妊娠 肩こり

 

 

妊娠中、つらい肩こりに悩まされている人は少なくありません。薬剤が皮膚から吸収されるリスクも避けたいから、安易に貼り薬も使えないし、マッサージも妊娠中だと断られてしまうところが多いですよね。
 

けれど、ほうっておくと頭痛がしたり吐き気がしてきたりと、症状がひどくなることもあるんです。そこでなんとかできないか、妊娠中の肩こりの原因と、妊娠中でもできる対処法をまとめてみました。
 

Sponsored Links

妊娠すると肩こりになる!?

妊娠してから、肩こりを感じるという人は多いようです。普段肩こりを感じない人も、妊娠中は肩こりを感じるようになったり、慢性的に肩こりのある人はさらにひどくなってしまったりすることも。
 

これっていったい、どうしてなのでしょうか?
 

妊娠中に起こる肩こりの原因

原因はいくつか考えられますが、1つはホルモンバランスの変化によるものです。ホルモンバランスが変化することで、今まで感じなかったような症状を感じることがあります。肩こりもその1つです。
 

身体の変化にともなって精神的なストレスも加わると、緊張状態が続いて筋肉がこわばってしまい、さらに症状が強く出てしまうようです。また、妊娠するとどうしても血行不良になりがちです。
 

妊娠初期はつわりなどで体調が悪く、お腹が大きくなってからは運動不足になりやすくて、身体を動かせないでいると血流が悪くなってしまいます。血行不良からくる冷えもこりを強くしてしまいます。
 

そのほかお腹が大きくなってくると、重心のバランスが変わってきて前かがみの姿勢が多くなります。そうすると肩や、肩とつながっている背中もこわばって、肩こりになりやすくなってしまいます。
 

妊娠中に起こる肩こりの原因には、こういったことがあるようです。
 

妊娠中は、湿布なども避けましょう

湿布薬や塗り薬は避けたほうが無難です。妊娠に気づく前に使ってしまったという人も、妊娠に気づく前の時期であれば胎児への影響はほぼ考えられませんので、過剰な心配はいりません。
 

ですが週数が進むにつれて、薬に対する胎児への敏感期というものもありますので、妊娠がわかっているならもちろん避けたほうがいいですね。
 

薬を使わずに肩こりをやわらげられる方法はありますので、ご紹介しますね。
 

妊娠中でもできる、肩こり対策

血行不良が肩こりの原因になるので、身体を温めるのがいいですね。ぬるめのお湯にのぼせない程度につかると、全身がほぐれてリラックスできます。
 

ですが長風呂は妊婦さんには刺激が強いこともあるので、あくまでも体調を見ながら、無理はしないように気をつけましょうね。
 

シャワーを首や肩に当てるだけでも違います。お風呂のほかには首や肩に使える、レンジで中身をチンして使う湯たんぽも手軽でおすすめですよ。
 

また、妊娠中はどうしても運動量が減りがちで、ネットやゲームなど目を使うことが増えるようです。できるだけほどほどにして目を休ませて温めると、意外と肩こりがやわらぎます。
 

ホットタオルを目に乗せるのもいいですし、アロマの香りがするアイピローなどを使うと、さらにリラックスできておすすめですよ。
 

肩こり対策に身体を動かしましょう

体調がよければ、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動がおすすめです。血流がよくなりますし、気分転換にもなるのでストレス解消ができ、一石二鳥です!
 

ストレッチは、首を回したり肩を上げ下げするだけでも、毎日の習慣にしてしまえば楽になってきますよ。少なくとも、今よりひどくなることはありません。
 

また、ただ横になっているときも、身体がこわばって固まってしまわないよう、深呼吸をしながら力をゆるめるなどして、リラックスできるよう工夫しましょう。
 

マタニティヨガもおすすめです。妊婦さんにあわせたポーズで深呼吸しながら、ゆったりと身体を伸ばしたりゆるめたりするので、かなりこわばりが取れます。
 

軽いウォーキングは全身の血流がよくなるのでぜひおすすめしたいところです。公園でもいいし、ウィンドーショッピングでも気分転換になりますよ。
 

まとめ

妊娠すると、ホルモンバランスの変化やストレス、運動不足などによる血行不良が原因で、肩こりがなかった人も症状を感じることも。以前から肩こりがあった人はさらにひどくなって、吐き気や頭痛を感じてしまうようになることもあるようです。
 

湿布薬や塗り薬は薬剤が皮膚から吸収されるリスクを避けるためにも、使わないのが無難です。かわりにぬるめの湯船につかったり、湯たんぽなどを使ったりしてできるだけ身体を温めましょう。首や肩だけでなく、目を温めると筋肉のこわばりが取れますよ。
 

また、ストレッチやウォーキング、マタニティヨガなどの軽い運動は、全身の血流がよくなってストレス解消にもなるので、肩こり対策にはおすすめです。
 

Sponsored Links