妊娠 仕事

 

 

妊娠がわかって嬉しい反面、働くママにとって気になるのは仕事のこと。
 

職場にはどう報告しようか、どうやって両立させるのか、仕事はいつまで続けるかなど、不安定要素が多い分、悩んだり不安に思うこともありますよね。
 

そこで妊娠と仕事について気になること、いくつかまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠したら、いつまで仕事ができる?

妊娠していつまで仕事が続けられるかは、職種やその人の体調によっても違いがあるようです。
 

立ち仕事かデスクワークかによっても違いますし、体調がよければ出産ギリギリまで仕事を続けられることもあります。
 

立ち仕事の場合は、やはり身体に負担がかかることも多く、医師に安静をすすめられたのをきっかけに辞めてしまう人もいるようです。
 

デスクワークの場合は、お腹が大きくなっても比較的続けられることが多いようですが、同じ姿勢を取り続けることが、かえって身体に負担をかけるといったこともあります。
 

つわりや通勤がきつくて仕事が続けられなくなってしまう人もいますので、こればかりはその人しだいのようです。
 

職場の上司には必ず報告しましょう

妊娠がわかったら、上司には必ず報告しておきましょう。
 

自分では元気なつもりでいても、思わぬ出血や体調悪化があったりと、予定の立たないことが多いのが妊娠出産です。
 

言いにくいこともありますが、お腹の赤ちゃんを守るためと思って頑張りましょう。内緒にしておくといざ体調を崩したときに急に対応しなくてはならず、かえって迷惑をかけてしまうこともあります。
 

相手にも仕事内容の変更、検討や人員の割り振りなどが必要になりますから、前もって言っておくことが基本です。勤務時間や出勤時間の変更なども相談しやすくなりますよ。
 

妊娠と仕事の両立、どうやってする?

妊娠と仕事の両立には、周囲の協力が不可欠です。
 

自分ひとりで抱え込んで無理をすると結局まわりに迷惑をかけてしまうことがあるので、自分でできる範囲をはっきりさせて、その中で頑張りましょう。
 

また、まわりにサポートをお願いするだけでなく、できるときは余分に仕事を進めておくなど、周囲に甘えすぎない態度も必要です。
 

自分でできることばかりをしているだけでは、妊娠に対する周囲の理解を得られないこともあります。
 

また、勤務時間や通勤時間を変更してもらえるようであれば、相談してみるのもいいですね。身体の負担を減らせます。
 

妊娠を機に仕事を辞めたい!

妊娠がわかったら、仕事を辞めて家事と育児に専念したいと考える人も多いようです。
 

また仕事を続けたいと思っていても、ストレスが大きくなり体調が悪化して辞めたいと考える人も。
 

思うように身体が動かず、辞めざるを得なくなってしまう人もいます。理由はさまざまですが、辞めたいと思ったら、まずは早めに上司に相談しましょう。
 

妊娠中は、体調の変化も急なことが多いです。大丈夫だと思っているうちに急に体調が悪化することもあります。
 

体調のいいうちにしっかり引継ぎし、円満退社を心がけることが大事です。
 

そういった人材は、会社のほうでも気にしておいてくれるもの。産後にまた働きたいと思ったときに欠員が出ると、復帰の打診が来ることもありますよ。
 

妊婦にストレスは大敵です

ストレスは、妊婦に想像以上の負担を与えます。
 

ストレスはつわりや体調不良を強くしてしまいますし、お腹の張りや出血、切迫流産や切迫早産につながってしまうこともあります。
 

また、本人は元気なつもりでも頑張りすぎていて身体にはストレスがかかっているということも。
 

仕事をしているとどうしても無縁ではいられないストレスですが、工夫できるところがあればしてみましょう。
 

休日はゆっくり休む、友達とお茶する、ヨガをするなど休養や気分転換を意識することでうまく乗り切れることもあります。
 

まとめ

仕事をしているときに妊娠がわかったら、まずは上司に報告しましょう。妊娠と仕事の両立には、周囲の理解と協力が不可欠です。
 

いつまで働けるかは、職種や本人の体調しだいというところが大きいですが、体調や仕事内容を見ながら、仕事の進め方やできる範囲などをあらためてハッキリさせ、その中で頑張りましょう。
 

体調のいいときは多めに仕事を進めるなど、周囲から理解を得られるよう工夫するのも大切です。
 

また、妊娠中はストレスが多かったり体調も急変しやすかったりで、辞めたいと思うことも。
 

そんなときもきちんと相談し、しっかり引き継ぎをしてからの円満退社をこころがけましょう。その後にもつながりやすくなります。
 

働く妊婦につきもののストレス対策としては、休日はゆっくり休む、気分転換を意識するなど、ためない工夫をすることが大切ですね。
 

Sponsored Links