妊娠 結婚

 

 

妊娠してから、結婚結婚式のことを考えなくてはならなくなったケースは、けっして珍しいケースではないですよね。
 

身体の変化が急激なところに、考えなくてはならないことが一度に降りかかってきて、冷静な判断がしづらいことも…。
 

そこで、妊娠がわかってから結婚した人、したくない人、また付き合ってすぐ妊娠した人の場合や付き合ってないのに妊娠したという場合など、さまざまなケースをご紹介していきます。
 

Sponsored Links

妊娠したけど、結婚はしたくない!

妊娠がわかったけれど、結婚するのはイヤだと考える人がいます。その理由はいくつかありますが、まずは夫となる人に気を使うのがイヤだということ。
 

また結婚すると姑はじめ、夫側の親戚付き合いももれなくついてくるため、それがわずらわしいと感じる人もいるようです。
 

夫の家族というだけで赤の他人が家のことや子育てにも口を出してくるとなると、子供はほしくても結婚は…と二の足を踏んでしまう人がいるのも仕方ないかもしれませんね。
 

仕事が充実している人ほど、パートナーがいなくても生きていけると考えるようですし、結婚すると育児プラス夫の面倒まで見なくてはならなくなるのが余計な負担に感じるという人も。
 

それ以外には実家住まいで実家が居心地よすぎて、離れて苦労してまで夫と一緒に暮らす気になれない、という場合もあるようです。
 

妊娠がわかった。結婚はしても、結婚式はしたくないというケースも

妊娠、出産だけでもひと苦労なのに、この上さらに結婚式の準備なんて大変なことが増えるだけ、面倒、無理だと感じて結婚式はしたくないという人は多いです。それももっともなことですね。
 

また、わからないことだらけの初めての結婚式を身体に不安のある状態で迎えるよりも、子供が大きくなって、落ち着いてから一緒に挙げる方がいいと考える人もいます。
 

間をとる案として、負担があまり大きくないよう、体調や産後のお金のことも考えて、身内だけの簡単なお披露目で済ませるといった人も多いです。
 

妊娠がわかってからの結婚式については、置かれた状況や人によって、それぞれの考えがありますね。
 

付き合ってすぐ妊娠してしまった!結婚はどうしよう?

妊娠するとホルモンバランスが変わって女性はどうしても不安定になりやすいです。
 

それが結婚するとなると手続きや引越しなど、それまでの環境が激変しますから、そういった現実面での大変さを二人で乗り越えていけるかどうかが鍵となってきます。
 

妊娠をきっかけに、相手の方もそれ相応の覚悟を持って結婚するということであればいいのですがどちらかだけが頑張っても、うまくいかないことが多いようです。
 

また、お付き合いから結婚までの期間が短いと、勢いで冷静に考える時間があまりないことから、離婚する率は高いと言われていますが、結局はいろいろ大変なことがあったとしても、うまくいく夫婦もいるわけです。
 

お付き合いの期間の長い短いよりも、やらなくてはいけないことはやる、と腹を決めて結婚という共同生活ができるかどうかが大切なようです。
 

付き合ってないのに妊娠!結婚する!?しない!?

付き合ってないけれど、こちらが特に好きでもない相手だったという場合や、もしくはこちらが片思いだったりして体だけの関係で妊娠してしまったという場合もあります。
 

こういったケースでは相手が逃げ腰の場合もあるし、年齢が若いと、親に相談しなくちゃいけなくて気が重い、というようなことも…。こういった場合、いろいろな選択肢が考えられます。
 

中絶を選ぶ人もいますし、話し合って結婚を選ぶ場合もありますし、結婚しないでシングルでも育てていこうと決める人も。どれを選ぶかはメリットデメリット両方を吟味し、よく考えた上で決めるのがいいです。
 

妊娠がわかってばかりなど、落ち着かない状態でこういったことを考えるのは難しい面もあるかと思いますが、大変でも出来る限りのことはやっておくのが、後で後悔するといったことも少なくなるかもしれません。
 

それぞれの選択肢に、メリットデメリットがあります

中絶はひとまず周りへの影響も考えなくていいですし、今の生活を変えずに済む一番の方法かもしれません。ですが自己解決できるかわりに、術後の女性の心と体に、深い傷を残してしまいます。
 

毎晩ベッドに横になるたびに、手術のときに感じた痛みや悲しさ、罪悪感といった感覚を思い出して号泣してしまう人もいるそうです。
 

中絶を選ぶ場合は大げさかもしれませんが、そういった感覚を背負ってこれから生きていけるかどうかを、一度考えてみてもいいかもしれませんね。
 

それでもそうしたいという場合は、そうする他ないということですし、仕方ないこともあるのかもしれません。
 

相手と話し合って結婚を選ぶという場合は、相手と相手の両親、自分の両親に話をして身重の体で手続きや生活のことを考えていかなくてはならないという、現実面での責任がさまざまに、しかも一気にのしかかってきます。
 

もちろん二人で協力してやっていくのですが、男性が他人事のような感覚でいる場合は苦労することが多いようです。
 

自分はもちろんそうですが、相手に二人でやっていく覚悟のようなものがあるかどうか、見ておくのもいいかもしれませんね。
 

シングルで育てることを選ぶ場合は、何をするにも一人ですから、相手への妥協や同意などを必要としません。そのぶん、仕事や育児方針など責任をもって自分のやりたいようにやれるのがメリットと言えるでしょう。
 

ただやはり、夫がいれば担当してくれていたかもしれないサポートは、いっさい期待できません。自分で子供のぶんまで生活費を稼ぎ、さらに子供の面倒を見ながら家事もしなくてはなりません。
 

一人で二人分生きる覚悟がないと、厳しいかもしれませんね。ですが、赤ちゃんの命を守り、しかも自分の手で育てることができるのです。そのことに決して後悔はないかもしれません。
 

子供が大きくなるまでは大変ですが、大きくなったら助けてくれるようになることも。実家は頼れるか、サポート体制があるかどうかといったことも非常に重要になってきます。
 

まとめ

妊娠がわかってから、結婚をするしないや、結婚はしても結婚式はしたくないといった、現実的な決断をしなくてはならないという人は、大変多いです。
 

仕事が充実しているから、親戚付き合いが大変だから、実家が居心地いいから結婚はしたくない、あるいは体調や金銭面を考えて結婚式をしたくないといった場合など、どんな選択にも相応の理由があるんですね。
 

妊娠に至るまでの状況も、付き合ってすぐ妊娠した場合や、付き合ってないのに妊娠したといった場合までさまざまです。
 

その場合も中絶や結婚、シングルなどいろいろな選択肢がありますが、大切なのはどの選択にもメリットとデメリットの両方があると考えて後悔のないように、できるだけあらゆる可能性を考えた上で何を選択するかを選ぶのが大切になってくるでしょう。
 

Sponsored Links