妊娠 鉄分

 

 

妊婦さんの3~4割がなると言われている、鉄分不足による貧血
 

妊娠中はどうしても貧血になりやすいのですが、健診でいきなり貧血を指摘されて、まさか自分が…とビックリされた方は多いのではないでしょうか。
 

鉄剤を飲めば鉄分不足による貧血は確実に改善が見込めますが、副作用も気になるもの。赤ちゃんのことも考えると、なるべく薬やサプリではなく、食べ物で改善したいところですよね。
 

そこで妊娠中の鉄分不足を食べ物で解消する方法をまとめてみました。体調が優れないときの簡単テクも紹介していますので、チェックしてみてくださいね。
 

Sponsored Links

妊娠中は、鉄分不足になりやすいんです

妊娠すると、赤ちゃんに優先的に鉄分などの栄養素が運ばれていきますので、母体の方には不足しがちになります。特に妊娠後期になると、出産に備えて体内循環量を増やそうと、血液量が増えるんです。
 

ですが実際に増えているのはほとんどが水分であるため、どうしても鉄分の薄い血液になって、貧血症状が起こってしまいます。
 

あまりにも貧血がひどいまま出産を迎えると、分娩の際の出血量が多くなってしまいます。出血多量は、母体にも赤ちゃんにも相当な負担をかけます。
 

また陣痛がつきにくかったりして、難産につながりやすくなりますので、出産までに少しでも改善しておきたいところですね。
 

妊娠中は、どのくらいの鉄分摂取量が必要なの?

妊娠していない時でも、女性は毎月の生理があるため、意識して鉄分を摂らないと貧血になりがちです。
 

これがさらに妊娠すると赤ちゃんの分まで必要になるので、普段からかなり気をつけて積極的に摂取していないと、鉄分不足になってしまいやすいようです。
 

具体的には、一日に必要な鉄分の摂取量は、妊婦さんでは20ミリグラムです。
 

標準的な食事にはおよそ10ミリグラムの鉄分が含まれていると言われていますが、妊娠中だともっと鉄分を多く含む食材を取り入れないと20ミリグラムには届きませんね。
 

鉄分不足を食べ物で解消するには?

鉄分が比較的多く含まれている食材を、かたよりのないように食事に取り入れましょう。
 

鉄分が多く含まれているのは、肉系ではレバーや赤身肉、魚介ではあさりや煮干、それから卵、野菜ではほうれん草、小松菜、豆類では納豆、枝豆などです。これらを毎日の食事にバランスよく、積極的に取り入れましょう。
 

あさりはお味噌汁にすると飲みやすく、煮干は、そのまま食べられるタイプで塩分が含まれていないものを選ぶとおやつがわりにポリポリ食べられますよ。
 

フライパンを鉄製のものに替えたり、鉄製のやかんでわかしたお湯でノンカフェインティーを淹れて飲むのもいいですね。
 

組み合わせに注意!鉄分の吸収率を上げるもの、下げるものがあります

鉄分は、たんぱく質やビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップします。
 

赤身のお肉を鉄のフライパンで焼いて、レモン汁をかけて食べたり、あさりのお味噌汁を飲んで、つけあわせのサラダにビタミンCの多い野菜であるブロッコリーやパセリを入れると効率よく鉄分を吸収できます。
 

副菜にほうれん草のおひたしやお豆腐の冷奴をつけて、デザートにミカンなどビタミンCを含むものを摂るのもいいですね。
 

ちなみに、食後のコーヒーや緑茶は鉄分の吸収を阻害してしまいます。飲みたい場合は、せっかくの鉄分を逃さないよう、食後すぐではなく時間を空けて飲むようにしましょう。
 

妊娠中は体調が優れないことも。そんなときのカンタン鉄分摂取法はこれ!

毎食、鉄分を意識した食事を用意するとなると、買い物や調理がかなり大変になってしまうことも。
 

妊娠中は体調が優れないことも多いですから、そんな時のために鉄分を簡単に摂取できるワザをいくつかご紹介しますね。
 

おすすめなのは、ドラッグストアなどにある赤ちゃんコーナーの、離乳食やおやつです。
 

鉄分が多く含まれているレバーペーストが粉末状になってスティックに入っているものや、ビンに入っているもの、またおやつとしてクラッカーやビスケットにレバーが入っているものがあります。
 

レバーは独特の風味がありますが、粉末やビン入りペーストを使ってお味噌汁の最後の一口に混ぜて飲むとか、肉じゃがの最後の一口に合わせて食べるなどすると、比較的簡単に食べられますよ。
 

お好み焼きを作るときに混ぜると、独特の風味もあまり気にならず、食べやすくなります。
 

また赤ちゃん用の横には、マタニティ用のものが置いてあることが多いようです。鉄分の入ったキャンディやクッキーをおやつに食べるのもいいですね。
 

ただし、おやつだけで鉄分を摂ろうとするのはおすすめできません。糖分やカロリーが多くなってしまいますので、あくまでも食事の補助として使いましょうね。
 

まとめ

妊娠中は赤ちゃんに優先的にまわしたり、血液循環量が増えたりすることで、どうしても鉄分が不足しやすいもの。
 

なるべく薬やサプリに頼らず食べ物で鉄分不足を改善するには、鉄分の多い食材である赤身の肉やレバー、あさりや煮干などの魚介類、卵、ほうれん草、小松菜などの野菜、納豆や枝豆など豆類をまんべんなく食事に取り入れましょう。
 

鉄分はたんぱく質やビタミンCと一緒に摂ると吸収率が上がりますので、鉄分とセットで摂るようにしましょう。
 

一方、コーヒーや緑茶と一緒に摂ると吸収率が下がってしまうため、飲みたいときは食事から時間を空けて飲むようにしましょうね。
 

やかんやフライパンを鉄製のものに替えたり、ベビーフードや赤ちゃん用、マタニティ用のおやつを取り入れると簡単に鉄分が補給できます。
 

できるだけ鉄分不足を解消して、赤ちゃんにも母体にも負担の少ないお産を迎えましょうね。貧血が改善すると、産後も楽に育児ができますよ。
 

Sponsored Links