妊娠 足の付け根が痛い

 

 

妊娠している方で足の付け根が痛いという人は多くいます。この足の付け根の痛みは、妊娠初期症状としてあらわれることもあれば、妊娠後期のお腹が大きくなってくる時期にあらわれることもあります。
 

いずれにしても、妊娠にともなう身体の変化によって起こるものなのですが、原因を知っておくと対策が取りやすいですよね。そこで妊娠するとあらわれる足の付け根の痛みについて、まとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠の初期症状で足の付け根が痛い!?

受精卵が着床して妊娠が成立すると、身体は赤ちゃんを育てるためにどんどん変化していきます。
 

身体は骨盤を開き、子宮を大きくするために伸び縮みしようとするのですが、そのときに骨盤と骨盤と子宮をつないでいる円じん帯というじん帯が引っ張られて痛みを感じることがあります。
 

これが妊娠して足の付け根が痛くなる原因なんです。もし生理予定日前に足の付け根が痛いという症状があれば、妊娠の可能性も考えられますよ。
 

足の付け根が痛いのは、いつまで続く?

妊娠初期でチクチクとした痛みを足の付け根に感じる人もいれば、妊娠後期に入ってお腹が大きくなるにつれて、突っ張るような感じがしたり、引っ張られるような痛みを感じる人もいます。
 

やはりお腹や骨盤まわりが変化しているときに足の付け根の痛みを感じることが多いようですね。
 

特に妊娠後期は、出産に備えてリラキシンというホルモンの分泌量が増えます。この結果じん帯が緩みやすくなったり、大きくなったお腹の重みで、周囲の骨盤や筋肉が圧迫され痛みが激しくなるというように、妊娠後期に足の付け根の痛みに悩まされる妊婦さんは多いようです。
 

身体の変化によるものなので産後は自然に治りますが、あまりに痛いと、いったいいつまで続くの!?と思いますよね。
 

妊娠によるものとはいえ、諦めたくない!できれば痛みは避けたいところです

妊娠による身体の変化だし、しかたない…とは思いつつも、いつもギューギューと引っ張られるような足の付け根の痛みは、つらいですよね。
 

また何かとストレスや負担の多い妊娠中、痛みからは何であれ少しでも楽になりたいもの。そこでおすすめの対策をいくつかご紹介します。自分に合う方法を見つけてくださいね。
 

足の付け根が痛い場合におすすめな対策はこちら!

骨盤ベルトがおすすめです。これを使って骨盤を固定することで、足の付け根の痛みがやわらぎますよ。
 

またお腹が大きくなってくると、何かサポートしてくれるものがあったほうがお腹を支えやすいものです。お出かけのときにもあると便利ですよ。
 

ちなみに産後にも骨盤を締めるのに使えてお得です。そのほか、立ちっぱなしは下半身に負担をかけるので、座ったり、痛みがひどいときはできれば横になっていましょう。
 

長湯は避けたほうが無難ですが、湯船につかって身体を温めるのも楽になります。ストレッチもおすすめですよ。ヒザを持って足の付け根をグルグル回したり、ゆったりと伸ばしてみましょう。
 

あまりひどいようなら病院で相談しましょう

足の付け根の痛みは、妊娠が正常に進んでいるということでもあるので、医師からもうまく付き合っていきましょうとこれといった解決策を特にもらえないことが多いもの。
 

ですが、あれこれ試しても一向によくならず、痛みで眠れないなど日常生活に支障をきたすほどであれば、ぜひ病院で相談してみましょう。
 

助産師から生活指導や骨盤ベルトの着用などのアドバイスがもらえることもありますよ。
 

まとめ

妊娠すると、足の付け根が痛いという妊婦さんは多くいらっしゃいます。
 

妊娠初期症状として、あるいはお腹が大きくなってくる妊娠後期も、子宮が伸び縮みして骨盤と子宮をつなぐ円じん帯がゆるみます。
 

そういった原因によって引っ張られるような痛みを感じたり、チクチクとした痛みを感じたりするんです。
 

対策としては骨盤ベルトをすること、立ちっぱなしを控えること、お風呂につかって身体を温めること、足の付け根を伸ばすストレッチをすることなどがおすすめです。
 

いろいろ試してもあまりよくならず、日常に支障をきたすほどであれば病院で相談してみてくださいね。
 

生活指導や骨盤ベルトの着用方法など、症状を良くするためのアドバイスがもらえることがありますよ。
 

Sponsored Links