妊娠 悪阻

 

 

妊娠時には、多くの人が経験するといわれている「悪阻(つわり)」というものがあります。
 

妊娠といえば、というくらいよく耳にする悪阻。
 

その悪阻とは一体どんなものなのか、いつ頃起こるのか。まとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠時の悪阻とは何?

悪阻とは、妊娠中に起こる吐き気や胃のむかつきなどの消化器系に症状があらわれる生理現象のことです。
 

つわりの原因はまだはっきりと解明されていませんが、妊娠によるホルモンバランスの変化や赤ちゃんを今までにない異物と体が認識するための現象とも言われています。
 

悪阻が重症化し、あまりにも体重が減少してしまったり、水分も取れず脱水症状が出たりすると、治療が必要になる妊娠悪阻となります。
 

悪阻は全体の妊婦さんの50~80%ほどが経験するといわれていますが、妊娠悪阻は1~5%ほどと言われています。
 

妊娠時の悪阻の症状は?

悪阻には個人差があります。全く不快に感じることがない人もいれば、起き上がることも難しい人もいます。
 

主な症状はやはり吐き気や胃のむかつき、特定のにおいを嗅ぐと気持ち悪くなる、眠気、体がだるい、などが挙げられます。

悪阻が重症化した妊娠悪阻の症状は?

妊娠悪阻とは、何度も嘔吐を繰り返しほとんど食事がとれず水分補給もままならない状態が一日中続きます。
 

体重が減少したり、ひどい場合はめまいや幻聴幻覚が起こることもあります。
 

尿検査でケトン体が現れたり、尿蛋白も出て代謝異常が見つかったら医師の指示に従い、ひどい場合は入院して治療することになります。

妊娠して、いつ頃から悪阻が始まる?治まる時期は?

悪阻が始まるのも治まるのも個人差が大きいのですが、早い人は妊娠5週頃から始まります。だいたい7週頃につわりが始まる人が多いようです。
 

妊娠12週頃にはおさまる人が多いようですが、安定期といわれる妊娠5カ月になってもまだ悪阻がある人もいますし、出産まで吐き気や胃のムカムカが続く人もいます。
 

妊娠後期と呼ばれる8カ月過ぎに、子宮が大きくなることで内臓が圧迫され、胃の不快感を感じることがあり、これを後期悪阻といいます。
 

悪阻がなくても大丈夫?

妊娠初期につわりがなく、赤ちゃんは元気なのか心配する人がいます。
 

よく「つわりは赤ちゃんが元気に育っている証拠!」という人がいますが、つわりがなくても赤ちゃんは元気に育ちますから安心してくださいね。
 

約20%の妊婦さんがつわりを感じないまま出産にいたると言われています。
 

ただ、つわりがなくいつも通り生活できるからといって、決して無理しないようにしましょうね。
 

つらい妊娠悪阻で病院に行く目安

悪阻があまりにもひどく嘔吐してばかりだと、自分も赤ちゃんも大丈夫なのか心配になりますよね。
 

脱水などになると危険ですから、体重が短期間で5㎏減ってまだ嘔吐し続けている場合は一度受診することをおすすめします。元々痩せ形や普通体型の妊婦さんは特に受診するようにしましょう。
 

一日のトイレの回数が極端に減り、トイレに行っても尿量が少なかったり出ない場合も要受診です。めまいや頭痛がひどく、フラフラして日常生活を送れない場合も、受診して医師の指示を仰ぎましょう。
 

まとめ

妊娠してまず初めの試練と言っていい悪阻。いつか終わりが来るとわかっていても、悪阻の最中は心が折れそうになるものです。
 

そんな時こそパートナーや家族に甘えて、しっかり体を休めるようにしましょう。妊娠悪阻になることもありますから、無理はせずあまりにもつらかったら受診するようにしましょうね。
 

Sponsored Links