妊娠 高温期

 

 

妊娠ととても深い関係のある、高温期。基礎体温で言う高温期に入るあたりで排卵が起こりますし、高温期が続くということは、生理がまだこない、つまり妊娠の可能性があるということになります。
 

そこで妊活中は特に大事になってくる高温期について、まとめてみました。
 

Sponsored Links

高温期って何?

そもそも、高温期って何でしょう?1つの生理周期の中では排卵日を境に、体温がグッと上がります。これが高温期です。
 

高温期の間に妊娠が成立しなければ、体温はガクッと下がって次の生理がきます。排卵日ごろから生理前までの、この高温期の間は、妊娠のための期間ともいえます。
 

高温期に体温が上がるのは、黄体ホルモンと呼ばれる、妊娠を維持継続させるホルモンが分泌されているからなので高温期が続くということは、妊娠の可能性があるということになるんです。
 

妊娠を目指すなら、基礎体温は大切です!

高温期は妊娠と関係が深いことがわかりました。また高温期だけでなく、生理から次の排卵までの体温が低くなる時期、低温期も同じくらい大切です。この2つの期間を交互にくり返すのが、正常な生理周期なんです。
 

自分の生理周期を知るためにも、基礎体温を普段からつけておけば、排卵日をある程度予測したり、高温期の期間を知ったりするのに役立ちます。
 

妊娠がわかった場合、病院へ受診する際も、基礎体温表があれば持参してくださいと言われるところもあるくらいです。
 

基礎体温の低温期と高温期の差は0.3度以上とされているので、普通の体温計ではなく、目盛の細かい婦人体温計で測りましょうね。
 

高温期って、いつからいつまで続くの?

妊娠していない場合は、高温期は排卵前後あたりから次の生理がくるまでの間となります。この高温期の期間は、どの人もおよそ14日とほぼ一定ですが、12~16日であれば正常範囲とされています。
 

生理周期に個人差があるのは、低温期がどのくらい続くのかによるんですね。
 

妊娠しているときの高温期って、いつまで続く?

妊娠しているときは、基礎体温は下がらず高温期がずっと続きます。このとき子宮内では、排卵から24時間以内に受精した受精卵が、1週間ほどかけて分裂をくり返します。
 

さらに1週間ほどかけて、子宮内膜に移動し着床が完了します。着床が完了するのは、ちょうど生理予定日のころです。この間、妊娠が継続されているので、黄体ホルモンにより高温期も維持されています。
 

生理予定日をすぎても高温期が続くようなら、妊娠の可能性は高まってきます。
 

妊娠がわかってからも高温期はしばらく続き、一般的には、妊娠12~15週あたりから少しずつ基礎体温は下がってくるといわれています。ちょうど安定期といわれるころまでは高温期が続く場合が多いようですね。
 

高温期が生理予定日を過ぎても続くようなら、妊娠を疑いましょう

高温期が続いていることで、ボーっとしたり、微熱のときのだるさを感じたりすることがあります。そこで風邪かな?と勘違いして、うっかり風邪薬を飲んでしまう妊婦さんは意外と多くいます。
 

妊娠がわかる前の超初期の段階であれば、胎児への風邪薬の影響はないとされていますが、薬は飲まないにこしたことはありません。
 

生理予定日を過ぎても高温期が続くようであれば、まず妊娠を疑って、きちんと自衛しましょうね。
 

まとめ

ちょうど排卵日あたりから、基礎体温が上がって高温期に入ります。高温期の期間は、どの人も一般に14日とされていますが、正常な範囲は12~16日です。
 

なので妊娠を目指すなら基礎体温をつけて、自分の高温期に入るタイミングや期間を知ることが大切です。
 

妊娠していない場合は、高温期が終わると体温が下がって生理がきますが、妊娠している場合は生理予定日を過ぎても高温期は続きます。
 

高温期が続くと熱っぽさを感じたりだるくなったりしやすいので、安易に薬を飲まないように気をつけましょうね。
 

Sponsored Links