妊娠 眠気

 

 

妊娠中、とくに妊娠初期に、やたらと眠くてしかたがないと感じた人は多いはず。この眠気、実はホルモンのなせるわざなので、妊娠中にはつきものといっていいほどなんです。
 

あまりの眠気に、いったいいつまで続くの?と戸惑ったり、仕事をしている人は困ったりすることも。
 

そこで妊娠中に感じる眠気について、いつから始まっていつまで続くのか、まとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠中に感じる眠気の原因は?

とくに妊娠初期に眠気を感じたという人は多いようです。妊娠初期に眠気はつきものと言っていいほどです。
 

この眠気、人によっては軽いものだったり強く感じるものだったりしますが、わりあい多くの人が感じている症状です。
 

どうして眠くなるのでしょう?実は妊娠すると分泌が増える、プロゲステロンというホルモンが原因なんです。
 

このホルモンは、排卵した後に残った卵胞から分泌されるホルモンで、ふだんも排卵後から生理前にかけて分泌されていますが妊娠してからはとくに分泌量が増えるため、より強く眠気を感じる人が多いようです。
 

妊娠中の眠気は、つわりの一種

妊娠すると分泌量が増加するプロゲステロンは、妊娠しやすくしたり妊娠を維持したり、乳腺を発達させるなど妊娠継続をサポートしてくれますが、副反応として眠気や頭痛、だるさやむくみ、イライラなどが引き起こされることがあります。
 

つわりの症状の多くはプロゲステロンの分泌量が増加するため起こると言われているので、眠気もつわりの一つといえますね。
 

つわりの一種なので夜どれだけ寝ても眠くなります。睡眠時間とは関係ないのです。
 

けっして怠けているわけではありませんので、思うように身体が動かなくても「ホルモンのせいだから仕方ない」と開き直ってしまったほうが精神衛生上よさそうですね。
 

妊娠中の眠気、いつからいつまで続く?

眠気の原因となるプロゲステロンは、妊娠してから分泌量が増え、胎盤が完成すると、胎盤から分泌されるようになります。
 

そこから徐々に分泌量が増加していき、妊娠8ヶ月くらいでピークに達した後、今度は低下していきます。
 

ということはプロゲステロンは、妊娠期間中、ほぼずっと分泌され続けているのですね。それで妊娠初期から感じるようになった眠気を、妊娠後期に入っても感じることがあります。
 

ただ妊娠初期は、妊娠前と身体が大きく変化する時期なので、慣れない変化に敏感になることがあります。
 

そういった理由からより強い眠気を感じやすい時期ですが、胎盤が完成するあたり、妊娠12週から16週頃までには落ち着いてくる人が多いようです。
 

妊娠中期や後期の眠気の原因

妊娠初期のような眠気を感じることはなくなっても、妊娠中期や後期に眠くなることはあります。妊娠中期には、つわりがおさまって食欲が増加し、食べすぎで眠くなることもあります。
 

また妊娠後期には、プロゲステロンではなくエストロゲンというホルモンの分泌量が増えてくるのですが、このホルモンには眠気をおさえる作用があります。
 

夜あまり寝られなくなる分、昼間に眠くなってしまいます。また、お腹が大きいと疲れやすくなるため、それにより眠気を感じる人もいるようです。
 

妊娠中に眠気を感じたら

できれば、寝てしまうのがベストです。身体のサインをしっかり受けとめて、休ませてあげましょう。
 

それでなくても、赤ちゃんを育てるために妊婦さんの身体はとても頑張っています。寝たいだけ寝て、身体を回復させるのも大切な仕事です。
 

とはいえ、家事に支障が出るほどだったり、仕事をしていたりする場合は、困ることもありますね。
 

仕事中ならガムをかんで口を動かしたり、ミントや酸っぱいレモン味などのアメを食べたりすると目が覚めます。トイレなどで10分だけでも仮眠をとったりするのもおすすめです。
 

ちょっと頑張って少しだけ体を動かすと目が覚めて、家事を進めることもできますよ。
 

まとめ

妊娠中に感じる眠気の原因は、プロゲステロンというホルモンの分泌が増えることによるものです。
 

とくに妊娠初期は、身体の変化に敏感な時期でもあるので、より強い眠気を感じやすい時期でもあります。
 

プロゲステロンは妊娠後期まで分泌されているので、後期まで眠気を感じることもありますが我慢できないほどの強い眠気は、胎盤が完成する妊娠12週から16週頃までにおさまってくる人が多いようです。
 

ホルモンのせいによる一種のつわりなので、状況が許すのであれば寝てしまうのが一番ですが、仕事など事情のある人はトイレで仮眠をとったりするといいですよ。
 

Sponsored Links