妊娠 出産 費用

 

 

妊娠がわかって喜んだのもつかの間、費用のことも気になってきますね。健診や出産で病院に支払うお金やベビーグッズ費など、妊娠、出産は何かとお金がかかりそう…。
 

そこで妊娠から出産まで、費用がまとめてどれくらいかかるのか、調べてみました。
 

Sponsored Links

妊娠中にかかる費用はこちら

妊娠中にかかるお金といえば、妊婦健診です。1回あたり3000円から5000円で、検査が多い健診のときは1万円を超えることもあります。
 

健診の回数は平均して10回以上、合計するとおよそ5万円くらいになります。ただ、妊婦健診には公費助成がある自治体が多いので、全額自己負担になるというわけではないようです。
 

住んでいるところの助成について、どんな内容なのか、母子手帳をもらいに行ったときに窓口の人に聞いてみましょう。
 

もうひとつ、妊娠中にかかるお金としてはマタニティ用品費があります。こちらも予算としては平均5万円くらいから。
 

ただし一からすべてそろえるのではなく、ワンピースやチュニックなど妊娠前から着ていたゆったりしたトップスがあればそれをそのまま利用して、レギンスやボトムスのみマタニティ用を買えば節約になりますよ。
 

下着も、産前産後、そして授乳にも使える一体型ブラキャミソールタイプを選ぶと、授乳ブラを買わずに済みます。
 

またユニクロのシームレスショーツなどにすると、締め付けもなくて大きなお腹でも楽に履けて、産後も長く使えます。
 

妊娠中にそろえておきたいベビーグッズの費用

また、おむつや肌着のほかに、抱っこひもやベビーカー、哺乳瓶やミルクなどは、産後すぐに必要となるため、産前にある程度そろえておきたいものですね。
 

少なめに用意しておいて、足りなければ買い足すようにすると無駄がありません。
 

特に新生児期は短いもの。サイズ50の新生児用の肌着などはすぐに着られなくなることもあるので、かわいいからと言って買いすぎないように注意しましょう。
 

リサイクルやお下がりなど、使えるものは積極的に利用して賢く節約するママもいますが、10万円ほどは見ておきましょう。
 

出産にかかる費用は?

産院に支払う出産費用は、40万円前後のことが多いようです。ただし、個人病院でサービス重視のところを選ぶと100万円以上になることも。
 

総合病院なら30万円程度ですむ場合もありますが、個室を使ったり帝王切開などで手術代がかかったりすると料金も上がります。
 

しかしその費用も、健康保険に加入していれば健康保険から42万円(産科医療補償制度に加入していない病院は39万円)の出産育児一時金が給付されるため、一般的には実質数万円程度の負担となることが多いようです。
 

最近は一時金も健康保険から産院に直接支払われる制度が原則となっているので、準備しなくてはならない出産費用はますます減る傾向にあります。
 

とはいえ、出産する産院を決めたら、まずはその病院が直接支払制度を導入しているかどうかを事前に確認しておきましょう。
 

導入していない場合は、自分で出産費用を立替払いしなくてはならないので、退院時に支払う費用を前もって準備しておきましょう。
 

出産にかかる費用は他にもあります

産院に支払う出産費用は数万円におさえられたとして、出産にかかってくる費用は他にもあります。里帰り出産をする場合は、ママの交通費だけでなくパパの交通費も考えておかなければなりません。
 

遠方で交通費がかさむ場合は、少しでも費用を抑えられるよう、割引を利用するのがおすすめです。交通費のほか、実家に滞在する場合でも、生活費やお礼は気持ちとして用意しておきたいものです。
 

また、出産祝いをもらったら、いただいた金額の半分から3分の1くらいを目安に、内祝いとしてお返しをするのがマナーです。出産祝いをいただいてから1ヶ月以内には相手に届くように手配しましょう。
 

産後は何かと忙しいので、内祝いをゆっくり選ぶ暇もないことが多いです。妊娠中にカタログなどをいくつか見ておいて、あたりをつけておくと産後の手間が減らせますよ。
 

妊娠から出産までのトータル費用

これらをまとめると、おおよそ100万円前後くらいになります。いただいたものを活用したり、里帰りしない、母乳で育てるのでミルクを買わないといった場合には、もう少し費用も抑えられますが基本的には100万円ほどが必要だと考えておいた方がよいでしょう。
 

ただし、妊娠や出産には公費助成や出産一時金のほかに、該当する人は出産手当金や傷病手当金、高額療養費などもらえるお金や戻ってくるお金も多いです。医療保険に入っていて帝王切開だった場合は手術代として保険がおりることも。
 

妊娠がわかってから入った医療保険は、帝王切開の場合は保険がおりないものが多いようですが、コープ共済は妊娠がわかってから入っても帝王切開の手術代がおりるので、これから加入の検討をしている方にはおすすめです。
 

戻ってくるお金や、もらえるお金をしっかり調べておきましょうね。
 

まとめ

妊娠から出産までかかる費用は、人によって違いますが、おおよそ100万円です。お下がりをいただいたり、リサイクルを活用したり、無駄なものを買わないようにすればもう少し出費は抑えられます。
 

また、自治体の公費助成や直接支払制度、医療保険、ほかにも該当する人は出産手当金や傷病手当金が勤務先の健康保険からおりることもあるので、もらえるお金や戻ってくるお金をしっかり調べておきましょうね。
 

Sponsored Links