妊娠中 血糖値

 

 

健診の際に、血糖値が高いと医師から指摘されてしまった方は、結構多くいらっしゃいます。
 

妊娠中は特に血糖値が高くなってしまう原因があるのですが、リスクを避けるためにも正常な範囲にしておきたいですよね。
 

そこで妊娠中に血糖値が高くなってしまう原因や、血糖値を下げるにはどうしたらいいか、食事で改善する方法などをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

Sponsored Links

妊娠中に血糖値が高くなってしまう原因は?

妊娠中に血糖値が高くなってしまう原因の1つに、赤ちゃんへエネルギー源となるブドウ糖を運ぶから、というものがあります。
 

赤ちゃんへ優先的にブドウ糖を運ぶため、ママの胎盤からはインシュリンに抵抗するホルモンが分泌されます。
 

このホルモンの働きによって、糖分が母体に吸収されにくくなります。吸収されにくくなった分を赤ちゃんに回せるようになるんですね。
 

正常妊娠ではこの抗インシュリンホルモンに見合った量のインシュリンがまた分泌されるようになるので、拮抗作用により血糖値は正常に保たれますが、何らかの原因でわずかでも分泌量が足りなかったりすると、血糖値は高くなってしまいます。
 

また、赤ちゃんに必要な分以上に糖分を摂取した場合にも、ブドウ糖が余ってしまい、血糖値が高くなることがあります。これらの理由から、妊娠中はどうしても血糖値が高くなりやすいんです。
 

妊娠中の血糖値。高いまま放置してると、どうなる?

妊娠中はどうしても血糖値が高くなりやすいのですが、そのままでは妊娠、出産へのリスクが心配です。
 

母体の方には、羊水過多や早産、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症につながってしまうなどのリスクが高まることがあげられます。
 

赤ちゃんへの影響では、巨大児や胎児仮死、低血糖症、呼吸障害、先天性奇形などのリスクが高まってしまうことも。
 

妊娠糖尿病と診断される人は妊婦さんのおよそ8人に1人と言われています。けっして少ない確率ではないですね。
 

ですが妊娠中だし仕方ないなどといって諦めてしまわず、母体と赤ちゃんのためにも血糖値を下げるよう、頑張りましょうね。
 

妊娠中に高くなってしまった血糖値。下げるにはどうしたらいい?

まず普段、お菓子やジュースなどの甘いものを食べている場合は、それを減らすようにしましょう。
 

甘いものは飲み食いしてないという方でも、糖分の元となるパンやうどん、白米、あるいは果物が好きな方はそこが原因になっていることがあります。
 

小麦や白米などは精製された炭水化物で、食べるとすぐ消化されて糖分に変わってしまいます。果物に含まれる果糖も簡単に血糖値を上げてしまいます。ですのでそれらの摂取を控えめにしましょうね。
 

消化に時間のかかる、繊維質の多い野菜や海藻をサラダにしたり、たんぱく質などを積極的に取るようにしましょう。
 

食べ方も、1回の食事量を少なめにして回数を増やしたり、食事の最初に野菜や汁物を取るようにすると、血糖値が高くなるのを防ぐことができますよ。
 

血糖値を下げる食事って、どんなもの?

パンや小麦、果物などを避けるほかに、食事にはなるべく低GI値の食品を選びましょう。
 

GIとは、食品を食べた後の血糖値が上がるスピードを、数値であらわしたもののことです。低GI値の食品というのは、血糖値が上がりにくい食品ということなんですね。
 

砂糖や精製された白米、小麦を使った食品や、ジャガイモ、トウモロコシなどは高GI値、反対に、玄米や雑穀、全粒粉、オートミール、そばなど精製されていない食品は低GI値の食品です。
 

またお肉や魚、牛乳やチーズなどの乳製品、豆類も低GI食品です。雑穀米や全粒粉のパン、繊維質の多いもの、消化に時間のかかるものがだいたい低GI値の食品となるので、覚えておくと便利ですよ。
 

これらを参考にして献立に取り入れると、血糖値を適切な値に保つのに役立ちます。
 

ほかにもある!血糖値を下げる方法

妊娠中はあまりハードな運動は難しいですが、適度に散歩など軽い運動を取り入れると、血糖値が下がります。
 

運動だけで血糖値を下げようとするのは無理がありますが、軽い運動ならストレス解消や気分転換になって、食べることから意識がそれるのがいいですね。
 

また、食事や運動だけでなく十分な休息と睡眠が必要です。疲れや寝不足があると高血糖になりやすいと言われています。
 

まとめ

妊娠中は、赤ちゃんへ優先的に糖分を運ぶため、母体のホルモンバランスが変化します。その変化に何らかの原因で対応できなかったりすると、バランスが崩れて血糖値が高くなってしまいます。
 

また、赤ちゃんが必要な分以上に糖分を摂取すると、血中に糖分が余って、血糖値が高くなることも。
 

それらの理由で高くなってしまった血糖値を下げるには、糖分の元となる白米や小麦、果物などを避けて、食事に低GI値の食品を積極的に取り入るのが有効です。
 

また、食事の量を減らして回数を増やす、食事の最初に汁物や野菜を取るようにするのも血糖値を下げるのに役立ちますよ。
 

運動にも効果がありますが、妊娠中にそれだけで血糖値を下げるほど運動するのは無理がありますので、気分転換程度にしておきましょう。
 

ストレスや疲れ、睡眠不足も高血糖の原因となります。疲れをためないように、できるだけ横になってゆっくりと休むのも、血糖値を下げるのに有効ですよ。
 

Sponsored Links