妊娠 刺身

 

 

妊娠中に食べる刺身には、食べていいものとだめなものがあるということをご存知でしたか?
 

実は刺身の中には水銀の含有量が多いものがあったり、刺身自体が生ものであるため食中毒のリスクがあったりするんです。
 

免疫力が落ちてしまう妊娠中は、食中毒にかかるリスクがどうしても高くなっています。水銀や食中毒の影響は、母体だけでなく胎児に及ぶことも。
 

妊娠中に食べていいものと食べてはだめなものをしっかりチェックして、安全な妊婦生活を送る際の参考にしてみてくださいね。
 

Sponsored Links

妊娠中は刺身を食べていいの?

妊娠前は何気なく食べていた刺身も、妊娠中に食べるのには少し注意が必要です。理由の1つは魚によっては水銀を多く含む魚があること
 

もう1つは、妊娠中は免疫力が下がってしまうので、普段より食あたりや食中毒にかかるリスクが高くなってしまうことです。
 

そういった理由から、妊婦さんは刺身をはじめとする生ものは基本的にNGとされていますが、これらのリスクがあることを頭において、食べていいものや摂取量を知っておけば、妊娠中でも刺身は食べられますよ。
 

魚には良質なたんぱく質や、DHA、カルシウムなどの栄養が含まれていますので、妊婦さんのためのバランスの良い食事にはある程度は必要なものです。
 

水銀の含有量が多めの、食べるときに気をつけたい刺身はこちら

金目鯛やメカジキ、マグロなどの深海魚や大型魚には、メチル水銀という水銀が他の魚より多く含まれています。これらの魚は食物連鎖の上位に位置しており、自分より小さな魚を食べるので、メチル水銀が他の魚よりも多く体内に蓄積されています。
 

少量食べた程度であれば問題ないとされていますが、メチル水銀を多く含む魚を「食べ過ぎた」場合、胎盤を通して胎児に水銀が運ばれ、それにより胎児の中枢神経の発達に影響が及んでしまう危険性があると言われています。
 

少量なら問題ないとされていますが、具体的にどんな刺身をどのくらいなら食べていいのか、知りたいですよね。そこで厚労省では、注意が必要な魚や妊婦が摂取してもいい上限量をお知らせしています。
 

メチル水銀がより含まれているとされる魚でも、1人前を1週間に1~2度くらいなら大丈夫だとしていますがこれらの魚を食べる場合、より詳しい食べ方が厚労省のお知らせにありますので、参考にしてみてくださいね。
 

妊娠中でも食べていい刺身には、どんなものがある?

サーモンは水銀の含有量が少ないので特に注意は必要ないとされています。ただ、水銀の心配はあまりなくても寄生虫などのリスクはあるので、できれば刺身よりはマリネや加熱したものを選ぶのがベターです。
 

アジやサバ、イワシ、サンマ、ブリ、カツオ、ツナ缶なども特には注意が必要でないとされています。これらを偏りがないように、バランス良く食べるのが妊婦さんの食事としては望ましいですね。
 

妊娠中は食中毒も怖い!胎児に及ぼす影響は?

妊婦さんが刺身を食べるのに注意が必要とされるもう1つの原因に、食中毒のリスクがあります。
 

これは症状が軽い場合なら数日安静にしていると良くなっていくそうですが、最悪の場合は流産や早産、死産につながる恐れが出てきます。
 

妊娠中は飲める薬も限られてきますので、刺身は必ず新鮮なものを選んで食べるようにしましょう。細菌が繁殖しやすい梅雨の季節などは、食べるものに必ず火を通したり、生ものを避けたりするのがいいでしょう。
 

トキソプラズマは、刺身を食べると感染する?

感染症の1つとして、トキソプラズマという名前を聞いたことがある妊婦さんも多いのではないでしょうか。トキソプラズマは、生ものにいることが多い寄生虫です。
 

生ものといっても哺乳類と鳥類に感染するため、魚の刺身からヒトに感染することはないと言われていますが例外としてクジラやイルカなどの海に住む哺乳類は、生食すると感染する可能性があります。
 

トキソプラズマの感染対策としては生肉など生ものを避けること、猫や公園の砂場をさわったら手をよく洗うことが大切です。
 

妊娠していないときに感染したことがある場合は、抗体ができているので心配ないとされていますが初めて感染した場合は、流産や死産、脳や目の障害など、その症状や重さは様々ですが、胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。
 

まとめ

妊娠中は、刺身を食べるときは少し注意が必要です。魚の中には水銀の含有量が多いものがあるので、食べていいものと食べてはだめなものがあるんです。
 

魚は栄養も豊富ですし、すべてを排除するのではなくてサーモンやアジ、イワシ、サンマ、ブリ、カツオなど特には注意が必要でないとされている魚を選んで、これらの刺身をバランス良く食べることが、妊婦さんの食事にはふさわしいですね。
 

感染症でよく聞くトキソプラズマは哺乳類や鳥類に感染する寄生虫のため、クジラやイルカなどの哺乳類を除いたお魚の刺身からは感染することはないと言われています。
 

刺身で注意が必要なもう1つの理由は、食中毒の危険性です。刺身は必ず新鮮なものを選んで食べるようにしましょう。
 

Sponsored Links