妊娠 口内炎

 

 

妊娠中は免疫力が低下したり体調がすぐれないことも多いもの。赤ちゃんに栄養を取られて、自分には不足しているなんてことも。口内炎は、そんなときにできやすいんです。
 

特に妊娠超初期、妊娠初期はホルモンバランスが急激に変化するため、口内炎ができやすく、痛みに悩まされるママも多いようです。妊娠生活を快適に過ごすためにも、口内炎の対処法などをまとめてみました。
 

Sponsored Links

なぜ妊娠すると口内炎ができやすくなるの?

口内炎ができる原因はいくつかありますが、ホルモンバランスが急激に変化して免疫力が下がることや、赤ちゃんに優先的に栄養がいくためママが栄養不足になりやすいこと、それからつわりの症状があるとものを食べられなくなったり、歯磨きができなくなったりして口腔内の環境が悪化することなどがあげられます。
 

妊娠すると、すべての方ではありませんが、口内炎ができやすい環境になってしまうようです。
 

妊娠超初期症状の1つとして、口内炎ができることも

妊娠すると口内炎ができやすいって言うけど、いつからできるの?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。実は妊娠超初期症状として、口内炎ができることがあります。
 

妊娠超初期の時点から、身体は赤ちゃんを育てるために急激に変化して、摂取した栄養のほとんどを赤ちゃんに送るようになります。
 

そのため体内では粘膜を守る働きをするビタミンBが不足して、口内炎ができやすくなってしまうんです。
 

妊娠中でも使える!口内炎パッチ

痛くてものがかめなかったり、喋りにくかったり、つばを飲み込むのも痛かったりして、なんとか早く治せないかと思うこともありますよね。
 

そんなときに使いたくなるのが薬ですが、口内炎に塗る薬として有名なケナログにも、ステロイドが含まれています。そこでおすすめなのは、口内炎パッチです。
 

口内炎パッチは、口内炎にペタッと貼るだけのシールタイプの薬です。ムラサキという植物の根から抽出した「シコンエキス」という生薬成分が、炎症をしずめて粘膜を修復してくれるんです。
 

万一はがれて飲み込んだとしても、排出されてしまうので安心です。5歳の子供から使えるので、妊婦さんにもおすすめですよ。
 

口内炎が舌にできることも!

口の中にできるのが口内炎、舌にできるのが舌炎です。そのほか、口角にできると口角炎、唇にできると口唇炎とよばれます。
 

舌にできてしまうと、食事が本当につらくなってしまいますよね。そんなときも口内炎パッチなら、舌に貼ることができるので食事が楽になることも。
 

ただしパッチを貼ったからといって、何を食べてもいいというわけではありません。香辛料や炭酸などの刺激物は他の口内炎ができる原因になってしまうこともありますし、砂糖や油脂をたっぷり使ったお菓子やアルコールは、分解するときに体内のビタミンやミネラルを多量に消費します。
 

口内炎の改善にはビタミンが必須ですので、無駄な消耗は避けるのがいいですね。
 

口内炎は早めの対処が肝心です

口内炎ができたら、すぐに対処しましょう。早ければ早いほど、悪化を防ぎ、治るのが早くなります。
 

免疫力を上げるためにも睡眠をしっかりとる、栄養バランスの取れた食事を取る、歯磨きをしっかりする、食事のときは口内炎パッチを貼るなどの対処が有効です。
 

特に、粘膜の働きを守り修復を助けてくれるビタミンBを、サプリなどで積極的に取るのもいいですね。こども向けのシロップタイプもありますので、つわりなどでサプリが飲みにくいという方にはこちらもおすすめです。
 

まとめ

妊娠超初期の時点で、口内炎ができることもあるくらい、妊娠中は口内炎ができやすい環境になってしまいます。痛みがひどいと食事も取れなくなってしまいますので、できてしまったら悪化しないうちに、なるべく早く対処するのがコツです。
 

免疫力の低下や栄養不足、口腔環境の悪化がおもな原因となりますので、対処法としては睡眠をしっかりとること、栄養バランスを考えた食事を取ること、歯磨きをしっかりして口の中を清潔に保つことが有効です。
 

口内炎パッチは、舌にできてしまった場合もおすすめですよ。子供から使えるものを選べば、妊娠中も安心ですね。
 

Sponsored Links