妊娠 漢方

 

 

妊娠を待っているときは、「もし赤ちゃんができていたら…」と薬は心配で避けますよね。
 

いっぽう漢方は身体が本来の状態になることで、不調が改善され元気になるというものなので、妊娠を目指す人にはおすすめなんです。
 

なじみのない人にとっては、漢方っていったいどんなもの!?たくさんありすぎて何を買えばいいのかわからない…などといった声も。
 

そこで気軽に取り入れることができるよう、漢方について疑問や気になることをまとめてみました。参考にしてみてくださいね。
 

Sponsored Links

妊娠を目指す人に漢方はおすすめ!

一般に病院へ行って受ける不妊治療となると、タイミング療法やホルモン療法、排卵誘発や人工授精などの医療行為が主となりますが、漢方の得意とするところは体質改善です。
 

薬草など自然の素材を使って、身体が本来持っている力を引き出し、妊娠しやすい身体づくりを目指すというアプローチなので漢方だけで妊娠を待つこともできますし、不妊治療と並行して漢方薬を利用するという形でもいいんです。
 

最近は産婦人科でも積極的に漢方を取り入れているので、治療と並行して漢方を服用するという方は多いです。
 

たくさんあって迷う…。妊娠しやすくなるには、どんな漢方がおすすめ?

ドラッグストアに行けば症状別にいろんな漢方が置いてありますが、初めての方は、まず漢方薬局に行くのがおすすめです。
 

専門の薬剤師に問診や体質チェックをしてもらった上で、身体の状態にあった漢方を処方してもらうのがいいでしょう。
 

漢方は、本人の身体の状態や体質にあったものを症状にあわせて選んでいくので、自己診断で症状からだけではなかなか合った薬が見つかりません。
 

効き目がおだやかではあっても、体質にあっていない漢方薬は思わぬ副作用が出ることもあります。
 

また漢方には保険適用されているものが多く、産婦人科でも積極的に処方されることが多いですから、これを機に直接行って、予算も含めていろいろ相談してみましょう。
 

症状だけでなく身体の状態を全体的に見てもらえるのが漢方のいいところ。行ったついでに、気になる不調があれば、他にもいろいろ相談しちゃうのがおすすめです。
 

不妊にきく漢方には、どんな効果があるの?

血行不良や貧血、冷え、睡眠不足などの症状のほかに、慢性的な疲れが身体に残っているような場合は、どうしても妊娠しづらくなってしまいます。
 

そこで血行をよくし、身体をあたため、イライラをおさえてリラックスできるような作用のある漢方が妊娠のためにはおすすめです。
 

元気な身体になるとホルモンバランスがよくなり、生理不順なども改善されます。これらの効果のある漢方は代表的なもので3つあります。
 

当期芍薬散と、加味逍遥散婦宝当帰膠です。婦人科系のマイナートラブルも含め、不妊にはこれらがメジャーな漢方となります。どれも冷えや生理不順、貧血や睡眠不足などを改善してくれます。
 

妊娠がわかった!引き続き漢方を飲んでいても大丈夫?

妊娠がわかったら、お腹の赤ちゃんへの影響が心配になりますね。漢方は生薬とよばれる植物や動物由来の成分を使った自然の薬。
 

厚労省から認可を受けているものですが、服用すれば胎盤を通じて成分が赤ちゃんに届きます。やはり妊娠中は自己判断での薬の服用は、漢方とはいえ避けた方が無難ですね。
 

体調に不安があったりして漢方を飲みたい場合は、必ず専門の薬剤師か、かかりつけの医師に相談しましょう。
 

妊娠中に風邪!漢方なら飲んでもいいの?

風邪というと葛根湯が有名ですが、こちらも安易に飲まないようにしましょう。葛根湯には麻黄といって、発汗を促す成分が含まれています。
 

漢方の考え方の中で、妊娠中は発汗を促すような作用のある漢方薬は処方してはならないとされています。
 

妊娠中に風邪をひいてしまったら、薬は飲まずに、あたたかくして数日ゆっくり休んで様子を見ましょう。
 

2、3日たってもよくならないようなら、それ以上こじらせないよう、我慢せずに病院へ行って診察を受けましょうね。
 

まとめ

妊娠したい人にとっては、漢方は身体が本来もっている力を引き出してくれるため、妊娠しやすくするのに効果的です。
 

血行をよくし、冷えをとり、ホルモンバランスが整うことで妊娠しやすい身体づくりを目指すというアプローチなので、不妊治療と並行して服用をすすめられることもあります。
 

不妊に効果的な漢方薬は当期芍薬散と、加味逍遥散婦宝当帰膠などが有名ですが、自己判断で飲むのはおすすめできません。
 

症状だけではなく、体質や身体の状態を見てそれに合わせた漢方を選ぶことが大切ですので、必ず漢方薬局に行って専門の薬剤師に相談しましょうね。
 

漢方は自然の植物や動物由来の成分からできていますが、合わないものを選ぶと副作用が出ることもあります。
 

妊娠がわかった場合、赤ちゃんへの影響が気になりますので、服用したい場合は漢方薬局で相談しましょうね。
 

風邪をひいてしまったときは、漢方とはいえ薬ですから飲むのは避け、あたたかくしてゆっくり休んで様子を見てみましょう。数日たってもよくならないようなら、無理せず病院へ行きましょうね。
 

Sponsored Links