妊娠の初期症状と風邪の見分け方に悩む女性

 

 

風邪かな?と思っていたら実は妊娠していた!そんなこともあるくらい、妊娠の初期症状と風邪の症状って、よく似ているんです。
 

違いをしっかり見極めて、うっかり薬など飲んでしまわないように気をつけたいですね。
 

Sponsored Links

妊娠の初期症状って、どんな症状?

妊娠してホルモンバランスが変わると、妊娠前とは違い身体には様々な症状が出てきます。
 

妊娠によって起こる身体の初期症状には、こんなものがあります。
 

微熱、吐き気、身体のだるさ、眠気、出血、おりものの変化、胸の張りや腹痛、肌荒れ、鼻水など。
 

妊娠しそれが継続していることによって、排卵日後もずっと高温期が続きます。
 

すると微熱が続いて、身体がだるくなったり眠くなったりすることもあります。
 

胃がムカムカして吐き気を感じる方も。
 

ほかには着床したときに少量の出血があったり、おりものの質や量が変化することもあります。
 

それからホルモンバランスの変化によって胸の張りや腹痛を感じる方も。
 

自律神経が乱れてしまい、肌荒れを起こしたり、鼻の粘膜が腫れて鼻づまりや鼻水、クシャミなど鼻炎症状が出る方もいます。
 

妊娠の継続と出産に向けて、身体はどんどん変化して多様な症状があらわれてきます。
 

一方、特に身体には何の変化も見られない方もいます。
 

妊娠初期症状と風邪の症状は、似ている

咳や鼻水が止まらない妊娠初期の女性

風邪かな?と思った場合。
 

熱が出てぼーっとしたり、関節や喉が痛くなったり、咳や鼻水が出たりします。
 

免疫力も低下して、胃腸も弱ってしまい、吐き気や食欲が低下することもあります。
 

妊娠している場合の初期症状と、とてもよく似ていますね。
 

これでは、てっきり風邪だと思って薬を飲んでしまった!という人もいてもおかしくありません。
 

どうやったら見分けられるのでしょう?
 

単なる風邪か妊娠の初期症状なのかを見分ける

身体に出てくる症状はとてもよく似ている、妊娠の初期症状と風邪の症状。
 

けれど原因はそれぞれまったくと言っていいほど、違うのです。
 

妊娠の場合は、原因はホルモンバランスの変化や、自律神経の乱れによるものです。
 

ホルモンバランスの変化によって、身体に症状があらわれるのです。
 

風邪とは違って身体がウイルスに感染したわけではないので、妊娠の場合、喉の痛みや咳は出ません。
 

咳は、進入したウイルスを外に追い出そうとする身体の働きです。
 

風邪と間違えないために

普段の自分の体調をなるべく把握しておくのは大切なことです。
 

風邪かな?と最初に思う症状は人それぞれ。
 

寒気が出たり発熱したり、咳や鼻水が出て風邪かな?と思う方もいます。
 

それとあわせて、婦人科系の観点から自分の体調を把握しておくこともお忘れなく!
 

生理予定日や性交渉の日にちなど、だいたいのところでいいので、ちょっと覚えておくだけでもそういえば生理が遅れている、性交渉が排卵日前後だったなど、妊娠の可能性にも気づきやすくなります。
 

微熱やだるさ、鼻水などの症状が出て風邪かな?と思っても、そういえば生理予定日はいつだっけ、と思い出すきっかけにもなります。
 

もしかして妊娠の初期症状かも?と思ったら

薬を飲むのはやめましょう。
 

初期に飲んだ薬の影響を受けることはないと言われていますが、余計なリスクを避けるためにも、できれば飲まないにこしたことはありません。
 

妊娠すると、飲酒や喫煙、カフェインを控えるなど生活スタイルが大幅に変わります。
 

生活スタイルを見直す、いいきっかけになりますね。
 

サプリメントも医師に相談して、指示をあおぐのがいいでしょう。
 

まとめ

妊娠の初期症状と風邪の症状は、一見とてもよく似ています。
 

そのため、うっかりいつもの風邪だと思って見過ごして無理をしたり、薬を飲んでしまったなどということを避けるためにも、普段から自分の体調を気にかけて観察、必要に応じてメモなどしておくといいですね。
 

生理予定日や性交渉の日にちも、ちょっと気をつけて覚えておくと後で役に立つことがあります。
 

様々な角度から体調を見ることで、初期の段階で妊娠に気づくことができますよ。
 

Sponsored Links