妊娠 豆乳

 

 

妊娠待ちの人には豆乳がいいという話を聞いたことがありませんか?また妊娠がわかった場合は飲んでいても大丈夫かな?と考えることはありませんか。
 

ヘルシーな豆乳は妊娠や健康にいいイメージがありますが、中に含まれている大豆イソフラボンが、女性ホルモンのような働きをするといった話も。
 

そんな豆乳、妊娠待ちや妊娠中に豆乳を飲んでいたら、何か影響があるのか気になるところですよね。そこで妊娠待ち~妊娠中に豆乳を飲んでいても大丈夫なのか、まとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠待ちの人が豆乳を飲むと、高温期がハッキリしなくなる!?

豆乳には、たんぱく質やリノール酸などの脂質、レシチン、サポニン、イソフラボン、ビタミンやカルシウムなどの良質な栄養素が含まれています。
 

レシチンには血流を良くしたり、血中の悪玉コレステロールを吸収する効果があり、サポニンには脂肪を吸収を防ぎ、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
 

大豆イソフラボンには子宮内膜を厚くしたり、皮下脂肪を増やして妊娠しやすい身体に整えてくれる効果がありますが、もともと基礎体温がキレイな二相に分かれている人が飲むと、本来なら高温期に上がるべき体温が、かえって下がってしまうことがあるようです。
 

イソフラボンはエストロゲンのような働きをしますが、エストロゲンには基礎体温を下げる働きがあります。
 

排卵直前に分泌のピークを迎え、排卵後は減少し続けるのですが、豆乳の働きによって、本来なら高温期になる時期にまで基礎体温を下げてしまうのかもしれませんね。
 

基礎体温が乱れがちな人が豆乳を飲むと、キレイな二相に整ってくることがあるそうですので、人によってそれぞれのようです。
 

妊娠中に豆乳を飲むと、どんな効果がある?

豆乳は、高たんぱく低脂質で、健康な人はもちろん、病人や老人、小さな子供の離乳食にも適している、栄養的にすぐれた食品ですので妊娠がわかってからも取りたい飲み物ですね。
 

ただし気をつけておきたいことがあります。妊娠中に食べるものについては、「偏りなく、まんべんなく」が鉄則です。いくら身体にいいとはいえ、特定の食品ばっかりを取るのでは、バランスが悪くなってしまいます。
 

豆乳だけでなく栄養豊富な食品は他にもたくさんありますが、まんべんなくという点は気をつけておきたいところですね。
 

もし、妊娠中に豆乳を飲みすぎた場合はどうなるの?

大豆イソフラボンの過剰摂取が心配です。大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをします。
 

妊娠が順調に継続し、赤ちゃんの成長を促してくれるのが、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンなのですが、豆乳を過剰摂取しているとエストロゲン様の働きだけが強くなってしまい、ホルモンバランスが崩れてしまいます。
 

過剰摂取は、赤ちゃんの発育に影響を及ぼす可能性があるといわれています。過剰摂取によるリスクには他にも、赤ちゃんのDNA構造を適正に保つ酵素の働きを阻害することや乳がんの発症や再発の可能性が高まってしまうことが上げられます。
 

妊娠中に取っていい豆乳の適正量って、どのくらい?

豆乳に含まれる大豆イソフラボンの量は、無調整豆乳で68ミリグラム、調整豆乳で50ミリグラム、豆乳飲料で30ミリグラム程度です。いずれも1日1パック、あるいはコップ1杯飲めば十分ですね。
 

大豆イソフラボンは、豆腐な納豆など大豆製品にも含まれていますので、豆乳だけでなく他の大豆製品の摂取量との兼ね合いを見ましょう。
 

厚労省の食品安全委員会によると、1日に取ってもいいと言われている大豆イソフラボンの上限は70~75ミリグラムとされています。
 

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンの平均値は、豆腐一丁(300グラム)で61ミリグラム、納豆は36ミリグラムです。
 

味噌や納豆、豆腐をよく食べるという方は、豆乳を飲むのをむしろ控えた方がいい場合もありそうですね。
 

ママが食べるものが、赤ちゃんのアレルギーにつながる!?

妊娠中にママが卵や牛乳などをよく取っていると、赤ちゃんにアレルギーが出てしまうという話を聞いたことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか。
 

ですが今のところ、こういった事実関係は検証されていないんです。
 

ママにアレルギーがなければ、妊娠中に豆乳を飲んでも、赤ちゃんのアレルギーを心配する必要はないと言われていますが、豆乳に限らずママに何かしらのアレルギーがある場合は、回転食といっていろいろな食材をまんべんなく取るスタイルの食事を推奨されることが多いようです。
 

まとめ

豆乳にはたんぱく質や脂質、レシチンやサポニン、イソフラボンやカルシウム、ビタミンなどたくさんの栄養素が含まれています。
 

特にイソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをすることがわかっています。
 

このイソフラボンにより、妊娠待ちの人が豆乳を飲むと高温期なのに体温が上がらなかったりすることがあるようですがそういった場合、もともと基礎体温がキレイに二相に分かれていたという人が多いようです。
 

基礎体温が乱れがちな人が飲むと、キレイに整ってくることもあるそうなので、人それぞれですね。
 

妊娠がわかってからも、豆乳は栄養的にすぐれていますのでおすすめの飲み物ですが、妊娠中の食事はまんべんなくが基本です。
 

過剰摂取にはリスクがあることがわかっていますので、上限を超えないよう、適度に取っていきましょうね。
 

Sponsored Links