妊娠 空腹 吐き気

 

 

妊娠すると、やたらと空腹感を感じるようになることはありませんか?さらに、空腹になるたびに気持ち悪くなって、吐き気がするという方も。
 

これは食べていないと気持ちが悪くなる、いわゆる食べづわりと言う、れっきとしたつわりの症状なんです。
 

つわりと言うと、食欲がなくなる、食べようとしても吐き気がして食べられない…というイメージがありますが、こういうタイプのつわりもあるんですね。
 

この食べづわりについて原因や対処法などをまとめてみました。つらいつわりの時期を乗り切るヒントにしてみてくださいね。
 

Sponsored Links

妊娠すると空腹を強く感じる?

妊娠前に比べて、やたらお腹がすくようになる妊婦さんは多いです。
 

その理由は、成長を続ける赤ちゃんに栄養を送るため。それから胎盤の形成など身体の変化にともなって、母体のほうにもたくさんのエネルギーが必要となるためです。
 

また妊娠するとインシュリンという血糖値を下げる働きのあるホルモンの分泌量が増えます。
 

血糖値が下がると空腹を感じるため、妊娠すると空腹を感じるというのは、もはや生理現象といってもいいくらいなんですね。
 

空腹を感じると吐き気がする。これも妊娠によるつわり症状です!

妊娠中、空腹になるたびに気持ち悪くなって吐き気がするという方も多くいます。これは食べづわりといって、つわりの一種なんですね。
 

つわりというと食欲がなくなって食べられなくなるイメージがありますが、食べていないと気持ち悪くなるパターンのつわりもあるんです。
 

食べていないと胃がムカムカしてくるため、とにかく常に何かを口に入れておきたいところですが、赤ちゃんのことを考えると何でもかんでも食べればいいというわけにはいかなそう…。
 

そんな時におすすめの食べ方や食べ物をご紹介しますね。
 

妊娠中でも安心!空腹を上手に満たしてくれる食べ物

  • 温かいスープやお味噌汁(具沢山にするとかみごたえがあって、さらに満腹感がアップ)
  • おにぎりやビスケットを、温かいお茶や牛乳などと一緒にゆっくり食べる
  • ナッツや煮干し類(かみごたえがあって、なおかつ栄養的にも優れている。妊娠中に率先して取りたい栄養素が豊富!)
  • ガムや飴、ゼリーなどのカロリーが低くて水分が多いおやつ
  • 炭酸水や温かいハーブティー、たんぱく質が多く含まれている豆乳もおすすめ

これらは、腹持ちがよかったり栄養があったりして、ちょこちょこ食べにはぴったりの食べ物です。
 

お出かけのときにバッグに入れておくと、出先で空腹を感じて気分が悪くなりそうなときも安心ですね。
 

食べ方にもひと工夫して、つわり対策を!

一回の食事量を減らして、食事の回数を増やしましょう。血糖値を下げないようにちょこちょこ食べるイメージです。
 

ただし一回の食事量を減らすのがポイントです!ここを気をつけないと、食事回数が増えるぶん、一気に体重が増えてしまいます。
 

また、お腹がすくとラーメンや丼物など炭水化物ばかりガッツリ食べたくなることがありますが、炭水化物だけでお腹いっぱいにしてしまうのはあまりよくありません。
 

炭水化物にお肉や魚、豆腐など豆類などのたんぱく質をあわせて取ると、腹持ちがよくなりますし、満足感もアップしますよ。
 

また食事の前に汁物や野菜を食べることで、血糖値の急激な上昇をやわらげることができます。
 

急激な上昇をしないということは、急激な下降をしないということ。ジェットコースターのような血糖値の急激な下降は食欲を大きくしますので、血糖値を上げすぎない工夫も大切です。
 

どうしても空腹感がおさまらないときは

食べづわりという言葉がなかった頃は、ストレスで過食になっているのかと思った妊婦さんもいるほど、妊娠中の空腹感はなかなかおさまらないこともありますよね。
 

そんな時は、いったん気分転換するのもおすすめです。手芸などで手を動かしたり、散歩に出かけたり、図書館に行って好きな雑誌を眺めたりするといったん空腹を忘れることも。
 

手や身体を実際に動かすのがポイントです。ネットやDVD鑑賞など、目だけを使う作業だと何か食べながら…となってしまいがち。
 

また外に出れば家にいるときほどは手軽に食べられないので、食べることを忘れやすくなりますよ。
 

まとめ

妊娠すると、赤ちゃんに栄養を運んだり、身体やホルモンバランスの変化によって、やたらと空腹を感じるようになります。そして空腹になるたびに気持ち悪くなったり吐き気がするということがあります。
 

これはつわりの一種で、食べていればおさまるため常に何か口に入れておきたくなりますが、赤ちゃんのためにも何でも食べればいいというわけではありません。
 

温かい汁物やおにぎり、ナッツ、煮干し、ガムや飴などをちょこちょこつまんでおくと、空腹がまぎれて吐き気もおさまります。
 

また一回の食事量を減らし、その分の食事回数を増やしてちょこちょこ食べるようにしたり、食前に汁物や野菜を食べると、急激に血糖値が上がってしまうのを防ぐことができて食欲コントロールにつながりますよ。
 

どうしても空腹がおさまらないというときは、思いきって外に出たり、手や身体を動かして気分転換してみるのもおすすめです。
 

つわりはいつか必ずおさまります。それまで、上手に工夫して乗り切っていきましょうね。
 

Sponsored Links