妊娠 生理前

 

 

妊娠を望んでる人は、特に生理予定日前は変化に敏感になるでしょう。これってもしかして妊娠??と思いきや生理が来たり、もう生理がくると思っていたら妊娠していたり…女性の体はとても複雑で繊細です。
 

今回は、妊娠した時と生理前の違いについてまとめました。
 

Sponsored Links

妊娠していたらいつから症状が現れる?

妊娠していたとき、生理予定日前後に感じる体や心の変化妊娠超初期症状といい、妊娠2~3ヶ月ほどの期間の変化妊娠初期症状と呼びます。
 

女性は排卵が起こり、このときに精子と受精すると受精卵になります。その後1週間ほどの時間をかけて細胞分裂を繰り返し、子宮内膜に着床すると妊娠が成立します。
 

妊娠の超初期症状は、受精卵が着床したとき以降の生理予定日1週間前くらいから早い人は現れます。
 

妊娠初期症状を感じるかは個人差はあります。子宮内膜に着床した瞬間は基本的には痛みはありませんが、早く気がつく人はだいたいこのあたりから体の変化を感じ取るようです。
 

いつもと違う吐き気は妊娠の可能性も

妊娠=つわり、とイメージする人も多いのではないでしょうか?つわりは、妊婦さんの約8割が経験すると言われています。
 

そんなつわりは、だいたい妊娠7週目頃から始まる人が多いのですが、受精卵が着床した頃、妊娠3週目頃から始まる人もいます。
 

そのため、いつも生理前は吐き気を感じないのにムカムカすると思っていたら、実は妊娠していたという人もいるのです。
 

いつもはない吐き気が生理予定日前後に出てきたら、妊娠の可能性もあるということを頭に入れておきましょう。
 

生理前と妊娠の一番の違い

生理前も妊娠も、症状はそれぞれ個人差が大きいため、これ!といった違いはなかなか見つけられません。しかし、基礎体温をつけている人であれば、生理前と妊娠している時では大きな違いがあります。
 

通常、排卵後は基礎体温が高温期と呼ばれ、高温が続きます。そして妊娠しておらず生理が来れば、体温は一気に下降し低温期になります。
 

しかし、妊娠している場合は、体温が高温を維持し続け、生理予定日になっても体温が下がりません。このように、基礎体温は他の症状よりも確実に妊娠を気付かせてくれる大切な情報源なのです。
 

基礎体温は、排卵の有無や黄体ホルモンが足りているか、体が妊娠できる状態か、など様々なことを教えてくれます。
 

女性のみなさんは、4時間以上睡眠を取れているのであれば基礎体温をつけることをおすすめします。4時間未満の睡眠だと、正しく計測できないことがあります。
 

妊娠の心当たりがあればセルフチェックしてみよう

心当たりがあって、いつもと違いがあったり、妊娠しているか不安がある場合は妊娠検査薬の前にセルフチェックをしてみましょう。
 

  • 生理予定日2週間前頃に性交した
  • おりものがいつもと違う
  • 体がだるい、眠い、熱っぽい
  • 胸が張る、ちくちくする
  • 下腹部痛
  • 吐き気がする
  • 便秘
  • 悲しい、寂しい気持ちが高まる

あくまでも個人差がありますから、上記の状態になっていても妊娠していないこともあります。ただ、いつもはならないのに上記のような症状がでたら、妊娠の可能性もあります。
 

生理予定日1週間後でも症状が続き、生理が来なかったら市販の妊娠検査薬を試してみてもいいでしょう。
 

生理かと思ったら妊娠していることも

妊婦さんの約2割が、生理予定日前後に着床出血を経験すると言われています。
 

着床出血とは、受精卵が子宮内膜に潜り込む際に内膜が傷付き、微量の出血をすることです。
 

生理よりも少量なことが多く、鮮血から茶色っぽいものまで様々です。この着床出血を生理と勘違いし、生理が来たと思っていたのに妊娠していた!と驚く人もいます。
 

いつもより出血が少なかったり、期間が短ければ着床出血の可能性もあります。
 

生理予定日前後に妊娠を予知する人も??

たまに、妊娠に気が付か前に予知夢を見たり、お腹に光が宿った感覚になり妊娠を予知する人がいます。妊娠した人の中でも予知する人は稀でしょう。
 

妊娠は医学的にも証明できないことがまだ残っていたり、とても神秘的な現象です。命が宿るということは、医学で説明できることではなく、心で感じ気付くこともあるのかもしれません。
 

筆者である私は妊娠した時に予知した経験はありませんが、ぜひとも感じ取ってみたいものです。
 

まとめ

生理前と妊娠の違いは、基礎体温以外は大きな違いがなかなか見つけられません。しかし、人によってはいつもと違う症状で生理予定日前に妊娠に気がつく人もいます。
 

妊娠を望んでいる人は、排卵後の体の変化にとても敏感でしょう。妊娠したときのために、日々変化の記録をつけているとわかりやすいかもしれませんね。
 

Sponsored Links