。
 

妊娠中の温泉の注意点

妊娠中に温泉に入る場合は、なるべく1人で入浴しないことです。妊娠していると体内の血液量が増え、妊娠していない時よりのぼせやすくなっています。
 

万が一のぼせてしまった時のために、助ける人がいないと大変です。誰かと一緒に入浴するか、他の人も入浴している時にしましょう。
 

温泉は泉質によって足元がすべりやすくなっています。すべって転ぶとお腹の赤ちゃんにも影響がある場合があるので、すべらないように充分注意しましょう。
 

また、入浴後は体が冷えやすくなっています。風邪を引かないように、入浴後もしっかり体をあたためるようにしましょう。
 

妊娠中に温泉旅行に行く時の準備や計画

妊婦が温泉旅行に行く時には、休憩中心の計画を立てるようにしましょう。車での移動の際は1時間に1度休憩を挟むようにし、公共交通機関を利用する際も定期的に体を動かすようにします。
 

観光のスケジュールも通常の半分程度に抑えます。行きたいところはたくさんあると思いますが、たくさん詰め込んだスケジュールを立てるのは厳禁です。
 

そして、事前に宿泊施設近辺の産婦人科を調べておき、万が一の時に必要なので住所、電話番号、診療時間を確認しておきましょう。また、通常の荷物の他に下記の持ち物を持参しましょう。
 

  • 保険証
  • 母子手帳
  • 羽織る物やブランケット
  • 大きめのナプキン
  • マタニティマーク

ブランケットは空調が効きすぎている施設が多いため、冷え予防として夏場でも持ち歩くといいでしょう。
 

ナプキンは出血や破水の時に、マタニティマークは色々と配慮してもらえることもあるので持ち歩くといいと思います。
 

産後はいつから温泉に行ってもいい?

妊娠中はもちろん、赤ちゃんが生まれてから温泉旅行に行きたい!という方も多いのではないでしょうか。赤ちゃんとの旅行は、基本的には首が座ったら少しずつ外出や外泊もできるようになってきます。
 

ただ、赤ちゃんの体調などにもよるのでよく観察する必要があります。赤ちゃんを大浴場に入れるのは、周りの人への配慮もあるので、出来れば避けて家族風呂や部屋についているお風呂に入れましょう。
 

事前に施設付近の小児科を調べておくことも大切です。
 

まとめ

妊娠中でもリラックスして入りたい温泉。体調が良い時に、のぼせない程度にぜひ楽しんでくださいね。妊娠中の温泉も、産後はいい思い出になると思いますよ!
 

Sponsored Links