妊娠中 貧血 原因 対策

 

 

妊娠中に、貧血に悩まされる妊婦さんは多くいます。めまいや息切れ、立ちくらみなどの症状があらわれると、日常生活もつらくなってしまいますね。
 

また、自覚症状はなくても血液検査で指摘されて初めて気づく妊婦さんもいらっしゃいます。
 

ほうっておくと、出産や産後にも影響が出てしまうこともある貧血を改善するため、原因と対策をまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠中に貧血になってしまうのはなぜ?

妊娠すると、赤ちゃんへ栄養や酸素を運ぶために体内で血液がどんどんつくられていくのですが、このとき血漿成分が多くなります。血漿成分とは、血液の中でも水分の部分のこと。
 

水分が多くなれば、血液がサラサラと流れやすくなるので、血液循環がスムーズになるのですが血液が増えるといっても赤血球が増えているわけではないので、水分で薄まったぶん、貧血になりやすくなります。
 

妊娠初期は妊娠前のおよそ1.5倍、中期以降はおよそ2倍の鉄分が必要になります。
 

妊娠中の貧血の場合、そのほとんどが鉄欠乏性貧血といって、鉄分が不足することによって貧血になることが多いようです。
 

妊婦さんの約4割が貧血になるというデータもありますし、妊娠中は特に鉄分が不足しやすいもの。貧血対策を知っておいて損はないですね。
 

妊娠中の貧血、どんな症状が出る?

貧血になると、めまいや立ちくらみ、動悸、息切れ、だるい、しびれや冷や汗をかくなどの症状があらわれてきます。また、歯茎の出血や鼻血なども貧血の症状ですが、中には自覚症状がない場合もあります。
 

お腹が大きくなってくると、息切れやだるさを感じても、妊娠中だからだろうと思って貧血を疑ったりはしないことも。健診で受けた血液検査で初めて、貧血を指摘されて気づくという人も多いようです。
 

貧血をそのままにしておくと、出産の際の出血量が多くなってしまったり、陣痛や分娩が長時間になったり、産後の体力の回復も遅れがちになるなど、出産時や産後にトラブルが起こりやすくなってしまいます。
 

また、赤ちゃん自身に貧血があらわれてしまうこともあるため、しっかり対策をとって改善していきましょうね。
 

貧血対策には、どんなものがある?

血液検査で貧血を指摘されるのは、血液中のヘモグロビン濃度が1dlあたり10.5グラム以下になったときです。
 

この数値も二桁台であれば、食事で気をつけましょうねという話ですみますが、一桁台になると病院で鉄剤が処方されます。
 

ですが、鉄剤は便が黒くなってしまったり、吐き気を感じたり、便秘がちになってしまったりと、あまり嬉しくない副作用もあります。
 

便秘をやわらげるためのマグネシウムや胃腸薬を処方されたりなど、副作用のためのお薬も出ることもあるので、お薬をたくさん飲むことになってしまうことも。
 

そういったことを避けるため、数値的にそれほどひどい貧血でないのであれば、できれば食事で鉄分を多くとっていきましょうと指導されることが多いようです。
 

また、服用がきつければ注射を打ってもらったり、点滴で鉄分をダイレクトに入れてもらったりすることもあるようです。
 

妊娠中の貧血対策

鉄分が多く含まれる食材といえば、ほうれん草やレバーなどがあげられます。ですが、これらを毎日たくさん食べるのは、なかなか大変なものがありますよね。
 

また、特定の食べ物ばかり食べるというのも妊婦さんの食事としてはあまり良いものではないため、食べ物をローテーションしたり、これからご紹介するいくつかの方法を組み合わせたりするといいですよ。
 

ドラッグストアなどに行くと、マタニティやベビーコーナーに鉄分入りのウエハースやグミ、クッキー、サプリなどがよく置いてあります。
 

これらをおやつに取り入れましょう。ただし美味しいからといって糖分やカロリーを取り過ぎないように、食べすぎには注意が必要です。
 

また、ベビーフードなどのコーナーにはレバーペーストのビン詰めや粉末状になったレバーが何本か入った商品も売られています。
 

こういったものを活用して、ペーストをプレーンなクラッカーにのせて食べたり、粉末ならお好み焼きやパンケーキを焼くときに混ぜてみたり、シチューやカレーに入れたりするのもいいですよ。
 

ほか、おすすめは、やかんやフライパンなどを鉄に替えることです。鉄のやかんでお湯をわかしてお茶をいれたり、炒めものを鉄のフライパンで作ると、それだけで鉄分がとれますよ。
 

せっかくの鉄を逃がしたくない!あわせてとりたい、貧血対策

ビタミンCもあわせてとりましょう。鉄の吸収率が上がります。飲み物にレモンをしぼったり、果汁ジュースを混ぜると飲みやすくなりますよ。
 

また葉酸やビタミンB12は、鉄分を作るのに大切な栄養素です。これらが含まれるほうれん草や赤身の肉をとると、造血効果が期待できます。
 

コーヒーや、緑茶、紅茶に含まれるカフェインやタンニンは、鉄の吸収を妨げてしまいますので、鉄分をとるときは避けましょう。
 

どうしてもの場合は、食後30分以上はあけてから飲みましょうね。
 

まとめ

妊娠中は血液循環量を増やして赤ちゃんへ酸素や栄養を届けるため、血液が多く作られます。このとき増えるのは赤血球ではなく血漿と呼ばれる水分のため、妊婦さんはどうしても貧血になりがち。
 

貧血になると、めまいや立ちくらみ、鼻血などの出血、息切れなどの症状があらわれますが、特に自覚症状を感じない人も。
 

血液検査でヘモグロビン数値が10.5g/dl以下になってしまうと、貧血と診断されて食べ物による改善を指導されますが、この数値が一桁台になると、鉄剤が処方されるようです。
 

食事による対策としては、ほうれん草やレバーなど鉄が多く含まれる食べ物をとりつつ、鉄分入りのおやつを取り入れたり、鍋やかんを鉄に替えたりなどすると、偏らず鉄分がとれますよ。
 

また、せっかくとった鉄をしっかり吸収できるよう、ビタミンCもあわせて取りたいもの。コーヒーや緑茶、紅茶は鉄の吸収を妨げてしまうので、好きな方は食後30分はあけて飲むなど、工夫しましょうね。
 

Sponsored Links