妊娠 体重管理

 

 

妊娠すると、やはり体重は増加していきます。食欲にまかせて食べていると、体重が増えすぎて出産時のリスクが上がってしまうことも…。
 

逆に増えなさすぎた場合もリスクがあることがわかっていますので、妊娠中は体重管理がとても大切です。
 

どんなペースで増えていくのが理想か、平均はどのくらいかなどの目安もまとめてみました。参考にしてみてくださいね。
 

Sponsored Links

妊娠中、体重が増えすぎるとどうなる?

妊娠中はホルモンの影響で食欲が増えたり、身体もエネルギーを蓄えようとしていたりで、どうしても体重が増えがちです。
 

ですが、しっかり食べないとと言われたりして栄養を取りすぎ、体重が増えすぎると、妊娠出産のリスクが上がってしまうことがわかっています。
 

体重が増えすぎると、むくみ、高血圧、尿たんぱくの症状が出てくる原因になります。
 

これらの症状がみられる妊娠高血圧症にかかった場合、胎児発育不全といって赤ちゃんの成長に支障が出てしまったり、胎盤早期剥離といって赤ちゃんが胎盤からはがれてしまったり、赤ちゃんがお腹の中で急に亡くなってしまうなどのリスクが出てきます。
 

また、妊娠糖尿病にかかると、赤ちゃんも太りすぎてしまい、出産時に難産になったり帝王切開になる確率が高くなってしまうことも。
 

これらの理由から、妊娠中の太りすぎは厳禁とされています。健診では、毎回体重や血圧測定、尿検査をされますが、これらはこういったリスクがないか確認するためのものです。
 

妊娠中は体重管理が大切な仕事です

また、最近は体重増加を気にしすぎるあまり、やせすぎの妊婦さんもたまにいらっしゃいます。
 

あまりにもやせていると、赤ちゃんに十分な栄養がいかず、低体重児が生まれる割合が高くなるというデータもあります。
 

低体重児は標準体重児よりも免疫力が低いことがあったり、身体器官が未成熟であったり、知能や運動能力などの発達に問題が出てきたりと産後のフォローが増えることがあります。
 

妊娠中は体重が増えすぎても減りすぎてもいけないようです。適正範囲におさめるための体重管理が必要なんですね。
 

体重管理は、いつから、どうやればいい?

体調が悪いときはそれどころではないので、つわりが落ち着いて、体調が安定したころから気をつけるようにしましょう。体重管理は、運動ではなく食事でするのが基本です。
 

妊娠前と違って、あまり無理なこともできなかったりでコントロールが難しいですが、食事日記をつけて量やバランス、時間などをチェックしたり毎朝起きてトイレに行った後に体重計に乗るなどすると、少しの増減に気づくことができて早めに手を打てます。
 

また塩分を取りすぎるとむくみのもとになるので、濃い味付けのものは避けましょう。また、食事食事と考えすぎてストレスになるのも避けたいところですね。
 

散歩やヨガ、マタニティスイミングなどでゆったりと身体を動かすと、気分もスッキリしていいですよ。
 

妊娠中の体重増加の平均、ペースは?

もともとのBMI値が平均値の方の場合、妊娠10ヶ月で7~8キロの体重増加におさめるのが目安です。
 

7~8キロの内訳としては、赤ちゃんが3キロ、胎盤や羊水で1キロ、大きくなった子宮や増加した血液などの体内循環量など母体の必要分が3~4キロです。
 

これを1週間あたりになおすと、200~300グラムのペースで増えていくのがほどよいペースです。500グラム以上だと増えすぎということになります。
 

食欲やストレスと上手につきあいましょう

妊娠中の体重管理はとても大切ですが、あまり気にしすぎて逆にストレスになり、食欲が増すということがあります。
 

お腹が大きくなって動きづらくなってくると、食べることがストレス解消ということもあると思います。
 

我慢しすぎると爆発してしまいがちなので、いかに食べるかがカギとなってきますね。
 

月に一度の健診のあとだけ好きなものを食べるなど、食欲と上手につきあってコントロールしましょうね。
 

まとめ

妊娠中に体重が増えすぎると、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病などのリスクにつながります。
 

逆に増えなさすぎても赤ちゃんによくない影響がありますので、適正な範囲で体重管理していくことが大切ですね。
 

BMI値が平均の方の場合、妊娠10ヶ月で7~8キロ、1週間で200~300グラムほどの体重増加が目安となります。
 

ですが、あまり数字を気にしすぎるとストレスでかえって食欲が増したりしますので、好きなものを食べていい日をつくるなど、食欲やストレスと上手につきあうのもコツです。
 

健康は守りつつも、お腹の赤ちゃんとゆったり過ごしたいものですね。
 

Sponsored Links