甘い物 妊娠

 

 

妊娠すると、それまでは好きじゃなかったのに、甘い物が急に食べたくなって止まらない…なんてこと、ありませんか?
 

また食べすぎてしまった…と自分を責めないで!実はそれにはちゃんと理由があるんです。
 

妊娠中に甘い物が食べたくなる原因をしっかりおさえて、甘い物とじょうずにお付きあいする方法を考えてみましょう。
 

Sponsored Links

妊娠すると甘い物が食べたくなる理由

妊娠中に甘い物が欲しくなる第一の理由は、妊娠に伴うホルモン分泌の変化です。
 

赤ちゃんができると妊娠を維持するために、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが分泌されますが、この黄体ホルモンが分泌されると、味覚が変化して薄味よりも強い味を好むようになるんです。
 

塩味も甘い味も、より強い味をと身体が求めるんですね。甘い物には依存性がありますから、そんなときに食べるともっともっとと食べたくなってしまうんです。
 

もう1つの理由は赤ちゃんに糖分、エネルギーを送るために身体が糖分を欲しているというものです。
 

赤ちゃんのぶんを母体から削りとって運んでいるわけですから、足りなくなった分を補給しようとして自然に甘い物が食べたくなるんです。
 

身体が強い欲求を出しているので、それを意志の力だけでおさえるのは至難の技ですね。
 

妊娠中に甘い物を食べ過ぎると、リスクにつながってしまいます

食べたいからと、強い欲求にまかせて甘い物を食べ続けていると、当然ながら体重はどんどん増えてしまいます。
 

体重が増えすぎると、脂肪によってお産のときに子宮口が開きにくくなってしまったり、微弱陣痛で難産になってしまったり、妊娠糖尿病にかかってしまったりと妊娠、出産のリスクが上がってしまいます。
 

また母体の方だけでなく、赤ちゃんの方にも影響は及びます。巨大児になってしまうとお産のときに難産になってしまったり、生まれた後も低血糖症や呼吸障害を起こすリスクが高くなってしまいます。
 

低血糖によるイライラやだるさ、疲れやすさといった症状は母体と赤ちゃんの両方に及びます。これらのことを考えると、やはり甘い物はほどほどにおさえるのが望ましいですね。
 

妊娠中は甘い物を完全にやめるのではなく、じょうずにお付きあいしましょう

リスクにつながりかねないことはわかっていても、時に身体の欲求は強烈なもの。ダメだとわかっていても甘い物が止まらないことがありますよね。
 

そんなときに健診で医師に叱られてしまったり、またやっちゃった…と自分を責めたりすると、それがまたストレスになってしまいます。
 

身体の強すぎる欲求をおさえれば、自然にほどほどのところで満足できるようになりますから、あまり自分を責めないようにしてくださいね。
 

まずは暴走してしまっている身体に、正常な感覚を取り戻しましょう。身体の感覚が暴走する仕組みは、こうです。
 

甘い物を一気に大量に食べると、血糖値が急に上がって、一時的に満足感が得られて落ち着きます。
 

ですが上がりすぎた血糖値を下げるために、今度はインシュリンというホルモンが分泌されて、上がりすぎた分、血糖値は一気に下がります。
 

急激に下がったときに、疲れを感じたりイライラしたりするため、また甘い物が欲しくてたまらない…今度はより強い甘味を!というループができあがってしまうんです。
 

ですので、血糖値を急に上げないこと、血糖値をコントロールすることが身体の暴走を止めるカギとなります。
 

甘い物が欲しくてたまらない!という過剰な欲求が起こらないように

まずは3食バランスよく食事を取ることで、余計な飢餓状態をつくらないようにしましょう。
 

できれば5食くらいに分けて少しずつ食事を取ると、血糖値が上がりすぎず下がりすぎずで、ちょうどよい状態を保てます。自分がどういった時に甘い物を食べたくなるのか、少し気にかけてみるのもいいですね。
 

休憩したくて甘い物が食べたくなるのであれば、横になって休憩しましょう。または家の家事を頑張らない日を作りましょう。本当の欲求を満たすと、甘い物がそれほどまでには欲しくなくなることもあります。
 

とはいえ、妊娠中ですから甘い物が食べたくなることもありますよね。そんなときはチョコやアイスクリームなど砂糖や脂肪の塊を選ぶのではなく、牛乳寒天やゼリーなどの水分が多めのおやつにすると満腹感もアップしておすすめです。
 

かぼちゃやさつまいもなどの、繊維質が含まれた甘み素材を選ぶのも満足感につながりやすいです。さらに手作りすると、お砂糖控えめで、かつたくさん食べてもさらに大丈夫な安心おやつになりますね。
 

甘い物が食べたくなるかどうかで、赤ちゃんの性別がわかるってホント!?

甘い物がむしょうに食べたくなるときは女の子、逆に塩からいものが食べたくなるときは男の子が生まれるといったジンクスがあります。
 

ほかにも妊婦さんの顔つきが優しいと女の子、きついと男の子といった性別ジンクスはたくさんありますから、そのうちの1つとして聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 

妊娠中はさきほど述べた理由から、甘い物が食べたくなることはありますが、それで性別がわかるかどうかというのは定かではありません。
 

実際にはその通りだったりそうでなかったり、さまざまなようです。うちはどうかな?と予想の1つとして楽しんでしまうのがいいかもしれませんね。
 

まとめ

妊娠すると、ホルモン分泌の変化や赤ちゃんに糖分を運ぶために、甘い物が食べたくなることがよくあります。
 

ホルモンの影響で身体がより強い甘味を欲していたり、甘味自体にも依存性があるため、一度食べだすと止まらない…といった声も。
 

欲求のままに甘い物を食べていると、体重が増えすぎてしまったり、妊娠糖尿病にかかりやすくなってしまったりとお産のリスクが高くなってしまいます。
 

身体が必要だと感じて食べるように促しているのですが、過剰な欲求を抑えるためには食事をバランスよく、できればこまめに食べましょう。血糖値を上げすぎないのが、必要以上に甘い物がほしくならないようにするコツです。
 

それでも妊娠中はストレスもありますから、甘い物がほしくなったときはゼリーなどの水分が多いおやつや、さつまいも、かぼちゃを使った繊維質の含まれている甘味を取るようにすると満足感がアップしますよ。
 

ストレスの原因をすべて甘い物で解決するのではなく、疲れているということであればそれに気づいて、できるだけ休む工夫も必要ですね。
 

Sponsored Links