妊娠 肌荒れ

 

 

妊娠がわかり喜びもつかの間、急に肌の調子が悪くなり悩む妊婦さんはとても多いです。妊娠前までは肌トラブルがなかった人でも、妊娠してから急に肌の質が変わり荒れる人もいます。
 

妊娠中といえど、できるだけ綺麗な肌でいたいですよね。そこで今回は、妊娠中の妊婦さんの肌荒れ原因や症状、その対策をまとめました。
 

Sponsored Links

妊娠中の肌荒れの原因

妊娠中の肌荒れの一番の原因は、ホルモンバランスの変化です。ホルモンバランスの乱れによって、肌の水分量が崩れやすくなります。そして肌がとても敏感になるのです。
 

しかし赤ちゃんの成長に必要なホルモンが分泌され、出産まで分泌され続けるのでホルモンバランスの乱れは妊娠中につきものなのです。
 

さらに妊娠中は赤ちゃんへ水分がいってしまうので、母体の水分不足により肌荒れが起きる機会が増えてしまうのです。
 

妊娠中の肌荒れの症状?乾燥、かゆみ

皮膚が乾燥し、粉を吹いたりかゆみを伴うことがあります。妊娠中のかゆみはお風呂に入った時や布団に入った時など、体が温まるとかゆくなりやすいのが特徴です。
 

これらのかゆみの症状が出産まで続くことがあり、妊娠掻痒症といい、妊娠した女性の2~3%がなるといわれています。
 

実際にライターの私も妊娠初期はあらゆる場所が痒くなりました。普段は痒くなることがない腕や脚、胸とくに乳首のかゆみがひどく、産婦人科で塗り薬を処方してもらいました。
 

かゆみのトラブルは非常に多くの妊婦さんが経験するようです。
 

妊娠中の肌荒れの症状?にきび、吹き出物

妊娠中、特に妊娠初期にはにきびや吹き出物に悩まされることがよくあります。プロゲステロンというホルモンが増加することが一つの原因です。
 

今までにきびに悩まされることがなかった人でも、いきなり顔や体に出来てしまうことがあります。
 

妊娠15週目以降になると、エストロゲンの値が急上昇しプロゲステロンの分量を上回るためにニキビは改善してくることが多いです。
 

妊娠中の肌荒れはいつまで続く?

肌荒れは時期や症状も人それぞれ異なりますが、だいたい妊娠初期から始まり、妊娠中期にはおさまることが多いと言われています。
 

妊娠中期になると胎盤が完成し、ホルモンバランスも少しずつ落ち着いてきます。また、つわりがおさまり水分をとれるようになることでも肌荒れが良くなる傾向にあります。
 

妊娠中のにきびはおでこにできやすい?

妊娠初期のにきびは、おでこに出来る人が多いようです。もちろん人によって出来る場所は様々ですが、寝不足やストレス、ホルモンバランスの乱れによってできるにきびは、おでこに出来ることが多いのです。
 

妊娠初期は身体がめまぐるしく変化し、つわりがある人もいるでしょう。突然の変化により心身ともに、多少なりとも負荷がかかっているのです。
 

出来る限り睡眠をしっかりとり、身体を休める時間をとるよう心がけましょう。
 

妊娠中の肌荒れ対策

簡単なようで難しいかもしれませんが、1番は規則正しい生活を送ることです。22時から2時までは、成長ホルモンが出て肌の補正をしてくれる時間です。できればその時間にしっかり眠っていることで、肌荒れを改善することができます。
 

また、つわりが酷いと難しいですがしっかり水分を取りましょう。どうしても妊娠中は赤ちゃんにも水分を送るため、母体が水分不足になりがちです。身体が乾燥していると、かゆみなどの原因になります。
 

そして入浴後はしっかり保湿することがとても重要です。かゆみも、にきびや吹き出物、皺なども、乾燥が原因であることが多いのです。肌をしっかり保湿してあげることで、肌の調子が整い改善していきます。
 

まとめ

妊娠中、とくに妊娠初期は肌トラブルが非常に多い時期です。急な身体の変化で戸惑うこともあるでしょう。不安な気持ちを発散しつつ、保湿や生活習慣で肌トラブル予防してみてくださいね。
 

Sponsored Links