妊娠 喫煙

 

 

妊娠がわかったら喫煙をやめましょう!という言葉、よく聞きますよね。でもなぜタバコを吸っちゃいけないのか、理由はご存知ですか?
 

特に妊娠前からヘビースモーカーだった妊婦さんは、妊娠がわかったからといってすぐにやめられない、タバコが吸いたい、と思うもの。
 

タバコが妊娠にどんな影響を与えるのかを知れば、喫煙をやめるいいきっかけになりますね。
 

Sponsored Links

妊娠中の喫煙、どんな影響がある?

タバコの煙には発ガン物質を含む、さまざまな有害物質が含まれています。妊娠中にそれらの有害物質を取り込んでしまうことで、胎児の奇形につながる場合があります。
 

特に喫煙が関連しているといわれているものには、口唇口蓋裂や四肢の短縮、欠損などの異常などがあります。もちろん、喫煙していなくてもこういったことは起こりえるのですが、喫煙によってリスクは上がることがわかっています。
 

また、喫煙は血管を収縮させるため、子宮内の血液循環が悪くなります。そうすると赤ちゃんに必要な栄養や酸素が届きにくくなってしまいます。そのため、喫煙は奇形のほかにも流産や早産、発育不全などを引き起こす原因にもなってしまいます。
 

ほかに、乳幼児突然死症候群(SIDS)といって、赤ちゃんが何の前ぶれもなく突然亡くなってしまう症状があるのですがこれが起こる原因として、なんと妊娠中の喫煙があげられているのです。
 

SIDSが起こる原因はほかにうつぶせ寝もありますが、最も大きな要因の1つと言われているのが喫煙なんです。
 

妊娠中だけじゃない!出産後も喫煙による影響は続くんです

喫煙が与える影響は、お腹にいるときだけではありません。赤ちゃんが生まれた後も続きます。
 

お腹の中で、喫煙による低酸素状態が続き、身体の各器官の発達や脳の発達が妨げられたまま生まれてしまうと、生まれた後の赤ちゃんの発達や発育にも悪影響が出てきます。
 

IQなど知能の発達や精神発達の遅れる傾向が見られるという報告もあります。また急性肺炎や気管支ぜんそくなどの呼吸器疾患や、中耳炎などのリスクは、家族に喫煙者がいる子供のほうが高くなっています。
 

赤ちゃん本人がつらいのはおろか、発達や発育のフォローのため病院に通うとなると、ミルクやおむつ替えなど赤ちゃんのお世話だけでも忙しいママの負担も、さらに増えてしまいます。
 

ママにとっても赤ちゃんにとっても、いいことはありませんね。
 

いつまで禁煙すればいい?

妊娠中も出産後も、この時期なら大丈夫…といった、喫煙していていい時期というのはないんです。禁煙も、早ければ早いほどいいと言われています。できれば妊娠前から禁煙するといいですね。
 

もう吸ってしまっている状態でも、気づいた時点でやめれば、その分タバコの影響を減らせます。体内の血液循環が元に戻ることで、赤ちゃんは楽になります。
 

吸ってしまっているからもう遅いというわけではないんですね。
 

妊娠しても喫煙はやめられない!?

妊娠中にお腹の中を直接見ることはできません。ですが喫煙によって確実に、お腹の赤ちゃんは苦しんでいるのです。
 

どうしてもタバコがやめられない…という方は、喫煙により苦しむ赤ちゃんのエコー写真なども見ることができますから、検索してみてもいいかと思います。
 

お腹の中で赤ちゃんが苦しんでいると思うと、吸う気になれなくなるのではないでしょうか。
 

吸いたい!と思ったら

タバコやライターは捨ててしまいましょう。それから、ガムをかんだりアメをなめたりして、口を他の事に使ってしまいましょう。
 

また、他人の煙を吸うのも吸いたい欲につながりやすいですから、できるだけ喫煙者から離れましょう。家庭だけでなく、職場や駅、カフェなどの公共の場所でも喫煙所には近づかないなど、身近な生活の中から煙をなくす工夫は必要です。
 

我慢ばかりでは続かなくなってしまうので、他に好きなものを見つけるのもいいですよ。マタニティ向けの水泳やヨガクラスに通うと、そもそも吸えない環境ですし、運動や深呼吸によって身体や気持ちがサッパリします。
 

図書館も吸えない環境ですので、好きな雑誌などを眺めながらゆったり過ごすのもいいですよ。リラックスできる方法を、タバコから他のものに置きかえてしまいましょうね。
 

喫煙は、習慣です。習慣を変えるのには工夫がいりますが、慣れてしまうと、吸わないのが当たり前の状態になります。妊娠中は何かとストレスも多い時期ですが、タバコ以外でストレスを解消していきましょうね。
 

まとめ

妊娠中の喫煙は、赤ちゃんに悪影響を与えます。喫煙は奇形の原因となるほかに、血流が悪くなることによる流産や早産、発育不全を引き起こす原因にもなります。
 

妊娠中だけでなく、産後も未発達なまま生まれてしまうリスクがあるため、妊娠がわかったら、できれば妊娠の前から、喫煙はやめましょう。
 

どうしてもやめられないという方は、お腹の赤ちゃんが苦しんでいる画像を検索してみるのもいいかもしれません。とても吸う気にはなれなくなると思います。
 

吸いたい!と思ったら、タバコを捨ててガムをかんだり、身体を動かすマタニティクラスに参加したり、図書館などタバコを吸えない外の環境に自分を置いてみましょう。
 

喫煙は習慣です。変える工夫をすれば、吸わないのが普通の状態になりますよ。ママと赤ちゃんが健康でいられるよう、今から行動を起こしましょう。
 

Sponsored Links