妊娠 疲れやすい

 

 

妊娠してからというもの、どうにも身体が疲れやすくて困っているという妊婦さんは多くいらっしゃいます。
 

妊娠前はこうじゃなかったのに…。どうしてこんなに疲れやすいの?いつまでこの疲れは続くの?などと疑問に思うこともあるかと思います。
 

特に仕事をしている妊婦さんは、困ってしまいますよね。そこで妊娠すると疲れやすくなってしまう原因や時期、対策などをまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠中は疲れやすいの?

妊娠すると、身体が疲れやすくなるという方は非常に多いです。妊娠前とは明らかに違って、自分ではどうにもならないくらい、やたらと眠くなったり疲れたりして、戸惑う妊婦さんが多くいらっしゃるんです。
 

妊娠中は疲れやすいです。お腹の中で赤ちゃんを育てているのですから、じっとしているだけでもすでに大仕事をしていることになるんですよ。
 

妊娠前とは違うんです。怠けているんじゃないかと思ったりして無理をして、妊娠前と同じように家事や仕事をこなそうとすることは、実は身体にはかなりの負担をかけることになります。
 

妊娠すると疲れやすい…。その原因は?

妊娠初期は特に、ホルモンの分泌量が急激に増えることでホルモンバランスが変化します。
 

妊娠のために身体がどんどん変化する中で、動悸や息切れ、吐き気やだるさなどといった、いわゆるつわりの症状で疲れを感じやすくなります。
 

また妊娠が順調に進んでいくと赤ちゃんはどんどん大きくなります。赤ちゃんに栄養や酸素を送るため、ママの身体は血液循環量を増やそうとフル活動ですので、貧血症状や動悸、息切れを感じることが多くなります。
 

さらに週数が進むと、大きなお腹を支えるため足腰に負担がかかります。出産が近づくとホルモンの影響で眠りも浅くなります。
 

妊娠すると疲れやすくなるというのは、こういったことすべてが原因となります。妊娠中の疲れは、ある意味避けられない事態ではありますね。
 

妊娠中、特に身体が疲れやすい時期ってあるの?

妊娠初期にはホルモンバランスの変化によって疲れやすくなり、妊娠中期から後期にかけては、大きくなる赤ちゃんを物理的に支えたり酸素を送ったりするために疲れやすくなってしまいます。
 

こうしてみると、妊娠中はどの期間も疲れやすいといえますね。
 

安定期といわれる頃はホルモンバランスも安定してきて体調もよく、お腹もまだそれほど大きくなっていないため比較的疲れを感じにくい時期ではあるかもしれませんが、体調がいいからと無理をすると、やはり疲れを感じるようになります。
 

仕事をしている妊婦さんは、どんな対策をしてる?

疲れやすいのは妊娠中だから仕方ないとはいえ、仕事をしている妊婦さんは周囲の状況から、そうも言っていられないことがありますよね。仕事をしている妊婦さんは、どんな対策をとっているんでしょうか。
 

  • 5分でも10分でもいいので、トイレに立って休む
  • 上司や周囲に妊娠を伝え、可能であれば勤務時間や業務内容、量を調整してもらえるよう相談してみる
  • 家事はできるだけしなくて済むよう、家電を活用したり宅配サービスを利用したり、ファミリーサポートやシルバー派遣などの自治体のサポートを利用する

というように、細切れでもいいから身体を休める、一人で何でも抱え込まない、といったことが大事なようです。
 

できるときは頑張って仕事をこなすことも必要ですが、体調があまり思わしくないようだと調整も難しく、退職を選択せざるを得ない場合もあります。
 

もしそうなっても、ママと赤ちゃんが元気なるのが一番です。何が一番大事なのか、立ち止まって考えることが必要な場合も出てくるかもしれませんね。
 

疲れやすくても無理して頑張ってると、どうなるの?

疲れがたまってくると、お腹が張って痛みが出たり出血してしまうことも。お腹の張りは赤ちゃんからのサインです。頑張りすぎ、無理しすぎなんだと気づいてすぐに休むようにしましょう。
 

出血は危険信号です。切迫流産や切迫早産につながりかねないので、すぐに病院へ行ってみてもらいましょう。
 

あのとき無理をしなければ…と後悔することのないよう、ママとお腹の赤ちゃんの健康を一番に考えて、必要なときはしっかり休みましょうね。
 

まとめ

妊娠するとホルモンバランスが変化して、身体がそれに対応するため疲れやすくなります。また赤ちゃんを育てるために酸素や栄養を送り、大きくなるお腹を支えたりとママはフル活動です。
 

じっとしているだけでも大仕事をしているような時期なので、妊娠中に疲れやすいのは当然のことなんですね。
 

特に仕事をしている妊婦さんは無理をしやすくなってしまいますから、お腹が張ったり出血がみられたらすぐに休んで、必要に応じて受診するようにしましょう。
 

できるだけ休む、職場に妊娠を伝えて勤務時間や内容、量を調整してもらえるようお願いしてみるなどの対策をとっていても体調が思わしくないようなら、ママと赤ちゃんの無事を一番に考えることも必要になってきますね。
 

疲れやすいのを放置して無理を重ねると、切迫流産や切迫早産につながりかねません。やはり妊娠中の疲れには休むのが一番です。
 

Sponsored Links